カテゴリー

無料ブログはココログ

« トドメ! (笑) | トップページ | 国立でお花見 »

2007年4月 1日 (日)

「馬」新規参入

昨日は朝からいきなり雨がパラついたかと思うとすぐに晴れ、午後からはまた曇って雷も鳴り出しとなんだか変な天気の一日......

そんな中で久しぶりに妙義山に上ってみた。
コースは(めんどくさいので)高速を一気に松井田まで走って碓氷側から下仁田側に抜けるルートを選択。
高速を使うのは筆者NAで前回やり残している「4速がどこまで回るか?」を確認したいと言う理由もある。
......こちらの結果は、「ぬおゆkm/h-6,700rpm」が限界であった。

まぁ、現状の筆者NAノーマルエンジンのピークは明らかにこの辺なので、妥当な結果と言えるのでしょう。
#直結の4速がレブまで回り切れないのがもどかしい...
#セイタクは言わないから、この4速が例の7,833rpmまで回ってくれたら文句ないんですけど、それがしたかったらここにいいモンがあるぞ と言う事を某ショップがアナウンスしています。(汗)
コレはそのショップ的にはあくまでも「並」レベルの仕様なのだけれど、乗ってみた感じが「極上」域にある事は筆者も確認済み。
絶対的パワーよりも「気持ちの良いフィール」を求める向きにはお奨めの品です。
#無理してない分耐久度も高いしね。

......いんやぁ〜、コレってできる事ならここの筆者こそが欲しい仕様のエンジンなんですけど、今の筆者に必要なのはパワーよりも「修業」の方である事はよくわかっているので潔く諦め昨日も妙義でちょいとルーティンワークとなったわけなのだけれど、例によってお山ではもう踏まない事にしている筆者としてはごく大人しく精々2速5,500rpm/3速少し程度の回しかたでゆるゆると走ってみる事になる。

妙義の碓氷側は90度程度までの曲がりが連続して続くコースであり、ほぼ2速主体の、3速に入るポイントはほんの一瞬あるかないかの低速コースとなっている。
久しぶりに訪れたこのコース、センターラインのキャッツアイはキツくなり元々幅の狭いコースが余計にタイトに感じられるのでアクセルに対するツキの悪い車や曲がらない車の場合は甚だつまらないコースとなっていた。

そんな状態だから筆者としても上記のようにリラックスした気分でラインとブレーキング・そのリリースポイント・アクセルオンの位置と姿勢に集中し本庄でイマイチ納得できなかった部分のおさらいをしてみる。

そうやってゆったりと走ってみた時、今の筆者NAでは(遅いなりにも)「運転者が望む挙動」に対し限りなく100%に近いんじゃないかと思えるほどの正確な反応が返ってきて驚くと共に、その限界を超えそうだと言うポイントを「サルでもわかる」ほどのシビアさでバケットに座る尻にダイレクトに伝えてくれる。
路面のグリップの様子、それに対するNeovaの仕事具合は手に取るようにわかるような感覚があるから多少のオーバースピードでも何の心配も無く対処できるし、逆にすんなり曲がりすぎて「もっと踏めるぞ」と車が主張している様子もはっきりわかる。
#いやぁ〜、こうやってのんびりワインディングを楽しめるのがロドスタの美点だよねぇ...

.........と、しばしのお山を楽しみつつふと我に返り(念のため)スピードメーターを確認すると、......その数字は何度となく「ゆわkm/h」を軽く越えているのだ。それでも運転者には「ヤバイ」と思うような感覚はない。(汗)

運転者の感覚を実際の車速が上回ってしまうこの車の特性が果たして「正しい」ものであるのかどうかと言う疑問は残るが、なにしろ運転者本人にとっては「ひたすら楽しい」感覚であるのは確かであり、そうなったらあとは事故んないで楽しいままおウチに帰れるように努力すれば良いだけの事。
それができれば明日も明後日も同じ楽しみを味わえる理屈になるわけだ......



Rp1030027と言う事で本日のシモニタで遭遇した「不思議な角度のトゥーイングフック」を装着した某NAロドスタ。
#なんでも「妙義山を使ってフックの強度テスト」をやらかしたらしい。(笑)
#フックだけに留めるのがなんとも器用......




Rp1030028ぶつくさ文句タレながらフックを取り外す某オーナー氏。(爆)

件のフックはこの後「名人"ふ氏"」の「ショックハンマー16発」技により無事復旧した。(めでたい)
#両氏の間で「......一発いくら!?」と言う交渉がしばし続いていた事は言うまでもない。(笑)

この本日のパフォーマンスに喜んだ筆者としては、この某氏に対し新たに「馬」の称号を授与させていただきたいと考えている。






んで、実はもう一人(一匹)地味に「妙義の縁石の強度テスト」を行っていた「鹿」が居たらしい。
詳細はよくわからないのだが、データロガーのマップ(?)作りのため時速40km/h程度でゆっくりコースをなぞっていたら突然「ホイール一本」と「Neova一本」がおしゃかになったのだとか。

なんだよ、せっかく来たのに誰も居ないじゃんかよと怒りながらお山を下り到着したシモニタ某ショップで筆者を出迎えてくれたのは

破顔一笑したボスザルのお姿であった......(汗)

「...バカじゃん、おまえら」(一同爆笑)

« トドメ! (笑) | トップページ | 国立でお花見 »

c#おやじなロドスタ」カテゴリの記事

コメント

 昨日はお時間を頂き有り難う御座いました。充実した時間を過ごさせて頂きました。

 お山へはリベンジを心に決めつつ、タイヤを買うお金を貯めねば…。

お世話になっております。
皆様、良い事でも悪い事でも車に関する事では本当に楽しそうで、自分のカーライフを鑑みて時々ハッとさせられます。

ちなみに同日、私は本庄に友人の走りの「見物」に
行ってました(^^;)またPWRCカーが来ており皆様とも
走っていた黄色いNSX突付きまわしていました・・・。

世界レベルのドライバーでも、あの車高とラリータイヤではいかんともし難いですね。


DAPさん

ご存知と思いますがPWRCは名称が変わったので改造範囲が広いように思いますが「グループN」です。

U-5さん、

>充実した時間を過ごさせて頂きました
いえいえ、こちらこそ楽しかったです。
若い人とはなかなかじっくりお話する機会も無いですから、ロドスタの事で本音の部分を語り合えるのはとても有意義なものがありますねぇ。

本庄で(鹿よりか)5秒も遅いトロくさいおやじですが(涙)、見捨てずに付きあって下さい〜。(土下座)

DAPさん、

>皆様、良い事でも悪い事でも車に関する事では本当に楽しそうで、自分のカーライフを鑑みて時々ハッとさせられます

DAPさんも充分に楽しんでおられるように思うのですが!? (笑)
この場合の基本は、
「車ぐらいは好きなのに乗ろうよ」
という事と
「好きな車に乗ってる時ぐらいは楽しくやろうよ」
...って事でしょうね。

>世界レベルのドライバーでも、あの車高とラリータイヤではいかんともし難い
いやぁ......別の日に恐らく同じ車が走るのを見てますけど、あの使いっ古しラリーターマックで本庄を
「レーシングスピードで」
「グリップ走行する」
事自体がすでに異常だと思って見てました。
#まったくスライドさせないんですよね......(滝汗)

あの方々のレベルってぇのは、ちょっと素人目では想像もできないレベルにあるんだと言う事が確認できて、わたしゃ大汗かいて見てました。

イノウエさん、

>PWRCは名称が変わったので改造範囲が広いように思いますが「グループN」
...あ、そういう事なんですか。
本庄を走るインプもウルトラ静かなんですよね。(汗)

おやじさんお疲れ様でした。
また遊んでください。

>皆様、良い事でも悪い事でも車に関する事では本当に楽しそうで、自分のカーライフを鑑みて時々ハッとさせられます。

ネタ人生なんて歩むもんではないです。
まっとーなロドスタライフがイイです(^^;


>イノウエさん

45周年第二弾買いました!!
037とS4が…感動。

>鹿さん

感動して頂けてよかったです。

ちょっと短いですが037、S4の本気走りは凄いです。
ナレーション無し、映像と音だけが迫力を倍増しています。

モンスター田嶋のエスクード、コーリン・マークレイの4輪ドリフト、栗津原のイグニス(とても軽ベースとは思えません)、オーリオルとカンクネンのセリカも凄かったですが「ランチア」との差は歴然とありました。

追伸
ホンダF1のエンジン凄いですね。
タルガフローリオの公道レース、凄いですね。公道を本物のワークスマシンが走るのですから。

>イノウエさん

ホント買って良かったですよ♪大変満足です。

>ちょっと短いですが037、S4の本気走りは凄いです。

037は非常にかっこいいです!!
S4はその危うい挙動が凄まじいです(^^;
ストラトスがホント短くて残念でしたけど。。。

エスクードとマクレーは以前CGTV総集編で
見たことがあるのですが
シトロエン・エグザンティアは知りませんでした。
あの加速は以上ですね(^^;

F1のレーシングのレスポンス…すげっの一言っす。

あちらは素人が参加できる
公道ラリーなどあって楽しそうですよね。
車文化の差を非常に感じます。

鹿さん、

>まっとーなロドスタライフ
......う〜んと、......そんなんとっくに忘却の彼方ですがね。(笑)

イノウエさん、鹿さん、

>45周年第二弾買いました!!
まずい...本屋に行ってる暇が無いぞ。(汗)
#めちゃ面白そうなんだけど......(大汗)

メンテナンスで書き込みタイミング逸してました、すみません。

>イノウエさん
ご指摘有難うございます、以前のアライ氏のお車はグループNと書いていたのですが別の知人から「PWRCでは?」と言われその方が分かりやすいかなと書いてしまいました。

DAPさん、

>メンテナンスで書き込みタイミング逸してました
どーもすんません。
ココログは定期的に使えなくなります。(汗)
ま、その都度確実に進化してくれてるので結果的にはモンク無いんですけどね。

>グループN
原則的にエンジン本体無改造他改造制限多数のこのレギュレーションでも、実際の車はクソ速いです......(大汗)

DAPさん

PWRCはプロダクション世界ラリー選手権で、この選手権で戦う車両のレギュレーションがグループNです。
ちょっとややこしいですね。

WRC、世界ラリー選手権の車はWRカー、今年のJRC、昨年までJWRCと言われていましたがスーパー1600というカテゴリー、2リッターのスーパー2000もあります。
とにかくラリーはクラスが多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トドメ! (笑) | トップページ | 国立でお花見 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter