カテゴリー

無料ブログはココログ

« 鏡に映るものは..? | トップページ | シモニタ情報 »

2006年7月20日 (木)

フライホイールの謎

初期型の117"HM"では時にわけのわからない現象が出現する。
今回の話の発端は「ハッピーリバー」さんからのものだった。

ハッピーリバーさんのHMは現在エンジンをO/H中なのだが、本体の組立が済んでフライホイールを付ける段になりこの新たな謎が出現した。
...取り付け穴が4個だと言うのだ。そんなバカな。(汗)
ハッピーリバーさんの新エンジンにはフライホイールが付いて無かったようなのだ。それで筆者の所へSOSが飛んできたと言うわけ。


Rp1060682早速筆者手持ちのS/No.5200409から外したものを確認したが、こちらには間違いなく6個の取り付け穴が開いている。(残りの1個はガイド穴)






Rp1060701パーツリストを確認すると、...4個ですな。(汗)

これの謎を解く手掛かりはパーツナンバーにあった。
12330-159 Fly wheel assy
12330-283 Fly wheel assy '70〜 互換性「B」(新旧部品ともに互換性無し)


この場合の「'70」とは「'70型」を表すと考えれば良いようであり、HMでは69年10月に最初のマイナーチェンジが行われている事からこの時期に部品変更されたのではないかと思う。#5200409は69年10月に初年度登録された車なのである。

ハッピーリバーさんの今回のエンジンはS/No.5200199から外したものだとの事。それならつじつまが合うわけだ。


Rp1060700こちらが問題の初期型部品。

筆者宅にたまたま転がっている#5200096から取り外した。
もちろんこれはそのままハッピーリバーさんの元へと旅立って行った...

« 鏡に映るものは..? | トップページ | シモニタ情報 »

a/クラッチ」カテゴリの記事

コメント

で・・・・フライホイルの謎は判ったんで・・・すんません・・・例のペラシャの謎も解いて欲しいんですが・・・御同輩!
 いつも他力本願の樋口でした。

エンジンは前進しました。

樋口センパイ、
とりあえずスピーカーの事を書いてみたんですが、コレじゃダメですか!? (笑)
#ウチは今90しか無いんで、分割シャフトは持ってないんですぅ〜。

なおペラに関しては、最後はマシなのをぶった切って溶接すると言うのも有りです。

ハッピーリバーさん、
復活の日を心待ちにしております。

やはりHMの維持は特に大変だなあ!
私は根性無しで良かった気がします。(笑)

>とりあえずスピーカーの事を書いてみたんですが<

 スピーカーねぇ・・・ウチのPAに付いてるのは秋葉原の鈴商とか言うジャンク屋に転がってた松下製のスピーカー。
 サイズはドンピシャのポン付けで確か1個500円だったかと(エヘン)。
御同輩御指摘の様に95のリアトレイの下には鉄板が入ってるんで大きなマグネットが付いたスピーカーは付かないので高級スピーカーを装着するのは案外厳しいかも知れませんね。
又肝心のカーステ(←死語?)は御友達の解体屋さんから血圧計と交換で貰ったクラリオンのSO17とか言うチューナ内蔵のカセット式。
 まあ「音なんて出てりゃそれで良い派」なんで実にいい加減なもんです。
 
 

sugimachaさん、
だいじょぶです。
初期95にもたくさんの謎があるみたいですから。(笑)

樋口センパイ、
昔よくあったプッシュ選曲式の普通のカーステ、あれのメーカー出荷価格は数百円だったそうです。(汗)
純正品の場合はとにかくコストとの戦いですからいくら見た目がそれなりでも中身はもっとそれなりと思った方が良いみたいですね。

ちなみにアキバのジャンクで松下なら立派なもの。(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フライホイールの謎:

« 鏡に映るものは..? | トップページ | シモニタ情報 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter