カテゴリー

無料ブログはココログ

« スカパーの余波 | トップページ | 主治医宅その2 »

2005年12月25日 (日)

2005年を振り返る その1

近年になってトシのせいか物忘れが激しくなってきた。(笑)
神戸行ったの今年だっけ? あれっ!? と言う状態。
この先もボケは進む事間違いないだろうし過去メールを読み返して少し記録しておかないとまずいような気がしてきた。

そんなわけでまずは1月。
しばらく前から取り組んでいた主治医宅ホームオーディオを仕上げるべく各方面にムチを入れる。

R-V6010017
問題はハコなのだ。
写真は現在の状態で、このEAWのハコを入手するのに一苦労した。
苦労とは言っても実際に頑張ってくれたのは長崎のHさんである。




R-jblpro_1973_p05
当初筆者が注文したのは「JBL #4550」であった。(写真左下)
これは一昔前(...大昔かも)の大規模なコンサートでよく使われたハコで、超強力なJBLユニットの持てるパワーを余す所なく発揮してくれるため非常にデカい音を出す事ができて、PA屋さんにとっては定番のハコなのであった。

もちろんHさんもこのハコの事はよく知っていて、「あ〜アレね、探せばまだ出てくるでしょう」と言う事で捜索を依頼していた。

筆者の側でも中古のPA機器を扱う業者2件にずっとあたってみてるのだがなぜか一向に出てこない。出るのは右下の#4560のみなのである。最悪の場合はこの#4560をスタックして4個使うかと言う気にもなりかけていた。
#ほんとは#4550を横にして使う方が恰好が良い。
#オーディオの世界でもカッコは大事な要素なのだ。(笑)

この間、他に使えそうなハコの調査も続けていて、例えばALTEC #211(v.o.t #A4の家庭版)が某所に隠してあると言う噂を聞きつけて交渉し(残念ながらボロだった)、あるいは#817(ドコにも無いです...)を捜索しと言う状態だったのだが、いずれも国内に現存するのは恐らく数組だろうから簡単な話ではない。

筆者の中ではいずれかのハコのデッドコピーを製作する覚悟もしかけていた。
#ま、図面はあるし。
#半年もかければなんとかなるでしょ..

それが'04年の暮れになって、Hさんが別の良さげなハコを見つけたので手配してくれると言う。ブツは「EAW」、型番は未だにわからないが#4550の後を受ける形でしばらく使われたハコであるらしい。
webをどう探しても正体がわからなかったのだがここはHさんにお任せする事にした。

« スカパーの余波 | トップページ | 主治医宅その2 »

b#おやじなJAZZ&AUDIO」カテゴリの記事

コメント

お初です。御呼ばれされた?ようで(笑)
いやー、EAWの箱、上手いこと収まったみたいですね。
引き続き、4550の箱の捜索もしておりますよ。
D130Aが近々でるかも?と言うところです。
ラックスのプリメインが近々やってきます。
来たら報告いたしますね。
ではでは!

○らぐちさん(笑)、お久しぶりです。
なかなか良い景色でしょ!?
EAWはカットオフが40Hzあたりになってるようで、下が出過ぎて少々困っております。なのでこのまま使うのであればウィングを付けてバッフル面を拡大しこちらの共振を利用して低音をコントロールしようかと考えております。また低音用のアンプも真空管式にしてやや駆動力を抑え、むしろナローレンジを目指しております。
単純にオーディオ的な音として考えればこちらは既に私の所よりも上を行ってるのですがモノがモノなだけに徹底的にやったろかと思ってます。(笑)
#4550がもし出るようでしたらお声がけください。また#D130も#130Aも程度の良い物があれば非常に助かりますので引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132725/7823741

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年を振り返る その1:

« スカパーの余波 | トップページ | 主治医宅その2 »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter