カテゴリー

無料ブログはココログ

« 切るんですか!? ...その二人目(笑) | トップページ | サクっと »

2005年8月31日 (水)

ではバラしますか...

さいたま市のM氏から早速この時の写真が届いた。さすがカメラ歴の長いM氏だけあって良いウデです。♪♪

フロントコイルを切るのに大した道具はいらない。必要なのはスプリングコンプレッサー、117純正ジャッキ、ガレージジャッキ、サンダー、なんか適当なヒモ、そんなもんである。
手順についてここではあまり詳しく書くスペースもないので要点だけに留めるが、ポイントはジャッキを二つ使うと言う事。本来こう言う作業ではウマを使うのが鉄則なのは充分承知しつつも、この場合はウマ無しで二つのジャッキの高さを調整しながら作業するとラクである。
DSCN4634DSCN4640

まずタイヤを外してスタビエンド部分のボルトを外す。
次にハブをそっくりロワアームから引っこ抜くのだが、ハブ側からロワアームに差し込まれている爪状の突起を固定している垂直方向のボルトを最初に外し、次の水平方向のボルトはロワアームにガレージジャッキをカマしてやって高さを調整してやるとすんなり外れる。
外したハブ部分はアッパーアームと繋がった状態のままヒモで持ち上げておく。

続いてスプリングコンプレッサー登場。117では写真のようにフロントコイルの1/3程が隠れてしまっているためコンプレッサーを掛ける場合のスペースが狭い。前回「コンプレッサーはできるだけ短いものを」と書いたのはこのためである。市販のマトモなコンプレッサーではコンプレッサー自体のネジ部分を切って全長を詰めないと使用できない恐れがある。
ちなみに筆者が使っているモノの入手先はコチラ。安いっス。
エムワイ カンパニー
大阪市東住吉区住道矢田6−12−11
TEL06−6799−7771 FAX06−6799−7772

さてコイルを外しましょう。
スプリングコンプレッサーの使い方としてはまず適当な所に上下の爪を引っかけ、さらに180度反対側にもう一本を引っかけ、あとはコンプレッサー頂部にスパナをカマしてひたすらネジりコイルを縮めて行くと言うもの。そしてコイルが適度に縮まったらロワアームに足をかけて押し下げながらコイルを引き抜くのだが、これがなかなか簡単には行かない。117のコイルは意外に長くて、ロワアームの出っ張り部分を越えるのが容易ではないのだ。またここで無理をするとショックを固定する雌ねじ側の出っ張りをおっ欠いてしまう恐れもある。(やっちゃった本人が一番良く知ってるって)(...しくしく)
まぁしかし、バラしちゃったもんはしょうがあんめぇとばかり、ひたすらネジる、ネジる。
で、延々やってたら30分経過...う〜む、こんなもんなのか!???

この作業、実は3回目ぐらいの時にようやく気がついたのだが(笑)、コンプレッサーを掛ける前に最初からコイルを縮めておけば良いんですね〜。よ〜く考えたらロワアームにジャッキをカマせば簡単に縮まるじゃん...て。(笑)

と言う事でM氏の車の時はあっさり外れました。メデタシメデタシ...。

ここまでで当然お気づきでしょうが、筆者はドシロウトです。(爆)

« 切るんですか!? ...その二人目(笑) | トップページ | サクっと »

a/フロントコイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ではバラしますか...:

« 切るんですか!? ...その二人目(笑) | トップページ | サクっと »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter