カテゴリー

無料ブログはココログ

« あきやま大師匠のお言葉 | トップページ | SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE »

2009年1月14日 (水)

EMT様 御袴

P1020180 某家にて所有のEMTです。

これ、なんだかとっても旅行好きの個体であるようで(笑)今回は年末からの旅行中に某所で 拉致 してまいりました。

今回のお題はこれに「袴(はかま)」を履かせるというものです。

それでは本年度一発目の"ハンドメイド"開始。(笑)

P1020182 EMTでは多くの製品がそうであるように、これも所謂キャビネットというものを持たない形態になっていまして、今回はオーナー様のご希望でキャビネットを制作しようと言うわけです。

 

P1020184画面右下の奥にはこんなコントロールパネルが隠されています。






P1020185まずはこの不思議な構造になっている筐体の脚の部分を実寸で写し取ります。

そこから新たに加える構造物の位置関係を検証し一気に「脳みそ内製図」(笑)を作成します。

P1020188

で、即座に板取。

キャビネットの材料として選択したタモ無垢板を確認してみると角の90度が出ていないためジグを用意します。適当なベニヤ板の上できっちり90度を計測し数カ所に木ねじを半分だけねじ込み、

P1020189 そのネジに押し当てる感じで材料を二枚セット。





P1020191

次に丸鋸のガイドを取り付けます。







P1020192 あとはこんな感じでガイドに丸鋸を沿わせ、





P1020193

慌てずゆっくりと慎重に切って行けば直線も90度もほぼ問題ない奇麗な切断面となります。






P1020194 板取終了。

« あきやま大師匠のお言葉 | トップページ | SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE »

b#おやじなJAZZ&AUDIO」カテゴリの記事

コメント

むううううううううう。

袴をはいたらやっぱりワンオフ裃もつけなくちゃですよね!

パンジャさん、

「カミシモ」はとりあえず既存のものでイケますから。

お代は次回パンジャごはんという事で宜しくお願い致します。(じゅる)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あきやま大師匠のお言葉 | トップページ | SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter