カテゴリー

無料ブログはココログ

« 高級な挙動に悩み中... | トップページ | ちょうど良いって事 »

2008年5月24日 (土)

やはり雨に強い

毎年恒例のロドスタ軽井沢ミーティングが今日から開始ですね。

残念ながらこちら群馬平野部も夕方から雨になってしまいましたけど、参加されてる皆さんはそんなのおかまい無しに楽しんでおられる事でしょう。

#いいなぁ
#行きたかったんだけどなぁ

と言う事でかなーり労働意欲を無くしつつ(笑)しっかり4時間残業まで喰らってヘロヘロで帰途につく筆者なのでした。

あ〜あ......





んで、、ですよね?

実は今回の「街乗りセッティングOHLINS」ではこれが初の雨降りになるわけです。

ふーむ、んじゃいつものコーナーをちょっと踏んでみましょうかね。
一応ケツが出てもいいようにマージンを取って小さく回り、そう言いつつもターンイン直後からアクセルワイドオープン♪。(笑)

実際には、

・やや強めのブレーキングでフロントはしっかりとダイブ
・ただしそこからステアを入れたときのロールは極小
・この間のフロントタイヤに掛かるタテ/ヨコGの変化の様子がステアリングリムに伝わるまでの時間がもの凄く短くなってます
・そのため曲がり始め直後からタイヤの状態が読めるようになっていて、勢いそれに対しての運転手の操作も最低限の時間つかほぼリアルタイムで反応できるのでコントロールできる幅がすごく広がってるんですね。サス部分での反応の悪さに起因する不必要な待ちがほとんどなくなっているのです。

さらに、

・アクセルを入れて行った時に瞬時に反応してケツがスクォットし同時にフロントは浮いてくるその過程がまるでスローモーションを見るかのような感じで細かく連続したインフォメーションとして運転者に伝わってきます。
・もちろんその時の横Gによる前後のタイヤの逃げ具合の感覚も相当に明瞭です

これらの事から、上記全体の合わせ技でもってウェット路面での挙動をコントロールするのは非常に容易い事であり、つかもうストレートにそれがとっても楽しいと思えるような挙動になってるんですね。

#冷静に考えればウチのロドスタがウェットでこんな速さで曲がるのは既に異常なんですけど、
#だけど同時にそれが「絶対に大丈夫」と思えるほどの確かな安心感をもたらしてくれる挙動になっているのも確かなんであり、

この辺が先日の"ど〜だ走行会"一本目のウェットでやたら速かった理由なんですね。

こんだけリアルに挙動がわかれば、例え筆者レベルのヘタレでもその挙動に従ってそこそこの限界を探るだけでタイムが出てしまうと言う好例であったようです。

所謂「タイムはゼニで買う」ってなヤツですか。(笑)

走行会の時に比べると今回は全体に車高を上げ、さらにリアを高めにしてますからトラクション的には不利になるはずなんですけど、とりあえずそれで何かが問題になるような様子は無いですね。
・サーキットにしろお山にしろきちっと踏んだらこれくらいは必要だよね?と言う事がよくわかる10k/7kバネ。
・それを最弱状態からでもしっかりと受け流すOHLINSの実力。
・そしてその本来の力を引き出すために作ったストロークアップアッパー。

タイヤに掛かるGをバネがきちんと受け止め、それをしっかりとダンパーで制御し、さらにその状態からもう一段の負荷に余裕を持って対応するストロークを与える事で、......こりゃ筆者的にはもう未知の世界に突入してしまっている模様ですねぇ。(滝汗)



なんせ、ぜんっぜん使いきれる気がしないですもんねぇ......(汗)

« 高級な挙動に悩み中... | トップページ | ちょうど良いって事 »

c/a_サス関連」カテゴリの記事

コメント

軽ミだけでなく同じ車の集まりには行ったことないんだなぁ。
何でも有りが好きなんだなぁ。

さて、凄い世界の扉を開けちゃいましたね。
もう後戻り出来ないですよ。

お久しぶりです。
今日は雨で4スロの燃調セッティングができませんでしたが、段々目処がついてきたので、また足回りで遊ぼうかと思っているところなのですが、ひとつ質問させてください。

コーナーウェイトってあると思うのですが、これを調整する場合は、どんなことに気をつけたらいいですか?そもそも、どんな効果を狙って調整するものかもよく分かってないです。

イノウエさん、

軽ミはとりあえずあの「虫のように湧いてくるロドスタの大群」ってのが見てて楽しいですから。(笑)
単純に群れる事は私は嫌いなんですけど、ロドスタはホント虫みたいでかわいい。♪

>もう後戻り出来ないですよ
これ、むしろ心配なのは娘の方なのです。
娘NBはど〜だのKONI ASAのままでもうずっと通勤から何からフツーに使い続けてるので、娘にはあれが凄いと言う事自体自覚が無くなってるみたいですねぇ...(汗)

mmdaichiさん、

>どんな効果を狙って調整するものか
私もあまりよくわかってないんですけどwebでさらっと確認してみた感じでは、
1,とりあえず「車高調」である事が前提
2,それの四輪それぞれの高さを決めるためのひとつのツールである、と。

単純には左右の高さを変えるのは車自体の左右の重量差(+運転者の体重)を補正するためであり、例えば右ハンドルの一般的な車なら左をやや低くして相対的にタイヤに掛かる荷重を均等にする事で良好な操縦性を得られる事が期待できる、と言う事なんですかね?
#左右方向ってあんまり気にしてないですからねぇ。(汗)

ただし前後の高さを変えるってのはモロに挙動が変わりますから凄く気にしてます。(笑)
例えばブレーキが効きにくいなぁとか、ハナが入り辛いなとか、あるいは立ち上がりで踏んで行った時にケツが出易いなとか、逆にフロントが逃げるなぁとか、所謂アンダー/オーバーを補正するための手段としてこれは皆さん活用してますよね。

117で車高調はちょっと大変なので現実的にはこの前後方向での高さ調整に寄ってアンダー/オーバーを補正すると言う考え方で宜しいのでは?

コーナウエイトは一般的な車だと無理が有りますよ。
車高調でバランスとるとイニシャルがとんでもないとか
まずはバッテリーの位置を変えるとかスペアタイヤの
位置を変えるとかとか・・・

いやいや一度量って見るのが良いですね
で、途轍もなく逸脱していたらバランス取りって事で。

「ふ」師匠、コメントありがとうございます。
なるほどなるほど......

117の場合だとリアがリーフ式であると言う点(...86も大差ないか)からむしろリアシート付近に重りを追加してトラクションを稼ぐ方向になるかと思います。
同じ理由でスペアタイヤも残したい...

となると、削るのはオーバーハング部分のパンパですね。これを外すだけで結構な効果が期待できるような気がします。
あとはボンネットですか。

>ふさん
コメントいただきありがとうございます。
コーナーウェイト、とりあえず計測してみます。
計測結果、また報告しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高級な挙動に悩み中... | トップページ | ちょうど良いって事 »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter