カテゴリー

無料ブログはココログ

« なぜサーキットなのか? | トップページ | 黄桃 »

2007年9月 5日 (水)

なぜ? 2

フツーのど素人が最初にサーキットに乗り込む時の心情は概ね以下のようなものであると思います。

すなわち、
「サーキットっつったって所詮みんな素人でしょ? ......オレが負けるわけないじゃん!」
「さんざお山でバカやって走り込んでるんだからそんぞょそこらのコゾーなんか問題にならないって」
「...いきなりコースレコード出ちゃったらどうしよう〜♪」(←おバカ)

結果は、ウォームアップランを終えた最初の1コーナーであっさり現実のものとなります。

つまり、
「...へっ? みんなそんなもの凄い突っ込みするわけ!? ウチの車そこまで止まんないんですけど!? ...つか、ターンインしたらその後もう立ち上がりで前に車が居ないんですけど...」
「コゾーどもにあっさり置いてかれてるんですけどぉ!?」
「いきなりドベになったらどうしよう......」(滝汗)

ま、だいたいはそんな感じでしょ。(笑)

んで、まぁそこは「お猿さん」としてのプライドがありますからそこからは必死に100%自己最高記録連発で走るわけですよ。
で、ほどなくして再度気づかされる事になります。
「オレの車って、止まんないじゃん」(汗)
「おまけに全然曲がんないし」(汗)
「パワーも全然足んねーし」(汗)

「つか、オレって遅いんじゃん!!」(滝汗)

こうして己の姿を正しく認識する事で真の「お猿」への道筋が開かれていくんですね。(笑)



まぁ「お猿な人種」はほっとくとしても、一般フツー人としても自分の車と自分の腕がどういう状態であるのか?という程度の事は認識する必要があるのではないかと思います。

« なぜサーキットなのか? | トップページ | 黄桃 »

e#おやじな車生活」カテゴリの記事

コメント

 少なくともクローズドコースを走るようになって
“車で走る”ということを色々考える様になりました。
 公道だけ走っている限りでは、そもそも疑問すらでて
来ないような「なぜ?」がいっぱいです。

 そんな疑問が出てくるというコトだけとっても、車趣味の
幅を広げてくれるんだと思いますね。
毛嫌いせず一度は走ってみると良いと思います。

U-5さん、

>公道だけ走っている限りでは、そもそも疑問すらでて来ないような「なぜ?」がいっぱい

です。
ま、得るものも多いんですけどね。「なんだ、ここまで踏んでよいのか」とか、「サーキットでもコレはダメなのね」とかね。(笑)

まぁできる事なら修練を積んで、安全に楽しく長く走り続けて行ければ良いなと思っています。

もしくは
公道で『ここまで!』と決めていた限界を
超えて試せるのもサーキットですね。

まあサーキットでも危ない場所はあるので
その辺の判断はなんら公道を走るのと変わりませんが。

いや、なんと言っても明るいコースで対向車が滅多に来ない
という事は素晴らしいです。
私のサーキットデビューは「えびす」でした。
いきなり予選、決勝グリッドスタートで2番グリッド
1番はNSX-R 3番はカレラカップもどき?だったかな
5コーナ?でNSX-RのインをついたらNSX-Rがスピンして
コース外へ・・・怒られると思って一生懸命逃げたけど
ゴールは同じ場所なんだよね。
結果はレースは2番手・・・ポルシェのブレーキに負けた。
ベストラップは3番手、1番は猛追のNSX-Rだったと思う。

エボ2 ブースト1.5なんてのを乗ってた時のおもひで。

ほら、F氏はクローズドコースで

>対向車が滅多に来ない

なんだもん。レベル違うっす(;△;)/

こちらにも取り急ぎお礼まで。
交通安全「手を挙げて横断歩道を渡りましょう」
松崎誠でございます(^^

AUDIのブレーキも根を上げなかったのを思い出しました。
裏山の峠から攻めて下って来ても、煙は上がった試しはありませんでした。
国産では峠の途中からブレーキが甘くなって攻められない状態になります。

バネレートを上げると曲がらなくなる。
ワイドタイヤを履かせると曲がらなくなる。
理由は色々とあります。でも、バネは上げないと不安定になるし、タイヤもある程度は広くないと踏ん張らないし。

フロントに荷重も掛けなければ、コーナリングフォースも得られませんから、こればかりは。
悩みは尽きません。

鹿さん、

>公道で『ここまで!』と決めていた限界を超えて試せる

はい。
ウチもボチボチその方面を始めてみます。
デフなし・つっかえ棒サスだけど、まぁいいかって感じになってきた。(笑)

U-5さん、

>対向車が滅多に来ない
あう、おいしいところに真っ先に突っ込まれてるし。(汗)

「ふ」さん、

>エボ2 ブースト1.5
...あわわわ、常時1.5バール!?
......400ps仕様ですかいな。(滝汗)

ほんとにもう、シモニタのお猿さんは怖い人ばっかなんだから...
いつかの娘を同乗させてくれた時の話を思い出します。
「すんごい丁寧でスムーズな人だよ。パパよっか全然速いかもね」

まぁそりゃね、比べる相手が間違ってたという事です。(しくしくしく)


gopさん、

>「手を挙げて横断歩道を渡りましょう」
はいはい。
わたしゃサーキットでは常に両手あげてますから。(笑)

ハッピーリバーさん、

...ブレーキ・タイヤ・バネ・荷重と悩みがつきないですけど、裏返せばそんだけ楽しみがたくさんあるという意味でもありますから私らのこれからのジジィ人生も飽きてる暇もなく過ごせる事でしょうね。(笑)
みんなで精進いたしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜサーキットなのか? | トップページ | 黄桃 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter