カテゴリー

無料ブログはココログ

« パンジャ号ご来訪 | トップページ | パンジャ号完成 »

2006年9月 9日 (土)

300発め記念、「色あせないクルマ」

本日の記事でめでたく300発めとなります。
#相変わらずよう書くわ...(自爆)

昨日ちょっとお借りしたパンジャ号96XC-Ltdについて、短時間ではあったが運転しながら色んな事を考えていた。
...96のこのしゃっきりしたボデイラインってのも、これはこれで良いんだよなぁ
(娘、「今日のお客さんの117きれいだったねー、おやじのよか100倍光ってたんじゃない?」)
...2L SOHCのG200ZSのフィールも悪くないんだよねぇ
(つーか、筆者がかつて乗ってたどの96XCよりも明らかに調子良いし)

何よりも走り出してものの10秒程度ですぐ身体が馴染んでしまうのには自分ながら笑ってしまった。
四年間乗り続けている今のHMの方がむしろ乗り始めの違和感は強いのだ。
まあサスとステアの躾けが決定的に違うのだから全く同じ車として捉える方にむしろ問題があるのだし、96の方は筆者自身4台同じタイプを乗り継いで総走行距離は20万キロを軽く越えているのだから、ケツの馴染具合で言えば圧倒的に96に軍配が上がるのも当然と言うもの。
96XCには筆者の117人生の重要な時期の思い出がたくさん染みついているのだ。

一方のパンジャさんの方は娘NBが結構気に入ったらしい。
まぁ25年モノ(基本設計は38年モノ)の117から現代の筑波仕様にセッティングされたNBロドスタに乗り換えればそれはまさに「次元の違う」フィールとなるのも当然の事であり、それでも非常に大きい筈の違和感をものともせずストレートに喜ばれたあたりはパンジャさんご自身の車に対するスタンスが伺えてまた楽しい事でもあった。
恐らくパンジャさんは帰路の関越上でロドスタの感触を反芻しつつも、きっとご自分の117の馴染具合ににんまりされていたであろう事は容易に想像がつく。(笑)


続いて本日の話であるが、今日娘NB1号が三年ぶりにわが家に帰ってきた。

Rp1060826今の娘NB(2号)がたまたま調子を崩し、タイミングよく以前トラブったe-マネultimate(サブコン)が修理から返ってきたと言う話を聞いたのもあってど〜だ自動車に置いてきたのだ。
この赤いのは今はど〜だの代車として活躍してるのだが...



R03panbjt6三年前にはわが家にこうやって収まってたヤツだったんです。

娘と一緒にど〜だからの帰り道、
「なんか馴染むねー、このクルマ」
...娘が乗ってなかったらおやじはたぶん泣いてますよ。

娘の尻形に自然成型されたノーマルシートの感触(笑)、途中クレーム対策した6MTのフィール、とっても覚えのあるエンジン音とそのフィールは今となっては娘NBよりも全然遅いのだけど、それでもなんか懐かしさも含めてこみ上げてくるもんがあります...。

NB1号もなにやら不思議そうな顔してるのが伝わってきておかしい。
「お、お?、オレってここ居て良いの?」
明日からしばらくは娘がまた可愛がってくれる事だろう。

« パンジャ号ご来訪 | トップページ | パンジャ号完成 »

e#おやじな車生活」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした>御二人(^^
117とロドスタって全然違う車ですけど、室内のタイト感とドラポジが妙に似ているんですよね。117オーナーなら初めてでも違和感無く乗れちゃいそうな気がします。
で、もう一台増車ですか(^^ 4号はNCですね。

gopさん、
>室内のタイト感とドラポジが妙に似ている..
あ、そうか、その辺が近いんですね。
二台を常用しているとむしろ持ち主の方がワケわかんなくなってきてますね。(笑)

gopさんの方はこの後エリーゼにNC・RHTにと順に増えるわけですか。(笑)
...それにしても誰もNC買わないのはなぜなんでしょ!? (爆)

いや~、本当に面白かったんですよ。NB。
久しぶりに「おお!」って感じでした。

カキカキ入るシフト。レスポンスのいいアクセル。
まさに思い通りにコントロールできる快感。
あ゛ー。
その昔ブガッティ・レプリカに乗ったときの感触がまざまざと。

帰りの関越。
思わずアクセルに力が入り、一瞬140とか(( ̄w ̄;)
でも、あのNBだとそれはできないでしょうね。
アウト・オブ・コントロールになるのが怖い。
ポテンシャルのある車の方が慎重になるものなのかも
しれないなぁ。
そんなことを考える帰り道でした。
吹け上がり。
そこのスムーズさがやや共通するといえばするのかも。

お勧めに従って素直に乗って良かった。
& とりあえずバケットにオシリが入ってよかった……(^w^;)

というわけで、本日リアボード完成。
後ほど写真をお送りいたします。
感謝感激アメアラレ。

無事、完成おめでとうございます。
さすが117おやじさん、何でも出来ちゃいますね。ツールが湧き出るのも凄い!

タイト感とかドラポジ・・・どらもイタルデサインの血が流れてますから。

パンジャさん、
...お二人とも仕事速いっスね。ウチなんかそのまんま手付かずで転がってますけど。(汗)

ロドスタはですね、ノーマルが一番怖いんです。(笑)
例え新車コンディションでも140から上は超ナーバスになりますから、実際私もこれ以上出した事無いです。
(所有する車のMaxスピードを試してない唯一の(...計三台だけど)例外ですわ)

完成写真、一枚お借りしますね。

イノウエさん、
さすがっちゅうかなんちゅうか...
ビンボ人なので自分で作るしかないんですよね。(涙)

gopさんのご指摘で(...今頃)気がついた両者のドラポジ、確かに似てましたね。シートは可能な限り低く設置して足を投げ出す感覚なのにシートバックは意外に立て気味にしないとステアに腕が届かないようになってるあたり、ほんとそっくりかも。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 300発め記念、「色あせないクルマ」:

« パンジャ号ご来訪 | トップページ | パンジャ号完成 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter