カテゴリー

無料ブログはココログ

« KPGC10 | トップページ | ティーポ33 »

2005年11月23日 (水)

117との出会い

117coupeとのファーストコンタクトの事を書いてみよう。

まず筆者は1959年製の「オヤジ」である事をお断りしておく。よって今所有している1969年製HMが製造されたときは10歳というわけで、もちろんリアルタイムの思い出なんかあるわけもない。

#117を近所で見かけるようになったのは1974年あたり以降です。もちろん量産化されてからのPA95。
#こんな高い車買う人がそうそういますかってぇの。
筆者は津軽の出身であり、まちがいなく田舎なこの地域では117HMを見た記憶はない。
..と言いつつ、その10歳のころになぜか自宅の前に止まっていたトヨタ2000GTなんちゅうのは目撃しているのだが。(笑)
#その車の正体を知るのに数年かかりました。(笑)

実際、HMをまじまじと見る事ができたのはずっと後年の事であり、最初がたぶん1979年の下北沢南口住宅街の路上。続いてその3ヶ月後のアキバ路地。
いずれもシルバーの、現在の筆者のHMと同じタイプであった。
この二回の幸運な出会いでは、当然のごとく仕事中の車を止め暫く117の周りをうろついていた。
「117、だよねぇ.......」
「テールランプが違うってことは、うわ、これが"ハンドメイド"ってヤツなのか!?」
「きっれ〜いな車なんだなぁ........」
#もちろんこれが強烈なトラウマとなって筆者の後の人生に多大な影響を及ぼす事になる。

その後幸運にも筆者は自分でHMを所有する事が出来たわけなのだが、実は路上で「自分の以外の」HMを目撃したのはこの二回しかないのだ。
1968年暮れにデリバリーが開始されたHM、その後37年が経過しようとしている間に実際の筆者の目撃例がわずか二台というのはあまりにも異常だろう。
トヨタ2000GTだってたぶん少なくとも3回は見ている。
フェラーリ250だって走ってるのを見たし、もっと古い166MM(だっけ!?、ちっちゃいの)も走っていた。
117HMはそれらと比較するような車とは思わないが、あまりにも出会う確率が低すぎる。

#もしかしてコレはもう仕舞っといた方が良い車なんですか!? (悩み)

.......と言うような殊勝な事は一切考えず、昨日は近所をずっとうろついていた。当然7,000rpm回して。(爆)

« KPGC10 | トップページ | ティーポ33 »

a#おやじな117coupe」カテゴリの記事

コメント

私の117との出会いは、1968年です。117クーペ以外に気になっていたのがトヨタ2000GT、アルファロメオタイプ33クーペ(近年になってティーポ33ストラダーレと呼ばれている)。偶然にも117クーペもトヨタ2000GTも発売された頃に見ています。隣町に競輪の選手がいて、新しいスポーツカーが発売されると、買っていたので。大きくなったら欲しいなぁって小学生ながら思っていました。免許取得後も117は買えず、ジウジアーロのフロンテクーペを最初の車として購入。その後、PA95を三代目の車として購入しました。117クーペに乗っている頃、偶然にもトヨタ2000GTを試乗いるチャンスに恵まれ、なんて乗りやすいクルマなんだと思いました。S30Zと比べると天と地ぐらいあるように感じました。東京転勤となってから、アバルト美術館でティーポ33ストダダーレ見ることが出来ました。その後、縁あってそのK氏のオフィスでティーポ33ストダダーレのクレイも見ることもできました。
117おやじさんとは、豊島園が縁でHM117を毎年見させて頂いてます。ありがとうございます。
追伸
近所にオレンジのベレGありますよ、お話すれば売ってくれるかもしれません。

いきなりテイーポ33なんかが出てくるものだから思わずもう一本記事を書いてしまいました。(笑)
間違いなく美しい車であり、そしてその美しさにどこかはかなげなものを感じさせる所があって、その点でHMとの共通性なんて事も考えたりします。
#ある意味イタリアンデザインのキモなのかなと。

ベレはGTRでしょうか!?
前期のタイプだったらウチの主治医が触手を示すかも知れませんよ。あの方(豊島園ベレ1800GTのオーナーさん)はGTRがトラウマですからね。(笑)

いきなりティーポ33でゴメンナサイ。やはり60年代イタリアを体表する一台と思います。同じアルファでもTZ1、TZ2では比べる土俵が違うと思いまして。

1968年、小学生の私が1番と思ったのがティーポ33でした。
今、思うとマラソン・デ・ラ・ルートのコスモ・スポーツを見ながらティーポ33が良いという小学生だったのですね。

リアル・タイムって何時を言うのでしょうか?いつも思うのです。私のようにクルマと共にが長い場合(笑)

追伸
ベレットはGTです。SOHCの方です。

イノウエさんのコメントに反応しようとするといつでも記事が一本書けますね。(笑)
TZは私、あまり興味ないです。アルファは何と言ってもジュリアクーペであり、また「夢」としての33でしょうかね。
#フツーのジュリアスーパーがちょっとだけ興味があったりして..(爆)

リアルタイム、..私の感覚ではその車の現役時代(一般的な解釈として発売から10年程度)と考えますが、確かにノウエさんがおっしゃる通り、常に様々な車と接しておられる環境では何年と言う区切りは必要ないのかも知れませんね。
発売直後に購入した方と36年も後にフツーに乗っている私のような物好きと(笑)、どっちがどうだと言う話ではないのですよね..。

ありがとうございます。フェラーリのPシリーズも忘れてはいけませんね。どんどんクルマが117から離れていくが、その年代のイタリアを見ると117が見えてきます。
さて、リアルタイム・・・私にとって1968年以降は全てのクルマがリアルタイムですね。気にしないようにします、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 117との出会い:

« KPGC10 | トップページ | ティーポ33 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter