カテゴリー

無料ブログはココログ

« 圧雪路のコーナリング | トップページ | ミラーバーン編 »

2006年1月31日 (火)

アイスバーン編

なんだかここ暫く写真が無いblogになってしまった。
#ま、いっかと言うことで気にせずどんどん書く。

よく耳にするアイスバーンと言う言いかたについて、実は筆者はどういう状態の事を言うのか良くわからないでいる。比較的まだ楽な圧雪路に対する最悪路面としての「ミラーバーン」との中間と理解して良いのだろうか..(??)
これは例えば圧雪路の所々、轍(わだち)の部分とかが凍っている状態であるとか、あるいは札幌あたりの片側2〜3車線ある大きな通りで、昼間の雪は除雪されその残りかすと路面もろとも凍っている状態もそう呼んで良いのかどうか...(??)
#後者はかなりキビしいんですけどね。

とりあえずここでは「ミラーバーン」に比べればまだマシな路面状況と言う理解の元に話を進めてみる。

この場合の三者、すなわち「圧雪路」「アイスバーン」「ミラーバーン」の違いは簡単に言うと「引っ掛かるもの」の違いと考えれば分かりやすいだろう。
圧雪路に於て強いブレーキを掛けた場合、もちろんこの場合もタイヤは簡単にロックして滑るのだがロックしたタイヤと路面の間に雪が咬み込む事で制動を助けてくれるためまぁまぁの距離でそこそこ安全に止まれる。当然ドライ路面から比較すればその制動距離は大幅に伸びて、感覚的にはほぼ倍の距離となるためそれに見合った車間距離を取るなりの危険回避手段を講じておく必要があるのは言うまでも無い。
次にアイスバーンであるが、こちらは雪によるお助け効果は期待できないので制動距離は更に伸びて、こちらはまぁ3倍と考えて頂ければ良いと思う。それでも凍った雪が路面にあればそれらの凸凹が多少なりとも抵抗となりいくらかの助けにはなる。
問題はミラーバーンであり、これはまぁ本当にどうしようもない。
これについては後述する。

アイスバーンに於ける安全な速度を求めるには前の記事の「圧雪路を80km/hでコーナリングする」と言う部分を読み直して頂きたい。これと同様の事がずっと低い速度で体感できるので、まずは直線部分での車の挙動に注目して頂く。
実は雪道では車がまっすぐ走るなんて事はまずあり得ないのだ。直線であっても車は絶えず左右に向きを変えようとし、運転者はそれにあわせて終始小さくカウンターステアをあてている。これを無理なく続けられる程度の速度と言うのがまずは一般的な答えとなる。
ま、無理しようとすれば間違いなく怖いはずだし、恐ろしく疲れる事も保障できるからここは素直にご自身の感覚で安全と思われる速度を探って頂きたいが、目安としては一般道の比較的条件の良い場合でも50km/h程度がMaxであろう。単純な圧雪路なら60km/h程度まで可能な場合もある。

ただし上記の札幌のような路面であれば、普通の人は40km/h程度に留めておいた方が良い。

以前2月に札幌に行った時に大通りの大きな交差点の横断歩道で信号待ちをしていたら、信号が赤になった瞬間に3車線それぞれ3〜5台程度のタクシーを中心とした車が一斉にブレーキングし、その全部がタイヤをロックさせて滑りながらきれいに止まるのを目撃して驚いた事がある。
#みんな一斉に「ザーーーーー」だって...
こんな器用な事をして全員無事に済んでいるのはあくまでもこの地ならではの特殊事情と考えるべきであり、真似しようなんてのはもっての外だしできればしろうとはそんな集団から外れるような努力もした方が良い。すなわち事前に「この車は雪道に不慣れですよ」と言うアピールをしておく事をお勧めする。
#まぁ県外(道外か..)ナンバーやレンタカーナンバーであれば地元のプロドライバーは先に気づいてくれますけどね。
#それ以前によたよた走っていれば勝手に抜いて行ってくれます。

むしろ怖いのは無理して地元ドライバーのあとを同じペースで付いて行こうとする事であろう。
この場合はあくまでもご自分にとって安全な速度と言うものを第一に優先して頂きたいと思う。

« 圧雪路のコーナリング | トップページ | ミラーバーン編 »

e/f_雪道の走り方」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。先週は117おやじさんの地元青森に仕事でお邪魔して、今週はなんと秋田。どちらも電車&タクシーなので実践する機会はなさそうですが(笑)。実は以前は札幌に転勤していた時期がございまして、その当時はPIAZZAは無くレガシィーに乗っておりました。(もちろん横浜ナンバー)
確かにみんな避けてくれましたが無理に抜こうとした地元ドライバーに側面体当たりを食らいそうになりましたけど・・・。
当時はスパイクタイヤが規制されはじめた頃でスタットレスで路面はテカテカだったので地元ドライバーも不慣れだった見たいで・・・それでタクシーともなると運転のプロ。で聞きました、どうやって止めてるのでしょうか?お客さん運転技術もあるけど残りの10%ぐらいは運ですよと。マジすかそれ!?と私が言うと、だって現に今だって滑ってましたから。。。
それ以来冬は極力運転をしませんでした。

それでは行って参ります~。

30%以上「運任せ」だろうと思います。>某北国のタクシー(笑)
せっかくの青森詣でなのにコメントもできず失礼致しました。ちょっといっぱいいっぱいでした。(笑)
これから秋田ですか?
モバイルされてたら是非「鱩ハタハタ(魚へんに雷)」を食べてみて下さい。今の時期なら特に美味しいんじゃないかな。煮ても焼いても美味しい魚ですがお勧めはまず生を軽く一夜干しして焼いたものでしょうか。
これに秋田の地酒が出てきたら翌日は仕事にならない事を保障できます。(笑)

いろいろと勉強になります..m(__)m
北欧にラリイストが多い様に、北国の方の運転が上手いのも頷ける話ではあります。お近くのお山も凍っている時が楽しいのではないでしょうか(^^

ところで今日は宜しくお願い致します。
多分行けると思いますけど。道中お気をつけて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイスバーン編:

« 圧雪路のコーナリング | トップページ | ミラーバーン編 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter