カテゴリー

無料ブログはココログ

« NAロドスタの場合.. | トップページ | NAでお山〜♪ »

2005年10月 9日 (日)

NAの挙動(続き)

NAロドスタではまずステアが速い。ギアとサスセッティング両方での特徴であろう。そのため切り始めでハナが即座に反応する。またリアサスにアーム取りつけの位置関係とブッシュのたわみを利用してトーコンの味付けをしてある。具体的にはロールするとリアが巻き込むような感じで曲がろうとし、これがフロントスタビの立ち上がりと一致してターンイン初期にオーバーステアの挙動となる。
もちろん普通に乗る範囲では気持ちの良い挙動であり、まぁ最初は少しの「慣れ」が必要なのだけれど別に悪くは無い。(楽だし...)

ただし目一杯で走らせようと考えた時、このたかだか1.6NA精々100pちょっとの車に思いの外手を焼く事になる。
限界時の動きがまるで信用できないのだ。
例えば先程のターンイン時の挙動だが、車としてはとにかく曲がろうとするのだけれどタイヤはまだ準備が出来ていなかったりする。フロントに荷重が掛かっていなくても曲がろうとするわけ。117のようなアンダー車ではこんな事したってそもそも曲がる素振りさえ見せないわけで、一見簡単そうに曲がって行くNAの挙動には何らかの無理があると考えた方が良いと思う。少なくとも何も考えず車任せでどんどん踏んで行けば間違いなく事故る事になるだろう。117では常にある「ヤバいぞ」と言う感覚がまるで伝わってこないのだ。

これが限界の高いサスによるものだと言ってしまえば簡単で楽だが事実はそれだけでは済まないと思う。
まずNAロドスタはあまりにもボディが弱い。普通に走っていても車全体が拠れ、また捩れながら曲がっているのがよくわかる。これにノーマルの柔らかいバネと普通のタイヤを組み合わせれば全体の動きがダルになっているし、何がどうなってるのかわからなくなるのでそれはそれで良いのかも知れないが...。

この辺のよくわからない動きがスタビリンクの変更ではっきりするようになる。
一瞬の「タメ」がサスとタイヤの動きを切り分けて伝えてくれるのだ。

コレは117でも使わない手は無いでしょうと言う事でまた無謀な実験が続くのである。(笑)

« NAロドスタの場合.. | トップページ | NAでお山〜♪ »

a/フロントスタビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NAの挙動(続き):

« NAロドスタの場合.. | トップページ | NAでお山〜♪ »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter