カテゴリー

無料ブログはココログ

« 16年・5万キロ | トップページ | 削る、...削る、(大汗) »

2008年7月17日 (木)

イイんですけど...

今回の整備はHLAがメインでしたけど、実際には「ついで」と言う形で所謂"10万km整備"のようになったと思います。

交換したのは、ウォーターポンプ、ベルト(3本)、ゴムホース全、他にガスケット類と小物。
総額でほぼ10万かかってますが"ど〜だ"の工賃はディーラーよりも低く設定されてますから確実にリーズナブルな価格で収まっているはずです。
#筆者的にはむしろこれだけの作業量を一日でこなしてしまうHさんの手の速さにあきれるんですけどね。(汗)

ま、エンジン的には所謂タペット調整程度の事であるわけですから、これは117で何度も経験している事から取り立てて大きくフィールが変化すると言うものではないはず。言わば「安心料」とでも言うべき整備であったろうと考えてさして期待もせずに帰路についたわけですが、

「オォォオアン♪」

......ありゃ、全然違ってるし。(大汗)

店を出て50M走ればもうわかる、"ど〜だ"の整備の恐ろしさ!

いやこれ、マジなんですって。
別にしゃちょからなんかおごってもらったわけではないですから。(笑)

いやぁ〜、

たかがタペットが揃っただけでノーマルエンジンがここまで気持ちよく回るか? (大汗)
しかもノーマルマフラでエアコンも焚いてるんですけど......
ウチのNAって確かに程度は良いわけなんですが、今まで1000台以上のロドスタをいじって来てるしゃちょに言わせればウチのなんかごくフツーの「並」エンジンであったはず。
(所謂「当たり」は、ロドスタでは1000台に1〜2台だったそうですから)

もちろんピークパワーが変化するはずも無く相変わらず絶対的にトロいB6ではあるんですけど、その中間域の気持ち良さってどう表現したら良いんですかね? 
運転者が「こうなって欲しい」と言う感覚のわずかに上を行く反応の仕方とでも言いますか、ほんとに微妙ではあるものの少しだけ(良い意味で)期待を裏切ってくれる変化ってのはオーナーにとっては嬉しいものなんです。

こういう風に変化してくれる整備で10万ならほんと安いと思いますよ。

Hさんがなにげに繰り出す細かい技の数々がここでは効いて来てるんでしょうねぇ。
ほんとにタペットだけでは理解できない変化の仕方なんです。

Hさんの"鼻薬チューンド"なのか!? (笑)

とりあえず今日の通勤が楽しかった事♪
いや、感謝です。

« 16年・5万キロ | トップページ | 削る、...削る、(大汗) »

c/a_エンジン」カテゴリの記事

コメント

直打ちのDOHCはイヤですな、シム入れてカム取り付けてカムホルダを固定してクランクを回してシクネスゲージで隙間見て又外して薄いのか厚いのか入れて又取り付けてGだと片バンクで4回の計8回やって最初に戻って隙間計ると又狂ってて又やり直しての無間地獄。
 毎度の台詞ですがV12の4バルブなんぞ正に狂気の沙汰ですわな。
 所でシムですが純正じゃ無ければ老舗の自動車屋さんに行くとナンか使えそうなのが埃塗れの箱にゴロゴロ有ったりしますんでどうにかなるかな?と???

はじめまして・・・
最近クーペ117に魅了された者です。
読んでいくうちにどんどんブログに引き込まれて
しまい・・・・

いつか、こんな車が持てたらな、と思ってます。
幸いにもミニチュアはあるので
同じ塗装にしたいな、と思ってるんですが
117おやじさん、ガンメタのカラー番号なんて
分かりますでしょうか?
もしよかったら、教えて頂きたいのですが。

ホント、初めての訪問でいきなりで失礼なヤツですよね。
でも、ルックスにめちゃぼれなんです♪

私のロドスタもそろそろ同じような整備が必要な時期なんです。あちこち痛んでいるので、ちょっと大変そうですが・・・。整備するときは「そこ」ですね。

うんちくセンパイ、

>又狂ってて又やり直しての無間地獄
いやいやまたそれが楽しいとか言い出すわけでしょう? >某センパイ (爆)

今回の整備でわかったんですけど、ことタペットに関しては正しく動いてるHLAに対してはシム式では到底太刀打ちできないですね。理論的に正しいものがきっちり動くとすごいんだって事がよくわかりました。(汗)

ただし8,000rpmとか回す場合にはHLAの重さが邪魔になってインナーシム式を採用する傾向なのだそうで、これは例えばニッサンRBではRB20/RB25がHLAであるのに対しRB26のみがインナーシム式となっているのだそう。

んでG型の場合は、...まぁ径が合ってればあとはオイルストーン頼みでしこしこ頑張れば宜しいんじゃないかと。
ちなみにこの技は名古屋の"教授"がプロ級の腕前みたいです。(笑)

shizuさん、いらっしゃいませ。
ご覧の通りの拙いblogですが、お時間がある時にでも遊びに来て頂けると幸いです。

>ガンメタのカラー番号
117の「ガンメタ」は、実は複数が存在致します。
手元に資料が無いため具体的な名称としてお答えできないのが申し訳ないのですが、とりあえず似たような色と言う事でしたら近年のトヨタ車のガンメタで問題ないと思いますよ。

イノウエさん、

>整備するときは「そこ」ですね
...です。

ここって一見「チューニングショップ」と見られがちなんですけど、基本的には陸運局の"指定工場"だったりするんですね。
あれこれ色々やってる事も、それぞれがきちんと法規上での裏付けが成されています。
正直言って私が知ってる範囲のどのディーラーよりも質は上ですから。(まじ)

117おやじさま
早速の回答有難うございます!
そっか・・・複数あるんですね。
トヨタ系だとしても、ガンメタは溜息ですほどありますものね
地味に似てるものを探すしかないんでしょうか

じつは整備工場勤めてまして
カラー番号さえ分かれば、調色次第で
同じに塗れると簡単に考えてました!!!

初対面なのに、丁寧に説明して下さり
有難うございました♪
もし、カラーについて詳しいお知り合いの方がいらっしゃいましたら
紹介して頂けると嬉しいです!
ホント、スミマセン
また遊びに来てもいいでしょうか?

こんにちは。
更に快調になって楽しんでおられるようで、読んでいて僕も嬉しくなりました。
僕の914はディラーで車検を受けて諸税込み諸費用込みの総額で13万台ですから、維持費が掛からないほうだとは思っています。僕も毎日楽しく乗っていますデス(笑)

shizuさん、

>カラー番号さえ分かれば、
プロの現場の方だったんですね。なるほど。

確かに、おっしゃるような方法で当時のオリジナルカラーを再現する事は可能なんでしょうけど、現実問題として私が目撃した範囲の「ガンメタ」ってみんな色が違うんですよね。(汗)
更に言うと最もポピュラーな色であるはずの「シルバー」でさえ千差万別。(大汗)

まぁ私のを含め今生き残ってる車のほとんどは再塗装してますからしょうがないんですけど、初期の所謂"ハンドメイド"に関しては客の注文次第でどんな色にも塗ったと言う事実があったようですから話は更にややこしくなりますね。(笑)

そのようなわけで「近年の似たような色を」とお勧めしたわけです。
#オリジナルカラーのままで所有してる、あるいは色を記憶してるなんて人はもう数えるぐらいしか存在致しませんから......

セイウチさん、

先日の968CSの他にこんなのもお持ちだったんですね。
なかなか良さげな個体であるようにお見受け致します。

>維持費が掛からないほうだとは思っています
長崎の友人が同じ事を言ってました。
実際、パーツがほぼ全滅状態に近い117と比較すれば、むしろ964カレラ2とかを探して整備する方が安く済むのではないか?との事でして、パーツ単価・整備代を総合して考えてもむしろその方が現実的であるような気はいたしますねぇ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イイんですけど...:

« 16年・5万キロ | トップページ | 削る、...削る、(大汗) »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter