カテゴリー

無料ブログはココログ

« フィールと問題点 その3 | トップページ | [SACLAM]フィールと問題点 その4 »

2005年12月12日 (月)

フィールと問題点 その4

この話題、まだまだ引っ張ります。(笑)

昨日の記事でロールスピードの問題に触れたが、これの対策として「トヨシマH150」と「KONI」に変更した事は以前の記事で書いた。それぞれ期待に近い効果はあったと思っている。
#だけどなんか変だぞと...

フロントの挙動をカッチリさせたいとか、ロールを減らしてキビキビした動きにしたいとか言う場合、まずショックを固めバネを強化しと言う事は素人技としては定番ではないかと思う。まぁついでだから車高もちょっとオトしてとかね。(笑)
そうして出来上がった自分の車は、しばらくは楽しんで乗る事が出来るはずだ。
だけど117の場合では程なくして新たな悩みを抱える事になる。
#こんだけ固めたのになんでこんなロールするの!?
#冷静に見てみれば、限界は大差無いじゃん...

筆者の疑問に対する重要なヒントを与えてくれたのはロータスであった。
岐阜の某所にある"ロータス・ヨーロッパsr.1"がそれである。
おやじな世代では泣く子も黙る(笑)「サーキットの狼」で名を馳せたあの車だ。
「...で、どうなの? それ。ほんとに速いの!?」
「まぁ普通に走れば普通だよね。パワー無いけど軽いからそこそこは走る」
「Kさんが普通になんか走るわけ無いでしょ?(爆) そん時はどうなるわけ!?」
「曲がりが異常..」
「サスがすんごい柔らかくてめちゃめちゃロールする」
「...でもロールした後が際限なく粘る」

ふむ。
一連のロータスなら数は少ないけど実際の路上で遭遇した事は結構ある。
エラン、ヨーロッパ、エスプリ、エリーゼ、"スーパー"セブン、ケータ、...いずれもほんの一瞬ならケツに付いて挙動を眺められる事もあった。
#でも必ず10秒以内にチギられますけどね(涙)。
ケツから眺めたロータス全てに共通するのは「ほとんどロールしないでスパッと曲がって行く」と言う印象である。立ち上がりはまぁともかく進入とコーナリングのスピードが極端に高い。これが所謂「ロータスマジック」なのかと感心した事が幾度となくあった。
#ふ〜ん、きっと軽い車体に固めのサスを組み合わせてるんだろうな、と。

ところがKさんの証言を聞くとちょっと話が違ってくる。運転しているご本人にとっては「とても柔らかい」サスと「大きくロールする」スタビと言う印象であるようなのだ。
同じ車の運転者とケツで見ているおやじ、彼我の印象の違いはなんなのか?

運転者にとって過大と思われる挙動は実は実際には大した事無いのではないのか!?
傍観者にとってほぼ「ゼロ」と言いたくなるほどの挙動は、実はそれなりに大きく動いているのではないのだろうか!?

そのような動きになる根本的な要因はやはり軽さであろうが、その他のサスの動きに関して何か重大な要因が有るような気がする。
そう、「ロール」である。
ロールすると言う事は別に「悪要因の元」とは限らないものなのかも!?
もしかしてロールは、「あっても構わないもの」なのかも知れないよね..??

そんなような印象があって筆者はスタビいじりを始めたのであった。

« フィールと問題点 その3 | トップページ | [SACLAM]フィールと問題点 その4 »

a/フロントスタビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。以前ロータス・エランのハンドルを握らせて
頂く機会に恵まれた事がありました。運転して思ったのは
「とてもしなやか」サスと「ある程度ロールする」スタビと言う
印象でした。自分のロータスにいだいた「堅い」「ロールしない」
という先入観は見事に打ち破られました。

質問 ハンドリング by ロータスってどんな味付けだったのですか?試乗したことないので。
このクルマが、117おやじさんの疑問を紐解く鍵となるのかな?

yoshiさん、ロータスに乗っておられたんですか?
..やっぱ固くてロールしないんですか。..そうだよなぁケータなんかだと「人間だけがロールしてる」ように見えるもんなぁ。(笑)

isuzu製hbLはJTジェミニとビッグホーンの試乗経験がありますが、全体的に柔らかくロールも多め。ただしロールスピードはコントロールされていて、素直なロールにより豊富なインフォメーションを与えてくれるので非常に乗りやすいセッティングになってます。

ロータスの場合、車重と車高(重心位置)に依るトコロも大きいのではないでしょうか。特にケータとヨーロッパは路面に座る様なモノですから(^^
曲がりに関しては20kmで交差点を曲がるだけで楽しいかどうか判りますよね。NCもそこを目指したそうですが。

ヨーロッパの着座位置の低さは言うまでも無いでしょうけど、むしろ意外だったのは最低地上高が18cm(だっけな?)ぐらい確保されている事でした。それによってあの低さでも十分なロールをさせる事が出来るわけですね。
ケータのボディ部分って実はあんまりよく見た事が無いんですけど(笑)、最低地上高はどうだったんでしょう?
NCはタイヤからのインフォメーションが無いです。サスの限界が高すぎてしろうとにはわからん。(涙)

地上高、ここには12センチと書かれてます(spl.の数値?それでも結構ありますね..笑)
http://www.biwa.ne.jp/~starman/1975/1975jump.htm
セブンで13センチの様ですが(それでもオイルパン擦る)そんなロールするって感覚は無かったですねぇ。どちらのSr.1もタイヤは細いし、サスを柔らかい方に振っているなら地上高は高めなのかもしれませんね。

私もNAが一番楽しいと思います。
P.S.外すとか、いかがでしょう(^^

117おやじさん。
MGに乗っていた関係でロータスエランを代車!?で
借りて乗る機会があったんです。

>..やっぱ固くてロールしないんですか。..そうだよなぁケータなんかだと「人間だけがロールしてる」ように見えるもんなぁ。(笑)


そうではなくて、ガチガチに堅いのではなくて「しなやか」な感じで適度にロールはするんですよ^^;

ふ〜む、ほとんど意識させない程度に軽くロールする、もしくは違和感を全く感じさせないロールって事ですかね。
#相当興味あるかも..(笑)
#どっかに普通のBDR転がってないですかねぇ(笑)

gopさんへ。
パワステレスとかエアコンレス、ついでにオーディオ外しのコンソール外しの遮音材も取っ払い..みたいのは某ショップにたくさん出入りしてますので(笑)、私は彼らの反省を促すためにもどノーマルATでやらして頂きます。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィールと問題点 その4:

« フィールと問題点 その3 | トップページ | [SACLAM]フィールと問題点 その4 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter