カテゴリー

無料ブログはココログ

« GEQの使いかた | トップページ | HMシート »

2006年8月 3日 (木)

娘NBでお散歩

久しぶりに娘NBでシモニタまで散歩に行ってきた。
#自然落下してしまったフロントを上げてもらうためです。

結果的に、最初にKONI・ASAを取り付けてくれた店主(タナボタ氏)の厳密な計測により(メジャーでホイールアーチの高さを測っただけとも言う)自然落下度は「14mm」と言う判定が下った。リアは「まぁいぃっか」の範囲内。
ちょいと店主とバカ話してる間にフロントだけその数字分高くしてもらい、娘NBは「常識的な車」に戻った。(笑)
#最近は街中の交差点でちょいとブレーキング+ターンインで「ごり」と言う有り様だったのです。

KONI・ASAは一般的な「車高調」であるから例え「ど〜だSPL」であっても車高調整自体は簡単にできる構造になっている。
それがなんでわざわざ"ど〜だ"に持ち込んで調整してもらうかと言うと、
#...つまり今現在の恐ろしくバランスの良い状態を崩したくないからなんです。
#自分でいじった車なんか、サーキットで全開できるわけ無いだろと言う筆者の持論もあります。(笑)
実際問題、店主はこのショックで一般客が遭遇するであろうありとあらゆる状況を自ら経験しているし、さらに一般客では普通経験し得ない範囲にまで踏み込んで限界状況での挙動を確認すると言う作業すら怠らないのだ。
#サーキットの「ダート(ランオフエリア)での挙動」までチェックしてるもんね。(爆)

...ま、これなら安心して任せられるわけだから、わざわざシモニタまで出かけるだけの価値はあると言うもの。(笑)

帰り際、店主はフロントが上がった事によるアンダーステアを心配しておられた。
...が、帰り道でおやじがごく軽く試す範囲では特に問題となるような変化では無いように思えた。娘NBは相変わらず素晴らしい安定感を示してくれる。「ど〜だSPL」の懐の深さを改めて再確認できた感じだった。
このショックの特徴は何と言ってもその「初期当たりの柔らかさ」にある。ダンピング自体はサーキットでの(ロドスタとしては非常識なレベルの)走行に耐える強さを持つと同時に微小範囲での動きが良いためサスが非常に良く動くと言う特徴を合わせ持つ。
そのため今回のようなセッティング変更による挙動変化に対しても運転者は余裕を持って対応する事ができるわけである。

#まったく、...あの店主はあのキャラで(笑)どうしてこんな良いもんが作れるのかなと言うお話しでした。

« GEQの使いかた | トップページ | HMシート »

c/a_サス関連」カテゴリの記事

コメント

おやじ様お久しぶりです。
koni足の凹凸のいなし方にはチョット感動しますね。

koni足、3年4万キロのって今O/H中です。
O/H後筑波決戦に向けて12k10kのバネに変えるのですが

お山で曲がらないんじゃないかとすごく心配であります(^^;


おやじ様私の物騒なHPにリンク張らせて頂きました。
よろしくお願いします。

http://www.ne.jp/asahi/deer-murder/roadster/

いとう鹿さん、
リンクありがとうございます。
ウチも張らせて頂きましたけど、タイトルはコレ→で良いんですよね!? (笑)

ど〜だASAがすごいのは最初の揺れが丁寧にふわっと来て、ボディと運転手が揺れた瞬間にはダンパーがガシと効くので即次の動きに移れる事ですよね。最初からガシガシの足だとこの「ふわ」が無いのでいきなり「ガシ」になって怖いんですよ。
車の方で「タメ」を作ってくれる感じですよね。

娘NBも微妙にセッティングを変えややアンダー&街乗りではもっさりになってます。これだけで評価したらちょと疑問な動きなんですけど、サーキットだとコレで良いんでしょう。
#とりあえずしゃちょのセッティングをを信用してるからね。
#コレで運転にメリハリ付けると良い感じになりそう...

おやじ様、リンクありがとうございますm(_ _)m
タイトルOKっす(笑)


>車の方で「タメ」を作ってくれる感じですよね。

なるほど「タメ」、分かりやすいです。


>ややアンダー&街乗りではもっさり

ステアに対しての鼻の動きがもっさりってことです?
鼻さえ入ってしまえば踏めるセッティングってことなんでしょうか?

いとうさん、
>タイトルOKっす(笑)
...いいんスか!? (爆)

ロドスタって基本的に「運転手に対してイケイケを奨励する車」じゃないですか。(笑)
それが一瞬でも「...おまえちょっと待てよ、も少しアタマ使った方が良いんじゃないの?」と言う機会を与えてくれるかのような動きとでも申しましょうか..(笑)
間髪を入れずにスパッと動くのはそりゃまぁ気持ちの良いもんではありますけど、スパッと刺さってたらしょーもないわけでしてね。
世のほとんどのチューンドサスがその方向にある事はいとうさんなら経験済みでしょう。

>ステアに対しての鼻の動きがもっさりってことです?

はい。ただし比較対照が117である場合はそれでも明らかな「オーバー」ですな。(笑)

>鼻さえ入ってしまえば踏めるセッティング..

はいはい。それで正解だそうです。
これを曲げる練習を積めば間違いなく上手くなるとの某しゃちょのお言葉でした。
通勤で使ってる娘はちょっと不満そうでしたけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘NBでお散歩:

« GEQの使いかた | トップページ | HMシート »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter