カテゴリー

無料ブログはココログ

« 取り付け状況その2 | トップページ | 北の良品.com »

2006年11月30日 (木)

暫定インプレッション

本日の記事はほとんど「シモニタ関係者」向けの限定的な内容となります。(笑)
...一般のマトモな読者の皆さま、どーもすいません。


んで、早速(暫定)NA8Cブレーキのフィールなのだが、これはやはり「鹿NA8C」のフィールに近いような感じがする。(...つか、たぶん全部一緒かも)(鹿のがスリットローターかな?)
鹿NAの試乗時にも十分驚いたのだが、NA8Cでの「ど〜だ"どこでも"パッド」はこう言った場合に良く使われる表現であるところの
「まるで巨人の手によってトランクを鷲掴みにされたかの如く」
......のような感覚での減速となる。

不思議な事にほぼ同じシステムを持つ娘NBでのフィールはこれとはやや違ったものであり、もちろん必要十分より遥か上のストッピングパワーを持つ事は確かだとしてもフィールの方はややあいまいな部分がある事に気づかされる。
(なんかビミョーに止まんないような気がする事があるんですよ)

車重で100kgの差がこんな場面ではモロに出るみたいです。

実際には今の状態が前寄り配分となってる事で非常に軽いタッチで強い減速が得られるため、通常の街乗り範囲のブレーキングでは鹿NAを凌ぐフィールがあって筆者は一瞬喜んだものの、
「踏んだらフロントがあっさりロックします」
と言うH氏のお言葉を忘れないようにしたほうが良さそうだ。

続いてブッシュ交換だが、これは単純に言うと「ショックがおニューになったかな!?」的な違いがある。
いくらブッシュを24個換えたからと言って元々怪しいロドスタボディの軋み音が消えるなんてぇ事は無く(笑)、せいぜい消えるのは足周りからの異音の一部程度だろう。
ただしフィールは大きく改善されており、筆者のような新車時代のNAのフィールを知らない人間にとっては感動もののガッシリ感が出てきている。

続いてアライメントだが、これはフィール的には鹿NAにほぼ近い。(つまりご機嫌と言う事♪♪)
サーキット用に大きい角度が付けられたキャンバーは街乗りでも特に違和感は感じられず、むしろ色々な細かい部分の挙動全てが筆者の好みと非常に良く合ってストレートに快適ですらある。(笑)

ちなみに今回のキャンバー角はどっちかと言うと「タナボタ号」クラスとなっている模様。(爆)

« 取り付け状況その2 | トップページ | 北の良品.com »

c/a_ブレーキ」カテゴリの記事

c/a_サス関連」カテゴリの記事

コメント

鹿号のローターは普通のです。
年間何回もサーキット走る人はパッドの減りが増す為
オススメしないとのこと。

ふふふ、おやじさん私も年末ブッシュをやりますぜ!

しかし、同じ日にブレーキを弄ってた訳ですが、
ウチのはかなり苦戦した様で…(^^;
しゃちょから文句の電話が(笑)

しかしブッシュですか…イイナ。
此方は今年前倒しで大型作業だったので
来年は金無しです(笑)

車検の件で地元の工場に不義理をこいたので、
年明けに別の作業をするかもですが…。

鹿さん、
スリット入りのは確かに「より確実に効く」分「よく削れる」みたいですね。(笑)
ウチはそんなにサーキット走るわけじゃないからスリットにしようかなぁ...
#なんか意味不明な気も......(爆)

>ふふふ、おやじさん私も年末ブッシュをやりますぜ!
ん? 鹿のだと当然フル強化ブッシュかな!? (笑)
(ウチのは今回ノーマルブッシュ)(...ATだし)

U-5さん、
>ウチのはかなり苦戦した様で…(^^;
へっ? なんだっけ、リアのキャリパーが固着してたとか言うのだっけ?
あのエンジンなら多少固着してても大丈夫! (爆)
...ンなわけないか。(汗)

>#なんか意味不明な気も......(爆)

ど~だ度が上がります!
ホイールによっては上がりませんので注意が必要です(笑)

ブッシュはしゃちょと相談して
必要な部分のみ強化にする予定です。

鹿さん、
>ホイールによっては上がりませんので注意が必要です(笑)
ウチは今後スポークホイールのみの使用となります。
例の腐った16インチタイヤでもサーキット大丈夫なんじゃないの?って錯覚するぐらい今の状態は気持ち良いですね。


U-5(鹿2号)エンジン、始動いたしました。
音的には鹿エンジンよりかさらに良いかも?

 本日はどうもでした。明日は1000km走ってくる予定ですが、上信越の上の方はチェーン規制かなぁ…(;△;)

>へっ? なんだっけ、リアのキャリパーが固着してたとか言うのだっけ?

いえ、ウチの使ってる750度対応のリアパッドが制動出て無くって…(^^;
通常走行OKだったはずなんだけどなぁ…と。

>へっ? なんだっけ、リアのキャリパーが固着してたとか言うのだっけ?

リアが固着してたとかいうのは、きっとウチのです。

100kgは。
ランクルのほぼ燃料重量ですね。96L入ります。
人間ひとり分の燃料を消費しますと、それでも車体が軽くなるのが分かります。
大人五人で、満タンですとカメさんです。

U-5さん、
わざわざ藤岡にも寄っていただきありがとうございました。
#赤福うんまいス。(喜)

パッドは「どこでも」が良いっス。(笑っちゃうぐらい)

黒NB1さん、お〜、いらっしゃいませえ。
>リアが固着してたとかいうのは、きっとウチのです。
...そちらでしたか。(汗)
車はフェンダーだけで済みそうですか?
無事の復帰をお祈り致します。(なんまいだ)

ハッピーリバーさん、
NAでも117でも、非力な車では「人の重さ」ってモロに効きますからとたんに遅くなりますよね。(涙)

岐阜のKさんがおっしゃっていた「ロータスのサスは軽さを前提にした設計で、冷静に考えるとショボイはずなのにいざ癖がわかって走り込んでみると考えられないようなコーナリング速度になる」と言うのが印象的です。
軽さは七難隠すってトコなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 取り付け状況その2 | トップページ | 北の良品.com »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter