カテゴリー

無料ブログはココログ

« クレクレ... | トップページ | 軽ミ »

2008年5月21日 (水)

OHLINS様 再降臨

P1010519 7:00AM仕事から帰宅。
メシ食って娘をお見送りして一杯呑んでうだうだして寝る。

2:00PM飛び起きる。

おっし、やるべ!
ストローク延ばしてやる事はやってみたBILSTEINはもう納得できたのでこれであきらめて、......さっさとOHLINS様に戻したいのよ。

P1010520 色々試してみてあれこれ考えてみて、結局の所ツルシのOHLINSを生かすのはこのストロークだと言う結論に至ったので今回はこれを本当の街乗り仕様でセットアップする。

車高は105〜115mm程度を目標にし、自作アッパーの+25mm位置の
ストロークで固定すれば計算上これで伸び縮み双方のストロークがほぼ40mmずつになるはずだ。これからバンプラバーの分を差し引いて微調整しても実質伸び30mm縮み25mm+バンプラバーの縮み10mmの計35mmは確保できるので問題ないと思う。

縮み側ストロークを使い切るような場面ではダンパー(現在は「最弱」)を固めれば良いだけの事。

P1010521こちらは 両者を並べての比較写真。









P1010523これで フツーの、並の車高のロドスタが完成。

大きく空いたフェンダーとの隙間とっても常識的な角度のキャンバーオトナの雰囲気を漂わせます。(笑)



一見するとこれで車高調と10kバネが入ってるようには見えないんですが、高い車高と充分なストロークさらに適度なキャンバーは毎日の通勤で問題なく使えた上で、実は究極のお山仕様になる可能性を秘めてるんですよね。

« クレクレ... | トップページ | 軽ミ »

c/a_サス関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレクレ... | トップページ | 軽ミ »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter