カテゴリー

無料ブログはココログ

« .....また拾って来ちゃったよ、おい(汗) | トップページ | Rendezvous »

2009年4月 6日 (月)

ロドスタって.....?

土曜日のお山の朝練が効いたようで、その夜寝てる間に両ふくらはぎがツリそうになりました。(汗)

サーキット走行後でもここがこんなに疲れるのってあまり経験が無いんですけどね。

あそこのボスの「アルトおやじ(本名は「SRおやじ」ね)」はじめ朝練組の速い人がいっぱい揃ってた事でつい気合いが入った(笑)のはとりあえず置いとくとしても、機械式LSDを得て自分の走りが明らかに変わった事によりそれまででは考えられなかった所に負担がかかって..... という事であるようです。
#素直にどこかがおかしくなる「おっさんの身体」ってわかり易くて便利かも。(笑)

相変わらずノーマルATエンジンのウチのNA6CE、その絶対的な「遅さ」はみじんの変化も無く快調に走ってるんですけど、LSD導入にあたってそれでも拙い知識の中からかなりの操縦性方面での変化が期待できるんだろな?ぐらいの事は考えていたわけです。

そして実際に導入したものの時期がちょうど冬だったので本気で試す機会も無く.....

それがようやく春になってお山の路面もきれいになり、お山での機械式LSDの初テストと相成ったわけですね。
まぁ実際にはLSD自体の特性がどうのと言うよりも人間がまず慣れる必要があって(汗)、なんせここの筆者ってLSDが付いた車を所有した経験が無いんですから。(笑)
おまけにタイヤも換えちゃったし.....

まぁでも、色んな変化した要素については意外と素直に適応できたらしく、ほんの2本走ったぐらいでペース自体は以前のNeovaあるいはA048と大差ないぐらいになってる事がわかります。
...へっへっへ、これって腕 !? (笑)
......いやいや、これこそがこの機械式LSDの特徴と言うか、まぁ実力なんでしょう。
車全体の挙動はもちろん、タイヤとか路面の様子がものすごくわかり易くなっていて、加えた操作に対する反応がものすごく早く正確にまたシビアになる事で限界のかなり手前からたくさんの情報が伝わって来る感じなんですよね。
これはもう明らかに、このLSDが入ってる状態こそがNAロドスタ本来のカタチなんだと言う事がヒシヒシ伝わって参ります。

ふ〜む......

ロドスタってもうコレでいいんじゃね !? みたいな.....

たぶん100psぐらいのエンジンと拾って来たうんこタイヤでもここまで楽しく操作できるって事実が本来の「ライトウェイト・スポーツ」のあり方を示してくれているようで、非常に爽快な気分になれるのですよ。



ってな事を考えてたらナイスタイミングでイノウエさん が紹介して下さってるのがこのアルファ。

うんうんうそうだよね、
スポーツカーってやっぱコレでしょ? と思っちゃいますよねぇ.....

« .....また拾って来ちゃったよ、おい(汗) | トップページ | Rendezvous »

c#おやじなロドスタ」カテゴリの記事

コメント

インフォメーションさえあれば
アクセルで姿勢をコントロールできる楽しさ
それだけで十分ってのはありますよね?

以心伝心ですね。
ちょうど変な動画もどきを送ったときでもありました。もうすぐ静止画をお送りします。ちよっとピン外れたのもありますが一周分あります。

 なんでしょうね、FRの車の「クルマってこんな風に動くんだよ?」的な
話を、そのまま体験出来るっていう意味でベストバランスなのかも?
 このオーバー気味なトコがロドスタの良さであり、同時に悩みなんですけど。

 どのみちこれ以上進むとどうあっても“お尻の出ない”方向性に
行かざるを得ないですからねぇ。

ま、ヤツみたいにアノ仕様で振り回せるならソレもアリなんでしょうけど(笑)

創刊15年の「Road&Ster」先月末発行で廃刊になったそうで。
これからは本当に好きな人だけが残って行くのでしょうね。
末永くお大事に(ヒトもクルマも(^^;)

鹿さん、

>それだけで十分
はい、まさにおっしゃる通りで。

加えて言うならLSDが付いたタイヤはうんこになった(笑)状態の他人の車をいきなり全開するあなたも立派なもんだと言う事ですわ。(笑)

で、思い出した...

以前某親切な人からちらっとお借りして試乗させて頂いたロータス・エリーゼ Sr.1 なんだけど、あれも確かにほとんどいきなり全開できる車でしたね。(やってる事一緒じゃんって.....)

速さも動きも充分楽しい状態で、だけどあまりにもシャシが勝ち過ぎていてパワー不足に思えてしまったのでした.....

イノウエさん、

>以心伝心ですね。
はい。
もうドンピシャ(笑ったもんね)

ロールバーとかの微妙に余計なものが付いてる二台のロドスタでしたけど、サイスポのコースをゆっくりと絡みながら走る姿ってなんかじゃれ合ってるみたいで面白くて、とても良い絵ですよね。

#撮影していたイノウエさんがどうやってご自分のロドスタを運転していたのか?と言う謎は残りますが.....(爆)

U-5さん、

>「クルマってこんな風に動くんだよ?」的な
....ですよねぇ。
今になって改めてFFや4WDの動きも理解できるようになった気がします。
なので、
「車ってこんな風に動いて欲しかったんだよな」って気分なんですよね。

gopさん、

>「Road&Ster」先月末発行で廃刊に
幸いと言いますかアレはとりあえず「休刊」だそうです。

ややマンネリ化した部分を手直しして復刊される事を祈ります。

>末永くお大事に(ヒトもクルマも(^^;)
.....ですね。

117とはまた違った意味で、この車がどう言う形で生き延びて行くのかと言う点に対してとても興味がありますね。
出来る事なら自分自身でも出来る限り継続所有しつつ思いっきり走り続けながらと言う形でその行く末を見守ってみたいものだと思います。

真っ直ぐでアクセル全開は難しくないじゃないですか?(笑)
その後のターンインする速度の見極めが難しいのであって…

なのでいきなり全開は全然アレです(^^;

鹿さん、

>いきなり全開は全然アレです(^^;

いやまぁ確かにそうなんだけど.....

まぁ自分でも以前「鹿号」と言う車を借りた時にはいきなり全開した覚えがあるんだけどね.....(爆)

んで、ちょーしこいてその勢いでターンインしたらあの「スーパーディープコーン」ステアリングで自分の肘をど〜だバーに強打し超痛いで泣きつつ車が曲がらないで冷や汗ダラダラもん状態で旋回中にハードブレーキングしてむりやり曲げてしのいで、その間意外と冷静に「おー、やっぱ"どこでもパッド"はすんごいわ」とか、ブレーキをリリースしてアクセルオンした時の「"鹿エンジン"の"ツキ"」がもの凄く良いんだなとか、そのアクセルからの"カーツ機械式1.5way LSD"の効き具合(アクセルでぐいぐい曲がるじゃん!)に感激してました。

なので、

あの車には二度と乗らんぞ、と。(爆)

え〜..ここ、117HM日記でしたよね(^^?
突然ですが、宮川さん今月19日来日されるとの事。
今回はお会い出来そうです、117おやじさんに相談乗って頂ければと。
前橋でもOKですよね?

昨年分ワインの代金、そのうち請求来ます(笑)

gopさん、

>ここ、117HM日記でしたよね(^^?
えーっと、たぶんそうだったと思います。(汗)

>宮川さん今月19日来日
はいはい何なりとお申し付け下さい。
その辺りはずっと夜勤の予定なので日中は動けますから。

ご紹介頂いた車輌ですが
榛名山の麓に生息しておりますので、遭遇する機会はあると思います。
その筋では有名な車輌なので、ご存知の方も多いと思います。
私は存在は知っていたのですが、見たのは初めてでした。

イノウエさん、

>榛名山の麓に生息
へぇあの方ですか.....

謎の多い方だったんですけど地元の車仲間からの情報でようやく人物が理解できて来た所です。

ちょっと体調を崩されていたようですから今はあまり運転はされないのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« .....また拾って来ちゃったよ、おい(汗) | トップページ | Rendezvous »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter