カテゴリー

無料ブログはココログ

« ポン付け | トップページ | 父の日 »

2007年6月17日 (日)

取り付け偏 1

それでは取り付け偏スタートです。

ここを見て下さってる方ならとっくにご存知の事ですが、この筆者はあくまでもドしろうとであり以下の記事は単なる「しろうとが考える」レベルの物である事をお断りしておきます。

#SIGMAの生産元であるイーストベアースポーツの「おやじ」さんから「好きに書いて良い」と言う許可を頂いたので頑張って真面目に書きます。


P1000250まず最初にやる必要があるのがロドスタ側カーペットをカットする事。

この部分、デフォ状態では純正シートレールの取り付け金具をクリアする程度に最初からカットされているのだが実際の金具との位置関係がズレている場合がある。
今回のSIGMAシートレールの金具は純正よりも取り付け部分が大きめなのでこれをクリアする程度に大きめにカットし、さらにカーペットの下に隠れている防音シートもカットする。
#これによりフロアと金具が直に接した状態の最も低くかつ強度的にも不安の無い形での取り付けが出来る。
#ズボラを決め込んでカーペットを挟み込んだ状態と比較すると-2mm稼げる。


P1000251部分拡大。

手前の穴は純正レールの位置だし用ピンが刺さる場所。

フロアの色が気になる人はこの段階で缶スプレーでも吹いておけば良いだろう。
#筆者の場合は、もちろん気にしないのでそのまま。(笑)
#カーペット丸ごと剥がしちゃう人も少なくないのだし。(爆)


P1000252次にNAの人がやる必要があるのがシートベルトアンカーのカバーを外す事。
(事実上カバーを切らないと外れないですからカバーの再使用は不可能)

これはこのレールのようなぎりぎりの取り付け状態になるものではカバーが干渉してしまうため。

« ポン付け | トップページ | 父の日 »

c/a_シート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポン付け | トップページ | 父の日 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter