カテゴリー

無料ブログはココログ

« HMシート | トップページ | GEQ その2 »

2006年8月 5日 (土)

ステア系修理後の印象を試す

修理からだいぶ時間が経ってしまったが、ステア系を一通り修理したあとの初インプレッションである。
#日本はちょうど梅雨時でしたからねぇ...
#その間ずっと庭いじってたのは誰だ? と言う話は置いといて...(汗)

昨日の38.6度(近所の伊勢崎市で記録)なんちゅう暑さの中でせっせと椅子をRECALOに交換しステアもNARDI クラシックレザーに換えたのは、それが筆者にとっての117デフォルトであるからだ。
PA96時代には10年以上この状態で使用していたのでこのセットに身体が馴染んでしまっている。

で、結果だが、ステア系のナックルやブッシュを交換した効果は予想以上のものであり、今回の手当てだけでステア系に関する不満はきれいに解消した。これは筆者が知る数台の「極上PA96XG」のハンドリングと比べても全く遜色ない。
#同じ117なんだから当たり前だろ?と軽く考えないで頂きたい。HMと96ではパーツが違うし、そもそものセッティング自体が違うのだから。

読者の中で117の直進安定性の悪さや片側をギャップに取られた際の悪挙動に手を焼いている方は検討してみる価値があると思う。これらの原因の多くはナックルのガタに起因するものが多いようなのだ。
またHMオーナーであればさらに96用パーツを利用してみたり(要改造)他車用のパーツを利用する事でステアの精度を向上できる余地は残されているように感じられた。

さらに、である。
今回の修理により筆者HMのいじりサスをようやく評価する機会を得たわけなのだが、筆者が勝手に「猫足」と呼んできたこのセッティングはどうやら完成の域に達したと見て良いようだ。
117としては驚異的に良く動くサスとKONIの強力なダンピングの組み合わせは、ちょうど前日に乗り回していた娘NBの「KONI ASA・ど〜だSPL」にも似た感触があって、これを始めた当初はまだASAなんか誕生してなかったしそもそもそのやたら良く動くサスが即座に「良い」と決めつけられるだけの経験を筆者は持っていなかったので悩みも多かったのだが、途中から同時進行的に出現したASAの驚異的な能力を試すにつれこの方向での考え方が間違っていない事を知り安心したものだ。

結局今日は一日中HMで走り回っていた。(ど〜だでの休憩を挟んでね)
最後に、夕方になってからNAで買い物に出たらなんとまぁNAのサスのヘボい事。
一応NAの名誉のために記すが、筆者NAではNBビルシュ+マツスピコイルに組み替えてある。これでもノーマルに比較すれば数段良くなってるはずなのだが、ASAとの比較はしょうがないにしても完成したHMの動きと比べてこれじゃちょっと情けないよなと言う感じなのである。

ビルシュもマツスピ製パーツも単体での評価は高いものの、実際に組み込んでからのトータルでの動きについての想像力が欠けているのではないかと思う。
固めるだけならバカでもできる。
サスをちゃんと動かしてきっちり仕事させたいと思うのなら、この例での組み合わせは残念ながら勘違いとしか言いようが無いような動きかたであるように思えた。

« HMシート | トップページ | GEQ その2 »

a/ステアリング系」カテゴリの記事

a/フロントコイル」カテゴリの記事

a/フロントサス」カテゴリの記事

a/フロントスタビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132725/11285874

この記事へのトラックバック一覧です: ステア系修理後の印象を試す:

« HMシート | トップページ | GEQ その2 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter