カテゴリー

無料ブログはココログ

« りんご収穫開始 | トップページ | 初物りんご「トキ」が到着 »

2007年9月28日 (金)

さて書ききれるか...?(汗)

えー、世の中には「ゲシュタルト崩壊 」と言う現象が存在するのだそうであります。

いきなりナニを言い出すんだこのおっさんと驚いた方にはお詫び申し上げつつ、......いやね、最近の自分の記事のタイトルを見てたら、ふと某パンジャさんのお言葉を思い出したのですよ。
曰く、
「ワシャ同時に6件の仕事をこなそうとすると確実にゲシュタルト崩壊を起こす」と。
...いやいや、これはもうさすがと言うべき事なんでしょう。(笑)
#ここの筆者なんか三つの事が同時進行したらもうダメです。6なんつったらたぶん人格も崩壊しますから。(汗)

#日替わりでまったく違う分野の記事書いてて、ナニ考えてんだこのおっさんは?と言う事を書いてる本人が気づいて少々焦ったと言うだけの話なんですけどね。(笑)

.........

さて本題です。
お話はここを見ているロドスタ乗りなら確実に見ているであろうはずの某掲示板からの拝借です。ネタもとの発言は某シモニタのたくさんあるお山のうちのひとつのボス猿からのもの。
(あの地域には数十人のボス猿が居るんですよ...)(大汗)
本来ならそちらの掲示板に書くべき内容なんですけど、これは明らかに長文になる事が予想されるため自分のblogの場に置き換えて書いてみます。
(某掲示板の家主さんと某ボス猿さんは、どうぞご容赦のほど)

と言う事で、......ここでの発言自体は言わば小猿どもに向けたひとつのアドバイスであるわけなんですが、そもそものテーマは「コーナーへの進入速度をどうやって見極めるか?」と言うものに対しこちらのボス猿さんの提案は「お山の登りを"ノーブレーキ"でやってみろ」と言うものであったのでした。

ふむ...

これって...

もしかして筆者が今悩み続けてひとつの可能性としてトライしようとしている考え方に近いものがあるんじゃないのか!?、と。

群馬のお山ってのはそのほとんどが相当な高低差があるためこの場合のような登りでは単なるアクセル完全オフだけでもそれなりの減速を得られる事になるわけでして、また3速からのトライであれば2速へのシフトダウンによる減速と言う手段も使える事になります。(117デフォの筆者の場合、基本的に1速は使いません。なんせミッションが信用できないですからね)

...とは言えここでの話はあくまでもロドスタの、それも相当に「お猿」なレベルでのお話ですから、当然7,400以上のレブまでフツーに回した上での事なんですよね。ロドスタの3速レブはぬふわkm/h以上行きますからこれは相当に怖い世界である事が容易に想像できます。(滝汗)
従って当然ながら実際のコーナー進入は相当に手前からのアクセルオフが必要な事はこの某ボス猿さんも書いていますし、恐らくややオーバースピードで進入して曲がらない車を曲げるための「フェイント」「シフトダウン-ドリフト」が使われている可能性もあると思います。

このようなトライをする前提としてそのお山は自分のデフォのお山である事は必須でしょう。
それぞれのコーナーがどう言うものであるか自分の体に染み渡って理解している必要があるのは言うまでも無いこと。
いつものお山、いつものコーナーを、これはいつもとは違ってノーブレーキで曲がるためにはどうしたら良いのか考える、......これはとっても興味深いトライになるのではないかと思うのです。

実際にはこれは特にクソ速い車どころかフツーのノーマルエンジン車であっても相当に困難なトライになるのは明らかでしょう。
いつものコーナーでブレーキングするその遥か手前からアクセルは完全オフ、......それでも恐らく車は大した減速を得られずに恐ろしい速度でターンインする事になるんでしょうね。(怖わ〜)
従って最初のトライは「物凄く手前から」アクセルオフして相当にヘタレな速度まで減速してからターンインし、徐々にアクセルオフする位置を奥に移して行くと言う作業になるでしょう。

この場合に注目すべきなのは、これでのターンインは通常のブレーキングからのターンインと違って前加重がほとんど得られない状態でターンインしなければならないと言う点です。つまり間違いなくオーバースピード+前加重ゼロによる盛大なアンダーがセットになっていると思った方が良いわけで、もちろん上の方で書いた「ドリフト」的な操作はこのボス猿さんの場合は最初から脳裏に無いでしょうね。
すなわちこの最悪条件でもアンダーを出さないで曲がれる限界状況を探ってみろと言う事をおっしゃっているのではないのかと思うわけなんです。

仮にこのような事が実現できた場合、要はこれがそのコーナーに対する自分の車のひとつの基準になると考えれば良いわけで、実際の通常の操作でそれよりも高い速度で進入する場合はブレーキとそれによる前加重から来るマージンに見合う範囲を見込んだ速度で進入すれば良いと言う理屈になります。

実際には多くの場合経験と勘から割り出されるコーナーの進入速度の限界をこのようにして基準化しある程度数知的に計算できるようにすると言うこの作業、いやこれは素晴らしく的確かつ非常に理知的な方策であると思います。

いやぁ〜、やっぱりさすがとしか言いようがないですよ、>某ボス猿さん

いやぁ、この考え方は(筆者の憶測で合ってるのだとすれば)すんごいです。



んで話は最初に戻るんですけど、こんな事して同時にいろんな事考えて色んな操作をしてってな状況でもっていつもあたふたする筆者がどう言う事になっているのかなと言う疑問に対する答えがここで出たわけなんです。

#あたしゃ運転中にゲシュタルト崩壊してたんですがね......(滝汗)

« りんご収穫開始 | トップページ | 初物りんご「トキ」が到着 »

c#おやじなロドスタ」カテゴリの記事

コメント

>崩壊
「無駄に考えすぎて堂々巡りのいっぱいいっぱい」
だと理解しているので、
何事も気楽に暢気に楽しむ と。
単に私の場合は向上心が無いからそれで済む(笑)

私の裏山を走ると、どうしても気になる点があります。
私の走る位置と、爆音君達の走って残っているブレーキ痕の位置が違うのです。
勿論、私は滅多な事ではブレーキ痕は残しません。

走りながら「何でこんな所でブレーキ踏んでいるの?」と思っています。
「これだと折角の道路幅を使い切っていないのじゃない?」
走り込むほどに、道路の中でも走れる箇所は缶コーヒー一本分位しかないと分かっている筈なのに。どうしても理解できない現象です。

書かれているように、無駄に考えない事です。
自分のスタイルを通すべきです。

ゲシュタルト心理学、ちょうどウチの女子大生が勉強しております(^^

で、E.R.F.C.(ユーノスロードスター・ファンクラブ)今年の清里MTGは10/28。
猿山で楽しんだ後、文化的なロドスタ話を聞くのも宜しいかと。
http://erfc.sakura.ne.jp/

昨日、6つが4つに減りました……(^w^;)

ふう。

あ、リンゴとナシ、お願いしちゃいましたー♪

え~~実は昨日昼から半休にしてレンタカー(ビィッツ)を駆り猿ヶ京温泉~白根山~草津温泉と渡り歩き無事帰宅。
 当然群馬のお山を走り回って参りましたが何せミッションが例のCVTなんで不如意・・・と思うでしょ?
 実はミッションが云々以前に地元オバサマの軽四輪にひっかかって時速40KmMAXでした。
 オマケに草津から白根のワィンディグロードでは埼玉3ナンバーのおぢさまローレルにひっかかりこれ又時速40KmMAX。
 単にストレスが溜まっただけでした。
やっぱスロットル全開ならバイクで行くかサーキット?(イライラ)。

私もビッツのレンタカーで痛い目に合いました。

とにかく走らない。踏んでも走らない。ストレスばかり溜まりました。
経済性の為に、ガソリンの流入に相当の制限がくわえられているようです。

二度と乗りたくない車の一つです。

おやぢさん!自分のブログでも無いのにすんません。
ハッピーリバーさん
>>二度と乗りたくない車の一つです。<<
 おおお~~っと・・・アセアセ・・・あの・・・そこ迄書かなくても・・・事実ですが(自爆)。
 例のプリ薄暴言事件以来一度は乗って見て評価しなきゃと思い廃ブリット車をリクエストしたら「あれ人気が有るんで予約しないと無理です」と断られ流れでビィッツに。
 まあエンジン以前にタイムラグは大きいしキックダウンも円ぶれも効かない訳で大衆車クラスでもCVTではムリムリ。
 まあ「とりあえず動く便利な道具」レベルです。

 

あわわわわ、コメントがいっぱい溜まってる......(滝汗)


気を取り直して、

worksさん、
>「無駄に考えすぎて堂々巡りのいっぱいいっぱい」
そうそうそう。私もそう思っていたのですよ。
「ヘタな考え休むに似たり」ってヤツですか?
それがねぇ...
あのしゃちょがねぇ...

なんか鹿の顔見るたんびに「お前はもっと考えろ」と説教してるのですよ。もう常に毎回、です。
そうなるとこっちだってちょっと興味が湧いてくるじゃないですか。
#...しゃちょのあの走りは常に「考えて」ああなってたのか!?
#周回ごとに違うライン/ブレーキングになる(笑)のはむしろ積極的に試してああなってたのか!? って。

なのでここは少し笑うのを控えて(笑)じっくり観察してみようかと思ったわけです。
......なるほど、いかに進入がとっちらかろうがあの人の場合は立ち上がりできっちり帳尻を合わせる走り方をするんですね。
簡単に言うとアンダーはほぼゼロのクリップ過ぎた瞬間から全開と言う理想的な立ち上がりをちょくちょく見せるのには私も気づいてたんですけど、
.....アレってヤマカンが当たったときの現象と言うわけではなかったのねって。(大汗)

ハッピーリバーさん、

>爆音君達の走って残っているブレーキ痕の位置
今時まだしぶとくお山で走ってる若者たちの大半はドリ屋さんですよ〜。なのでラインもブレーキも丸っきり別の使い方をしてます。

#某群馬のお山にはこの子たちのラバーが乗ってサーキット以上のグリップを得られるコーナーが少なからず存在いたします。(爆)

>自分のスタイルを
これねぇ、私の場合はヨソ様に誇れるような「ワシはこれなんじゃ」と言うスタイルを確立できていませんので(...っつーかそもそもする気がないので)面白いもんを見つけたら即座に食いつきますねぇ...(笑)

gopさん、

>ちょうどウチの女子大生が...
わっ、そんな大きな隠し子さんがおられたのね(あわわわわわ)

>今年の清里MTGは10/28。
ありゃま、そこの休みは100%無理です。(涙)
NAが無事な内に(笑)必ず参加いたしますので今回はご勘弁くださいませ。

パンジャさん、

>昨日、6つが4つに減りました……
すんごい、ちゃんと減らすよう努力されるんですね。(笑)

私が同時に6件の事案を抱えたとしたら取るべき手段は...
1,忘れる。(笑)
2,逃げる。(笑)
3,どっかに埋める、もしくは自分が埋まる。(自爆)

>リンゴとナシ
どうも恐れ入ります。出来る限り上等なものを手配させていただきます。(ぺこり)

うんちくセンパイ、
...ここはハッピーリバーさんも取りまとめさせていただいて宜しいですよね。

>ヴィッツ
通常お山で遅いのヘタなのガラ悪いのに引っかかったら強引にパスするかこちらが一旦停車してしばらくやり過ごすかの二手なんですけど、......そうですか、なんかしようとする気も起きないほどのレベルであったと言うわけですね。(笑)

CVTで遊ぶには「左足ブレーキ」が必須になります。シフトは無視。
ある程度走ってみればトルコン同様にシフトの癖が掴めますからそれなりの対処はできるはずですよ〜
(わたしゃ結構好きですけどね)(笑)

ビ、ビッツのレンタ評価はボロ○ソじゃないですか・・・。
私はそんな事口が裂けても言えません。こちらではトヨタ様ですもの。
でももし乗るんだったらFit買うかな?(ボソボソ)

色々な車に乗ってきました。
もう一台、二度と乗りたくない車がセルシオなのです。
この車は運転する車ではなく、乗る車です。
運転しても、全く面白くないのです。運転している時間が、無駄に思えるのです。

クーペは、今の車からするとボロいのですが、運転していて楽しいのです。その違いです。

車貧乏な私の場合、
「どうやればその車で楽しめるか」を考えます(笑)
んで、
「無理なら諦める」

下手なので、車の設計思想を推定しつつ楽しむ事
を心がけるようにしてますよ。

でも今までで一番楽しかった車(NA除く)って
「自分でハイコンプにしたスバルR2(2サイクル)」
だったかもしれない(笑)
性能ではない「感性」の部分が大。

>>リンゴとナシ
>どうも恐れ入ります。出来る限り上等なものを手配させていただきます。(ぺこり)

いや、注文したと言いましてもお願いしたのは最安値の「傷果」(^w^;)
だってあちらの果物、それでもじゅうぶんおいしいんですもの、奥様。(誰?)

んが~~、帰ってきたのに117号に乗れなくてフラストレーショーン!( ̄w ̄;)

sugimechaさん、

>ビッツのレンタ評価はボロ○ソ
...になってますねぇ。(笑)
わたしゃレンタカーのぼろカローラでも楽しめますけどね。
#ほうほ、FFのドリフトってこうやれば良いわけね...
(オレんじゃないし)笑
(最終的に壊さなきゃOK)笑

チープな車の方が基本的な特性が強く出るので逆の意味で面白いですよ。(爆)
ちなみに「アルト バン」はサイコーです。わはははは。

ハッピーリバーさん、

>二度と乗りたくない車がセルシオ
いやまたそんな、アレは三河の最高級車じゃぁないですか。またsugimechaさんが泣きますよ。(笑)

ま、私はそもそも乗った事も触った事も無いですからノーコメントですけど。(逃げた)

worksさん、

>車貧乏な私の場合、
...「貧乏」っスか!? (大汗)

「どうやればその車で楽しめるか」を考えます(笑)
ですね。FF/FR/MR/RRぐらいはなんぼなんでも走ればわかるけど、四駆?フルタイム?お助け?、あるいはパワーどんくらいだろ?もしかしてDOHC?おおターボじゃんみたいなファーストインプレッションって楽しいです。

>んで、「無理なら諦める」
何がなんやらわからん車ではそもそもやる気も起こらないぞと。


>下手なので、車の設計思想を推定しつつ楽しむ事
を心がけるようにしてますよ。
......「ヘタ」!? ふーむむむむむ(汗)

>でも今までで一番楽しかった車(NA除く)って
「自分でハイコンプにしたスバルR2(2サイクル)」だったかもしれない(笑)
360R2ですか。もしかしてSSですか?
#なんとなく近頃近所で増えてる2ストジムニーを思い浮かべる。ぷ〜んんんぱぱぱぱぱ

>性能ではない「感性」の部分が大。
遅いけど面白い、ボロいけど大丈夫、新車なのにヘタレでもなんか楽しい、そんな方向ですか。

パンジャさん、

>お願いしたのは最安値の「傷果」
見た目に少々の難があっても食べて十分に美味しいレベルを心がけております。
#同様のレベルのものがスーパーで一個売りされてたりするのには驚きますけど。(笑)
生産者の目から見れば「...コレは食えないだろ?」「こんなの売っていいんか?」みたいなのがゴロゴロあるんですよね。
これでいいのか我が国の食品流通小売り業界?みたいな......
これだけゴミ(失礼ながら)があふれているとあのレベルのものを出荷しても「ゴミ」として埋もれてしまうのでむしろ産直はこれの方がお勧めかもです。

伊豆サイスポ、二日間とも雨でしたが、とても面白かったです。荒選手の乗るR8、ルマン優勝ドライバーは違います。

さて、イベントの裏方に55歳の元ラリー屋さんが居てランエボMRに乗っています。サスはノーマルです、家族から前モデルのランエボより柔らかいから良いと(ビルシュタインに変更となってから、レカロは前のほうが良かったと)。

その助手席で伊豆のワインディングを楽しみました。
まず、スムーズ、とても丁寧な運転、全く不安感がないのに結構な速度でコーナーを走り抜けます。ライン取りもうまく、ブレーキング、加減速もショックはなし。
こういう運転をしていものです。

イノウエさん、すいませんお返事が遅れました。

>まず、スムーズ、とても丁寧な運転、全く不安感がないのに結構な速度でコーナーを走り抜けます。ライン取りもうまく、ブレーキング、加減速もショックはなし。

本庄で拝見した新井選手(らしき?)運転のインプも素晴らしくスムーズな走り方だったのがとても印象に残ってます。タイムは当然出てるのに動きはきれいだし音も超静かだし......(大汗)
あのレベルの人たちだからこそ出来る技なんでしょう。

連休中に仙台までNAで出かけてたんですけど、たまたま遊んでくれた新車っぽい911カレラ2と140ペースでワインディングを駈けるには、こっちは目一杯のサーキットモードにしないとちょっと無理......
#こっちは「丁寧な運転」どころの騒ぎではないス。(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« りんご収穫開始 | トップページ | 初物りんご「トキ」が到着 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter