カテゴリー

無料ブログはココログ

« じたばた(笑) | トップページ | 得意技炸裂 »

2006年12月24日 (日)

学習もするぞ(笑)

昨日の本庄でブローした16インチはあっさり捨てて今日1分山(笑)14インチネオバに履き替えた。
これで再度本庄に出掛けもう一度テストしたら今年の予定は終了だ。

サーキットを走れば14インチネオバは当然山が無くなるだろうから手持ちのタイヤもこれで底を突く事になり、ここは素直に15インチネオバを買うしかないようだ。

このホイールサイズとタイヤ扁平率の違いは117でも大きなフィール変化となって現われるとても重要な問題なのだが、実はサーキットでのロドスタの場合14も15もそれぞれの味わいがあってまた楽しいものがある。もちろんこれはロドスタの「曲がり」の能力が圧倒的に優れている事から生まれる余裕がフィールの変化を楽しめるだけの余裕に繋がっていると言う意味であり、元々のポテンシャルが低い117ではヘタにハイグリップを履いただけでえらい目に遭う事をさんざ経験しているのでこれとは全く別次元での話と言う事になる。
これは本来の117乗りとしては悲しむべき状況であるのは明らかだが、事実は事実として冷静に捉え明日へ繋げていこうと言うのが年明けからの筆者117のテーマであるので、比較対象であるところのNAもできる範囲で徹底的に試してみる必要があるのだ。

#もっとも車の能力が高すぎて筆者の腕がついていかないと言うのがイチバンの問題だったりするのだが......(大汗)



そんなわけで昨夜の娘との会話。
「新しいブレーキ思いっきり踏んでたらタイヤがブローした」
「あんなタイヤじゃしょうがないでしょ? だいたいあのパッドってSタイヤでも十分にイケるだけのパワーなんだから、あんなウンコタイヤがもつわけないじゃん」
そか、なるほど。
娘の方がよっぽどモノがわかってるような気がするぞ。(汗)

ちなみに本庄1コーナーのブレーキングではほぼ毎回ロックした。
新品時のMichelin PILOT PRECEDAはタテ方向のグリップに優れフィール的にはネオバ以上のものが感じられたのだが、これがサーキットでいっぺん熱を入れたらフィールが激変し恐ろしく扱い辛いグリップしないタイヤに変貌してしまったのだ。この悪癖は再度熱を入れ直してもダメで、残念ながら今回を以てあきらめ捨てる事とした。

またこの場合のせっかくの強いブレーキシステムはタイヤがうんこな場合にはむしろ早期にロックを誘発するだけでロクな事が無いと言うのが良くわかった。
この事は同じブレーキシステムを持つ「鹿」がやたら寒い時の妙義でとっちらかり苦労したと言う話を聞いていた事から十分に予測できるものでありもちろん気分的にそういう備えはしてあったものの、実際ここまで簡単にロックすると言う事実に少々驚いたと言うわけ。
車のいろんな部分を強化するのはとっても楽しい変化となって現われる事からこういうのが車いじりの重要な部分を占めるのはやむを得ない事だろうと思うのだが、なにかをやったらそれぞれきっちりと自分で納得するまでテストしてみないと思わぬ場面でしっぺ返しを食う事になり兼ねないと言うのが筆者が自分でやってみた上での感想なのである。

この場合の強化はイコール「安全」になるだけとは限らないようなのだ。
ブレーキを強化したらタイヤもあわせてハイグリップにしてバランスさせてやらないと場合によってはむしろ危険にもなり兼ねないわけで、この一見分かり切ってるはずだった車の「トータルバランス」と言う考えが今ノーマルのNAをちょこちょこいじり出してる段階でいちいちはっきりとした挙動変化を伴って筆者の目の前に突きつけられる事を非常に興味深く思い楽しんでいるところなのだ。

もちろん同じ事を117HMでもやれない事はないのだろうが、あっちの場合の壊した時の部品入手の苦労とセッティング幅の無さを考える時、このNAロドスタと言う「壊してもなんとでもなる(もちろんお金はかかるけど)」と言う自由さと「ど〜だ」のようなショップが持つ豊富なノウハウを活用する事でストレートに車の楽しさのみを追及できると言う点は非常に幸せな事であると言えるだろう。

そういう意味で今このNAと言う車に出会えた事の幸運さに感謝しているところだ。

« じたばた(笑) | トップページ | 得意技炸裂 »

d/d_本庄サーキット」カテゴリの記事

コメント

昨日の早朝本庄近くの某峠に行ってきました。

ドライでも今の時期は路面温度が低くて
ネオバでもロックしまくりです。

数本走って何とかグリップしてくるようです。


スキール音が聞こえたので
久々に本庄サーキットを覗いてみましたが
ドリフト屋さんががんばっていました。

最終コーナー立ち上がりは
相変わらず危なそうでしたけど(^^;

一度、ポテンザを履いてみて下さい。

それと、超扁平タイヤは荷重レンジが高くなる傾向です。
つまり荷重不足で、タイヤ本来のグリップが発揮できません。

ロードスターの車重に合った荷重レンジのタイヤにしてみて下さい。
結果として、純正の1インチのアップで、185なら195程度のワイドになる筈です。

私のランクルは、11トントラックや観光バスのタイヤより幅が広いのです。
でもトラックは積載して荷重が掛かると、その細いタイヤで平気に走っています。バスなんか結構グリップがあります。

私のタイヤ(デューラーH/P)ですら、本気でグリップを掛けて走りますと、表面が消しゴムのようになりますよ。
車幅がありますと、安定もしています。峠の登りは無理でも、下りは結構遊べます。

でも、息子のエボにポテンザを履かせていますが、とんでもない速度でもタイヤが鳴きません。
このポテンザはウェットに強いタイプです。ドライに強いタイプですと、まだ速く走れそうです。

鹿さん、
本庄の近所のお山って...?
わざわざ出かけるようなおいしいトコロありましたっけ???

>ネオバでもロックしまくりです
ウチも久しぶり(走行会以来)に14ネオバに履き替えたら朝6時の出勤時に発進しただけでタイヤが泣いてびっくり。路面は相当に冷えてましたね。

#Hさんががやってくれた「スーパー大人げないアライメント」(笑)はやはりかなり雰囲気が違いますのでこのネオバでこそ試してみたい感じです。
#リアキャンバー2度ってのはタナボタ号よりもヒドいらしい......(汗)

ハッピーリバーさん、
ボテンザ71ならエボ2で経験済みです。
当時の感覚では相当なハイグリップでしたけどそれでも車のパワーの方が勝ってましたね。

#エボはケツ滑らせないと速く曲がんないと思います。

>ハッピーリバーさん

ポテンザとはRE01Rでしょうか?RE050?
銘柄を教えてください。
ちなみにGⅢを一時期履いていたことがありましたけど
8K6Kのバネレートですでに役不足でした…。


>おやじ様

本庄近くのお山、あそこ結構好きです。
何かを試しに行くところではないかもしれませんが
走り込めば大丈夫かも…
以外に速度が乗るので危険ですが(^^;
今度お教えします。DMの方が良いですかね?

あ、ちなみにリアキャンバ2度は僕と一緒ですよ(^^)

01Rの方です。050Aでも普通のタイヤとは比較にならない位にグリップはありますが、本命は01Rの方です。
あと、どうしてもならポテンザのSタイヤがありますが、一般には入手は難しくなります。

Sタイヤは、履かせてサーキットまで移動する間に磨耗して、いざ走るだになっても、走れません。
そして、家まで帰れなくなります。

ですから積んで行って、走る時に交換していくしかありません。サポートする車も必要となります。

GⅢは、無理です。一般道での耐久性も求めていました。
このタイヤはグリットⅡの後継です。
ですからポテンザとは名ばかりです。今はプレイヤーズと言う名前に変更されました。

それと、GⅢは磨耗してくると、中から柔らかいハイグリップなコンパンドのゴムが出てきます。AQドーナッツⅡです。
AUDIで使っていました。
この柔らかいコンパンドがポテンザ本来に使われているゴムのようでした。
ですから、ドライですと磨耗してからの方が、確実にグリップは良くなりました。

 我々は語るに足るほど他車種では走り込んでない為、
あくまでロードスターの話になってしまいますが、
仰る様なヨコハマとブリジストンで、そこまでの変化は
みられないと思います。因みに最近はダンロップもかなり
迫ってきてます。

 まず、いとうさんの場合ですが、そもそも足回りの仕様が、
サーキットスペックになってる為、冬の朝方の峠や雨天等の
条件ではよほど暖めないとグリップするわけがないんです。
この件にはメーカーは関係ありません。
 少なくとも各社のフラッグシップラジアルでないとインフォメ
ーションもなく、いきなりリアが出る仕様ですね。

 ADO7とRE-01Rですが、O1Rの方は縦横の
役割がはっきりしていて、サーキットで使うのならば良いの
ですが、峠等で振り回して行くとAD07の方が楽しいと思います。
 雑誌インプレでは01Rは筑波で1秒近く速かったですが、少なくとも
使った感触では、僕にはそこまでの差は感じられませんでした。

 それと、最近では55Sは使う人が減ってきてまして、ウチの
回りでは殆どA048になってます。これはヨコハマがSタイヤ
にも公道用ラジアルの考え方を持ち込んだ為、よりコントロールが
しやすく、しかもタイムも出てるからですね。
 因みに、Sタイヤは車検OK公道OKのラジアルタイヤなので、
普通にお店で買えますし、行き帰りに履いてもダイジョブですよ?
もちろん熱を入れた状態では減りは早いですけど。
そもそも減った状態で乗って帰れないのは、どのタイヤでも同じですし。
 また、普通(?)にロードスターでもSタイヤ4本載せてサーキットへ
行きます。タイヤの山が心許ない時とか、雨が降りそうな時は
やりますね。

もちろん、載せていってくれる友人がいる場合には、お願いしてますが(笑)

U-5さん。書かれている通りでほぼ良いかと思います。

言葉が足りませんでしたが、今息子の職場にいる方は、メーカーのスポンサーがついています。ポテンザでもまるで違うタイヤがあります。ポテンザと白くペンイトされていて、完全に違うものでした。

ただ言われていますように、Sとして販売されているポテンザがある事も承知しています。それは書かれている通りです。
頼んでおけば、すぐに入ります。

私は、ヨコハマで良かった経験がなく、トラウマになっています。
アドバンはアスカ・ターボを買った時に純正がそうでした。
ごく初期のアドバンでしたが、磨耗が早い割りにグリップには感動しませんでした。
その前に乗っていたクーペで、これまたポテンザの初期のを使っていましたが、このポテンザの方が余程グリップがありました。

最初に買った初代ジェミニもGTスペシャルがついていましたが、雨の日に簡単にスリップして、廃車になりました。

ヨコハマには良い思いでが全くありませんでした。

現在、4×4のランクルですが、Yのタイヤは6000円安くて、人気があるのですが、私はBSのタイヤにしています。
結果として、4万キロで磨耗して早く交換する羽目になっています。BSは7万キロオーバーでも、十分山が残っています。
商売の方針としては感心できないと思っています。

ただ、ヨコハマのタイヤに使われている人造ゴムは、私の勤務先の街で作られています。
ご存知ないかと思われますが、日本ポリウレタンと言う企業で作られています。
ここの原材料は、隣接する出光の工場から供給を受けています。何度か足を運んだ事があります。

こちらにはBSの防府で乗用車用のタイヤを生産しています。
県産品の愛用です。(笑)

風呂に入っていたら、間違った事に気づきました。
ヨコハマにゴムを供給しているのは、日本ゼオンです。
歳をとった証拠です。

マツダの工場にも何度か行きました。
工場で使うエアー工具に供給する圧縮空気を作るコンプレッサーの音が凄い音です。大型のディーゼルエンジンで駆動しています。

ロードスターは、このクルマが世界に果たした役割が、余りに大きくて、日本人なら誇りをもって良いほどです。
このジャンルを確立しました。

BMWもMBも、米国での売れ行きに焦りまくった状態が続きました。ドイツ本国でもでした。

鹿さん、
>あ、ちなみにリアキャンバ2度は僕と一緒ですよ(^^)

ありゃ、ASAだとそこまで付くんだ......(汗)

お山の方は、実際セッティングが進んでからの娘NBではあまりにも車(...の曲がり)が速すぎてもう踏めなくなっちゃったんで親子ともども「卒業」しました。
そこそこヘボな車なら刺さる程度で済むかも知れないけど、ど〜だセッティングで踏んだらワンミスで十分死ぬるってのが明らかに実感できますもんで...(汗)
#お山でアレはなんぼなんでも速すぎるでしょ......

ハッピーリバーさんのお住まいが物凄く遠いのがなんとも残念ですね。

ウチではなぜか娘のリクエストによりロドスタに出会い(その中でNB sr.1を選択したのはおやじ)またgopさんのご好意によりNAと言う車と出会い、ど〜だと言う冗談抜きで素晴らしいショップと出会いまたそこの楽しいロドスタ乗り達とも出会う事ができて今とても楽しい日々を過ごす事ができています。

ハッピーリバーさんは既にお気づきの事と思いますがこのロドスタと言う車、117乗りにとってはずっと頭痛の種になっている117のネガな部分を全て解消してくれる車なんですよね。

サスとボディバランス、セッティング幅の広さ、きっちり詰めていけばサーキットでエボをカモれる程の実力を持ちながらもエンジンパワー自体は頑張ってもせいぜい160(1800cc)〜180(2000cc)psでしかなく、NA6ノーマルの120psでサーキットを走ってる車も実際多いのです。
それでも意外と速いしなによりも楽しいってのがこの車で、私は本当に正直にこのNAロドスタに117の皮を被せたら理想的な車になると思っています。

ただ実際のサーキットではその生来の性格ゆえに(アンダーパワーを軽さとボディバランスでつじつま合わせると言うロータス的な考え)サスセッティングやタイヤの選択が重要視され、その使い方も銘柄はもちろん、エア圧・ブロック高によるグリップの違いに対してもシビアな対応が為された上で実際の運転手の腕によるタイヤコントロールに集中すると言うまるで一昔前に雑誌で読んだレースの世界のような事を現実に皆やってるんですよ。

これはねぇ、年代モノ(笑)のおやじとしてはただ驚くしかないわけで、それがさらにサーキットにもお誘いいただいて「へっ? オレも走って良いの!?」ってな状態になると、まるでもう未知の世界になってるわけですよ。

いやぁハッピーリバーさんにも是非走ってみてもらいたいですよね、結構マジな話としてね。

>ヨコハマには良い思いでが全くありませんでした。

 そうなんですよね。昔のヨコハマを知っている方は
割とそういった感想を持たれる方が多いです。
曰く、一度熱入れたら二度と喰わない。そもそも喰わない。
全く喰わない。等々(笑)

 かくいう自分も、先代のSタイヤであるA038には煮え湯を
(回りには笑いですが)飲まされた経験があります(笑)

 ところが今のAD07(ネオバ)になってから、ヨコハマはかなり
評判を上げてまして、値段差を考えるとブリジストンより良くなります。もっともこの辺は好みとお財布に相談となるわけで(^^;

 Sタイヤになると、ほぼ経済性は無視になりますけどね。
滑らせてもイけるのはヨコハマだけなんで…。 >賛否ありますけど…。

皆さん。色々と楽しまれていますね。
書かれている内容で、十分に察知できます。
U-5さんの内容からもですよ。

117おやじさんは、幸せですね。ホント。

>#お山でアレはなんぼなんでも速すぎるでしょ......

お山でアレだと4駆ターボでもやっつけられますぜ!
上りでも(^^)

サーキット走るのは楽しいんですが
タイムとか常に目標もって走るんで
こうなんて言うんですかね、本気の遊びなんです。

その点お山はわーいと自分のコントロールできる範囲で
楽しく走る事ができるんで僕にとっては『走ること』に対する
息抜きとまた新たな発見ができる大切なことだと思ってます。

ハッピーリバーさん、
>117おやじさんは、幸せですね。ホント。

おっしゃる通り、わたしゃ幸せもんだと思ってます。
なにしろ娘と一緒に参戦した最初の頃に「おやじのタイム抜いたら娘くれてやるぞ」と宣言したら初走行でいきなり十数人にこてんぱんにヤラれましたからねぇ...(汗)
#妻帯者は除く(爆)

まぁロドスタな方面での勝ち目は無いので(笑)、これで近いうちに別方面の某PF乗りと勝負しなくちゃなんないと言う予定もあるのですよ。
#HMじゃ勝負になんないからヒキョーな手を使うと言うわけ。(笑)

鹿さん、
>お山でアレだと4駆ターボでもやっつけられますぜ!
上りでも(^^)

......これこれ。(笑)

だいたい、あ〜んなのでお山走るにはもう運転手の反射神経が追いつかないのですよ。
ロータスエリーゼや超7を買える身分の方はともかくとして、その世界を身近に感じられる最も庶民的な車としてのロドスタはまさに今が旬なのだろうと思います。

このタイミングでロドスタに出会った鹿たちこそが一番の幸せモンなんだよ〜。

>このタイミングでロドスタに出会った鹿たちこそが一番の幸せモンなんだよ〜。

ホントにこの幸せは噛み締めて生きてますよ(笑)

僕はロドスタがデビューした当初から『将来アレに乗る!』
と決めていましたから(^^)

ガキの頃の自分の感性は間違っていなかったな、と(笑)

あ~ アタシャ穴が空いてるとこに落ちた。 …と。
もともと前に乗ってたのがジムニーなんで結局いじり系か
という話もあるんですが(笑)

しかし、今度の穴は深い…。

U-5さん。

私もSJ30に乗っていました。
朝夕の国道は、2ストでは辛かったです。

鹿さん、
>僕はロドスタがデビューした当初から『将来アレに乗る!』
と決めていましたから(^^)

おや奇遇ですね。
ウチの娘もNAデビューと同時に購入した友人にやたら懐いてましたからねぇ。(笑)

U-5さん、
>あ~ アタシャ穴が空いてるとこに落ちた。 …と。

ふむ。

>しかし、今度の穴は深い…。

まぁ、毎日自分で掘り進めてるんだから深くもなるわな。(爆)

ハッピーリバーさん、
>2スト・SJ30

ジムーは良くわからんが、あの「ぷいぃぃぃぃぃ〜ん、ぺんぺんぺんぺん」ってヤツですか!? (笑)

 僕はJA11Vに乗ってました。なんせ何も知らなかったモノで、
色々とクダラナイ事をしてました。

SJ30良いですね。ベストバランスジムニーだとも言われます。
その昔、不思議な音のする車だなぁと思いながら眺めてました。

ttp://u5rs.multil.jp/jimny.jpg

「ぷいぃぃぃぃぃ〜ん、ぺんぺんぺんぺん」

そうですよ。2スト3気筒ですから。
何たって、排ガスはとても濃いのが出ていました。
確かHCかCO?は2000近く出ていた記憶があります。

これで山に入ると、サイズと軽量でもって、結構な走りができました。山と言っても山違いですよ。
隣家の方がSJ20を所有されていましたが、現在はランドベンチャーにされています。
こちらは「プー・パシャー~~」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じたばた(笑) | トップページ | 得意技炸裂 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter