カテゴリー

無料ブログはココログ

« あーやってそーなってこーきて... | トップページ | バケット装着 »

2007年1月12日 (金)

コロラトゥーラ

半分寝ながらぼ〜っとタケシのテレビを見ていたら「音」で起こされた。

森 麻季 嬢と言うソプラニストの「声」だった。

もうずいぶん暫くゆっくり音楽を聴く暇も無く過ごしているのでこのソプラノも初めて聴く「音」だったのだが、......イイですねぇ。

佐藤しのぶ嬢のようなハデさは無い声質なのだけど、非常に楽器的でよく歌う「音」だ。


音楽好きは普通「声」や「音楽性」に対してまず興味を持つ。
オーディオマニアはいつでもまず「音」から入る。(笑)
そしてその「音」に対して一発で惚れると言う事がしばしば起こり得るのだが、これは久々の恋かもね。

テレビでこういう事が起こるのはだいぶ前のフジコ・ヘミング嬢以来だけど、さてこの美しいソプラニストはこれからどういう音楽世界を作ってくれるのだろう...

少し(大いに)楽しみながら今後を追いかけてみたいと思う。

« あーやってそーなってこーきて... | トップページ | バケット装着 »

b#おやじなJAZZ&AUDIO」カテゴリの記事

コメント


この世で一番秀でている楽器はヴォーチェだし、音は人の感情の上げ下げできるマジックだと思ってます。

戸川流さん、
おっしゃる通りだと思いますね。

世の大多数の人が当たり前に持っている「声」と言うものが、場合によってはあらゆる感情を表現する事ができるスーパーな「楽器」に変化する瞬間に出会える事が音楽マニア・オーディオマニアに共通する至高の瞬間であるのではないかと思います。

......なかなかチャンスは少ないんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あーやってそーなってこーきて... | トップページ | バケット装着 »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter