カテゴリー

無料ブログはココログ

« Audioにお客さん.. | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月31日 (水)

まずは「ノーマル」、でしょ?

昨日のM氏のお悩みについて、あれから色々と状況をお聞きし考えられる範囲で原因を探ってみました。

で、結局の所その答えとしては、

「全てのコンポーネントをきっちりと整備する」事から始めた方が良さそうなんですよ。

今時フルフナログでしかも数十年も前の年代モノ機器を使用してオーディオを楽しもうとする場合、最初にブチ当たる壁がこれなんですよね。
こう言う古い機械を使う場合には、なにしろそれが機械としての使用限度を明らかに超えてしまっている場合がほとんどなのは明白なんですから、それぞれの機器を構成する素子類の自然劣化とかハンダ付け部分の劣化なんてのはもう付き物なのであり、例えショップで「極上整備済み」なんて品を入手したとしてもまず9割方は疑って掛かった方が宜しいんじゃないかと思います。

なんたって今のこんな時代になってからですと、30年も40年も前の機械の事を熟知した上でそれらに対し適切な修理技術を持つ技術者なんてのはもう日本中探してもほんの数人しか残っておられないと考えた方が良さそうなんですよ......
ここでもしそう言う「名人」の手で整備された機器だと言う保証がある品を入手できる機会があるのであれば、それはもう売値に何割か載せて代金を支払っても価値があるってぐらい稀なパターンなのではないかと思うのですよ。

まぁここではとにかく現役時代の仕様に近い形での整備をし、まともなパーツが入手できない場合は現代のパーツの中から比較的近いクォリティを持つものをそれらの名人の手で選択してもらって使うのがベストだろうと思います。

実際M氏のところではこのMC2105がまさにそのパターンなのであり、それまでずっと(それなりに)普通に音は出ていたため長年気づかず使い続けていたものを何かのきっかけで整備してみたら実は全体的にかなり劣化していてとてもとても本来のまともなMcIntoshの音じゃなかったという事が判明し驚いたと言う経験があるんです。

なのでその経験を元にして、ここは今一度全ての機器を見直してみる必要があるのだろうと考えたわけです。



で、次にMさんにお願いしたのが、

「トーンコントロール・ラウドネス類は使用禁止」

これは、全体の周波数的なバランスはチャンデバのボリュームのみで行い、パワーアンプのゲインコントロールは全て MAX で使用するというものです。

マルチアンプシステムでそれぞれの帯域のバランスを取るために必要なボリューム類はもちろんこの場合に必要不可欠なものであるのは言うまでも無い事なんですが、それが同時に大きな音色変化を伴う要因となっていると言う事実を認識しておく必要があります。

そのためここでは音色が変化する要因を最低限に抑える事でオーナーさんが持つご不満の原因を絞り出し易くしようと言う狙いがあります。


結果としてはつまり、
「全ての機器をきっちりとノーマル状態に整備し、出来る限りそれぞれの本来の状態に戻して再スタートする」
という事ですね。

これを車で言い換えるならば「好みで色々いじくったものをフルノーマルに戻す」と言う状態なのであり、
すなわち、
「これだったら、例えばエンジンがフケない時にプラグ見たり進角見たりして、なんだよプラグの番手が違うじゃんとか進角合ってないじゃんとかすぐに原因を掴めるでしょ? それとおんなじ事です」
「あ、車で言ってもらうとよくわかります。なるほど一旦ノーマルにしてみればいいんですね」
「......なるほど、って、最初にそれを私に教えてくれたのはMさんじゃん」(笑)
「......そんな事もありましたっけ」(爆)



P1020151 そんなこんなで我が家のオーディオもちょっと派手にやり換える事にします。

テーマは、
「鬼の4チャンネル マルチアンプシステム」(爆)
(下の方にALTECのアンプが隠れてます)

カートリッジは例によって "SHURE" を選択。
"Ortofon" はまだ暫く眠っててもらいましょう。

P1020156まー、Mさんにはノーマルで使えなんて偉そうに言ってる傍らで自分のシステムは究極のおバカなトライを始めようというわけなんですけど、ま、実際にやるのはここの筆者なんだからこれでいいんです。(笑)



本年の記事はこれが最後となりました。

一年間、あっほーな記事(笑)にお付き合いいただき感謝申し上げます。

« Audioにお客さん.. | トップページ | 謹賀新年 »

b#おやじなJAZZ&AUDIO」カテゴリの記事

コメント

本年は大変お世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。

分からなくなったら元にもどす。
これは、どんなことにも当てはまりますね。
メモ取れるもの、写真で撮れるものはとって保存しておかなくちゃね。

無形のものは難しいので、元に戻したときは戻し過ぎているので注意が必要です。

イノウエさん、

昨年は本当にお世話になりました。ありがとうございます。
明けて本年も昨年以上にお世話になる事が既に確定してるようですが(笑)、こちらはせめて某かのお手伝いが出来るよう頑張ってみたいと思っております。
宜しくお願い致します。

>分からなくなったら元にもどす
はい正解、さすがです。
別にオリジナルに拘る気はまったく無いんですけど、とりあえず原点がぶれちゃうとその後の判断が全部ぶれてしまうのが困るんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Audioにお客さん.. | トップページ | 謹賀新年 »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter