カテゴリー

無料ブログはココログ

« 10.26本庄走行会募集開始 | トップページ | モンスター田嶋1007馬力のマシンを操る »

2007年9月18日 (火)

お宝が到着

久しぶりのJazz&Audioネタです。(汗)



P1000405 マイルスの"COLLECTERS' ITEMS"
限定220/5000のナンバー付・当時モノ

"銀巴里セッション" 1963,6,26
若き日の山下洋輔氏の演奏が聴ける貴重な盤である。

ほかに10インチ盤やドーナツ盤まである......




知人のお父様が家を建て替えるにあたり古いレコードを処分すると言う話が舞い込んで来た。
なんでも古くからのJazz愛好者であり数千枚規模のレコードを所有していたのだが、以前に一度大半を処分し現在はその中のお気に入りのものだけを500枚程度残してあって、これも今回捨てようかと思っているのだとか。

......ち ょ っ と 待 っ て く れ  !  (滝汗)

例の野口久光先生の遺品レコードの話に限らず、高齢の方あるいは亡くなった方の遺品として出るこれらの超貴重なレコードやAUDIOに関しては、実際の所は何もわかっていない業者の手で二束三文で引き取られたりあるいは本気でゴミとして処分される例が未だに後を絶たないようで、このような素晴らしい文化遺産が散逸してしまう事については筆者も以前から心を痛めている一人でもあったから今回の話には一も二もなく乗らせていただいた次第だ。

幸いにして今回の持ち主はまだまだお元気であられる事から今回は筆者が「お預かりする」と言う形にさせていただいた。
ちなみにお宅の方には他にやはり数千枚のCDがあるとの事。(汗)

とりあえず筆者自宅に無事運び入れたレコードはまだ詳しくチェックできていないものの、さすがにキャリアの長い聞き手の持ち物だっただけあって非常に古いものが数多く混じっていた。
もちろん所謂マニアではないごく普通の聞き手であるから購入するのも近所の馴染みのレコード屋であり、従って洋盤でもそのほとんどは国内プレスである。
ただし国内モノとは言えその初回プレスであった可能性が高いものが多く含まれている。

例えば米BLUE NOTEレーベルなどの本国初回プレスなんて言ったらとんでもない値段がついている事も珍しくない訳だが、今回入手した国内プレスでもその初期のプレスではむしろ筆者的には本国モノよりも好ましい音質になっている場合がある事を以前確認しているのでこれは凄いお宝になりそうな予感がしている。

とりあえずこれで向こう数年間は飽きる暇もなくJazzを楽しめるネタが出来たと言う事か?



P1000406さらにレコードの山の中からこんなものまで出て来た。(笑)

言わずと知れた"SWIFTY"さんのご本とSHURE V15-Type3

このセットにはつくづくご縁があるようです...(笑)



 


譲っていただいたお父様に心より感謝申し上げます。

んでこの場合、もちろん最近のご時世からすればオークションにでもかければそれなりの値が付くであろう事は明らかなのだが、それは持ち主の方が望んでおられる事ではないのでこれらの品は永久に筆者の手元に残る運命となった。
とりあえず少し出ているカビをきれいにし、500枚の外袋を調達してみましょうか...
#以前おっしゃってたレコードクリーナーってどこで買えるんでしたっけ? >パンジャさん


まぁでも、じゃ筆者が死んだ時は?ってなると...?
その時は娘次第でどうなるかわからないので(笑)、その場合はこれを知っている方が娘に連絡してみてくださいな。

« 10.26本庄走行会募集開始 | トップページ | モンスター田嶋1007馬力のマシンを操る »

b#おやじなJAZZ&AUDIO」カテゴリの記事

コメント

こう言う話し、何処にでもあるんでしょうねぇ。
我々のお宝は死後どうなるのでしょう?只のゴミ(@@??

似たような話は良く聞きますねぇ、最近。
ウチの嫁さんは「あなたが死んだら全部産廃」
と言い切ってます。
嫁さんに1万円程度握らせて、欲しいものを全部
持って帰った人が偉いと(笑)
腐ってカビて錆びて産廃になるよりははるかに
ありがたいと感じます。

モノに対する気持ちや思いを伝承する事は
どうあがいても不可能だと感じます。

おお、すばらしい!
僕もそんな風にして大量の落語レコード(「圓生百席」を含む数百枚)をいただいたことがあります。嬉しいものですよねー。

先日聴いていたJohn Coltrane "Plays Blues" がよく見てみたらAtlantic盤で、しかもサウンド・エンジニアは、 おお!Tom Dowd(先日お貸ししたDVDのレイラのおっさん)。
左右の分離がすごくていかにもTom Dowdっぽい。 こんな盤、持ってたんだ、オレ(笑) とびっくりしました。
これもどこかから舞い込んできたレコードなんですよね。

いつぞやお伝えしたレコード・クリーナーは「レイカ:バランス・ウォッシャー」です。僕は「最安値」のその筋で有名なナニワ電業社から通販で購入したのですが、今はもう扱ってない様子。
ディスクユニオンの通販でも売ってるみたいですがチョト高い(と言っても定価だけど)ですね。
僕もそろそろ2本目を買わなきゃいけないので、仕事に飽きたときにでも探してみます。

すいません。
レイカの情報、ヘンなところ「HM帰宅」に書き込んでしまった……(^w^;)

gopさん、

>我々のお宝は死後どうなるのでしょう?
そりゃぁもう...

>只のゴミ(@@??
間違いなくそうなる運命でしょう。(笑)

まぁでも、gopさんの膨大な「てっちゃんネタ」に関しては事前に鉄道博物館に寄贈予告されといた方が良さそうな気はいたします...
(臓器提供カードみたいなもんですか)

worksさん、

>似たような話は良く聞きますねぇ、最近。
Jazz&Audio方面ではもう20年も前から頻発してます......
「(評論家の)○○先生が亡くなったよね」
「...残念だったよねぇ」
「下世話な話で申し訳ないけど、先生のあのAudioとレコードの山はどうなったの?」
「奥さんフツーの人だったから、全部捨てたみたい」
当時「日本いちマトモな音がするJBL#4343」と言われていた某1セットの末期がこんな感じでした。(涙)

>ウチの嫁さんは「あなたが死んだら全部産廃」と言い切ってます。
......うん、それは奥様が正しいかも。(爆)

>モノに対する気持ちや思いを伝承する事はどうあがいても不可能だと感じます。
ウチの娘ですら「おやじが死んだら117は捨てるぞ」と言い切ってますもんね。(号泣)

パンジャさん、

...すんません、強制お呼び立てでした。
カビがちょっとヤバそうだったんです。
>「レイカ:バランス・ウォッシャー」
はい、ありがとうございます。早速探索してみます〜。(感謝)

>Tomおじさん
アトランティックのこの時期のコルトレーンってこのおじさんが絡んでるのが多かったんじゃなかったでしたっけ!?
ほとんど名盤の宝庫みたいな時期ですもんね。

#レコードお山を捜索してみます。

>臓器提供カード
面倒なのでいろんなところにおいてます(笑)
個人的には使えるものは全部ご自由にどうぞっ
てな感じです。

しかし、モノに関して「死んだ後まで口出ししたく
ない」と言う気持ちが大きいので遺言は嫌だ(笑)
死んだら皆で好き勝手してくれれば良し。

「お宝」は「お宝」と思う人にとっては「お宝」で、そうでない人にとってはただのゴミなのでしょう。自分が存在しなくなった後はもう意識の外なのですが、出来れば産業廃棄物ではなく、「お宝」と思ってくれる人のところへ引き取られ、その人に一時の喜びを感じてもらうのが最良なのじゃないかと・・・・。

秋田から帰ってきました。
18日盛岡に泊まって、翌朝秋田こまちで秋田入り。
(盛岡についたら秋田行きのバスがある
 えぇー東京じゃそんな話なかったぞ。
 このことを秋田で言うと秋田の方も知らなかった)
今回は、奥羽本線男鹿行きに若干乗りました。
もうラッセル車両の整備もしていましたよ。
なんて、違う話題を書いている場合じゃない。
うちの産廃は、某自動車メーカーに勤め始めて2年目の長男のところに行くと思います。いまでも時々行ってますので(笑)

worksさん、

>個人的には使えるものは全部ご自由にどうぞっ
てな感じです。
現実には最も持ってってほしい仲の良かった友人は遠慮してしまったり、あるいはご家族がそう言う方面への連絡をされるのがどうしても後回しになったりで、結局の所ツラの皮が厚いバカ知り合いがかっさらって行って売り飛ばすとかつまんない結末になってますね。

ロドスタ方面に関しては、最後は全部ど〜だに寄付するとかね。(爆)

四方山果無さん、

>「お宝」は「お宝」と思う人にとっては「お宝」で
はいはい。まさしくその通りでして。(笑)

明らかにゴミだろ?と言うその「ゴミ度」がより高いほどやってる当人の喜びが大きかったりするところに問題があるのだよなぁ...(爆)

イノウエさん、

秋田出張お疲れさまです。大雨の影響は無かったのでしょうか?

>うちの産廃は長男のところに
引き取り手が確定してる数少ない例、と言う事ですね。おうらやましい。(笑)
んでもイノウエさんトコはあの二輪の方こそ大変なのでは? (ぼそ)

>>イノウエさんトコはあの二輪の方こそ大変なのでは? (ぼそ)

はい、その通りです。
素人があのようなマシンを持っちゃいけませんね。
ワークスの動態保存・・じゃなくガンガンに乗ってますからね。
(実は、ヘルメットも全日本チャンピオン獲ったときのがあるのです)
でも、アルミ合金のディクスブレーキローター、パーツが無いので、交換時は鋳鉄の重いのに交換か・・・これは避けたいな。

秋田、岩手と山間部、凄い雨だったことが分かりました。
秋田市内は、とくに問題なかったです。
岩手市内もとくに問題はないようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10.26本庄走行会募集開始 | トップページ | モンスター田嶋1007馬力のマシンを操る »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter