カテゴリー

無料ブログはココログ

« 次回の走行会準備開始 | トップページ | ブリケッラ ワイン »

2007年5月10日 (木)

ゴージャスに...?

5117HMに載っているG161Wエンジンである。

写真は5年前のレストア時、名手"どらえもんT氏"の手により調整中の頃のもの。

時が過ぎて長年お世話になった埼群いすゞは解散し名手も去った。

この161Wを、今からきちんと楽しいエンジンに組み直す腕を持っている人はもうそんなに多くは無いだろう。
例えば別所自動車 の国母さん、オートハウスハルキ のおやじ、あるいはアクエリアス スポーツあたりが確実な所か。

#あとお願いする根性さえあればカツユキ レーシングサービス (KRS) でも180ps仕様を作ってもらえる可能性が有ります。(大汗)



一方のロドスタ界ではまだまだ元気なショップがたくさん頑張っておられて、とりあえず客の側の大概の望みはかなえてもらえると言う例がこちら。

P1000161BPを4スロ化しフリーダムで制御するスーパーゴージャスエンジンだ。

#色んなパーツもそれぞれカネかかってますから、この中にロドスタが一台入ってそうな感じです。




P1000164比較参考用に娘NBのノーマルBPの様子。

とりあえずのタワーバーとe-マネで燃調補正している以外は、な〜んにもしてません。





これは、今となっては立派な中古車のNAロドスタだけど、きちんとお金かけて作れば素晴しく楽しい車ができると言う例なのである。
(同様の事をボディも含めてトータルで提案しているのがフルビアート
こちらは一見して高級外車スポーツカー専門と見られがちだが、実は曽我部社長が大のいすゞ好きでもある。)

んで現実のロドスタの話に戻るが、実は娘NBの例のようにノーマルエンジンでも最低限の手当てをしてやれば、絶対的な速さでは適うべくもないとしてもそれなりに充分に楽しい車になると言う事は筆者も事実として経験してきた。
そこからさらにパワーが欲しければ、ど〜だの

鹿エンジン(サスのリハビリ中なので写真は載せられません)
とか、
たなぼたエンジン(只今コワれてますので写真はダメです)

に組み直せば確実に楽しさ倍増となるわけなのだけれど、もちろんそれなりのお金は必要。
それは上記のゴージャスエンジンに比較すれば僅かな金額であるのかも知れないけど、ちょっとお小遣いでってな金額ではすまない事は事実だ。

ま、しゃぁない、ビンボ人はノーマルで我慢してせいぜいヒトから貰ったパーツで気分だけごまかして走ってるしかないわけよ......(しくしくしく)

てな調子でしみったれている筆者の日常ロドスタ生活なのだけど、......意外とね、コレはコレでとっても楽しいのですよ。(笑)


まだまだ自由にイジりを楽しめるロドスタと、最早選択の余地が無くなっている117(動けばラッキー)、それぞれこの先も付きあって行くためにどんな選択をして行けば良いのか?と言う事をつらつらと考えるわけです......

どちらも楽しく乗り続けたいんだもの。

« 次回の走行会準備開始 | トップページ | ブリケッラ ワイン »

e#おやじな車生活」カテゴリの記事

コメント

クーペに限らずいすゞの車自体見かけなくなってますから、対応できる店も限られてきますよね。私のG200もハルキさんにてOHしていただきました。OH後4万kmですから、エンジン自体は快調です。
ただ先日Fハブナックルが折れるという事態に陥りましたが、四方山果無さん経由でPAnetへ情報を流して頂き、部品も奈良のkeijiさんに分けて頂きました。近々復活予定です。PANet方々に感謝感謝です。

80XEさん、

ハルキおやじはお元気でしたか?
あそこは、私もいずれ襲いに行くつもりでおります。(笑)

117のパーツ不足にはほんとに困らされますよね。
keijiさんは非常にマメにパーツを収集しておられ、その上で必要な人には惜しげも無く提供して下さると言う大変な「人物」であられます。
こんな状況下ではやはり各自が常に廃車なりに目を光らせてパーツ確保に努める必要があるでしょうし、またこのようにパーツを分けて頂いた場合も金銭等のお礼よりもいずれは「keijiさんがお困りの時に助けてあげられるような準備」に努めると言うのが正道なのではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次回の走行会準備開始 | トップページ | ブリケッラ ワイン »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter