カテゴリー

無料ブログはココログ

« イタいの詳細 | トップページ | 続いてもう一台(大汗) »

2009年4月13日 (月)

ウチは車屋ではないぞ(汗)

昨夜の今頃、夜勤明けで寝て起きて晩飯(朝飯?)食ってまったりと酔っぱらってた時に会社から着電が。
.....この時間帯に会社から!?
.....あーあ、こりゃロクな話じゃないな(汗)

「○○ですけど」
「はいはい」
「明日カプチおやじがなんか車いじってもらいに行くんですって?」
「はいはい、どうやらそうらしいけど....」

.....良かった、仕事の話じゃないみたいだ。(ホッ)

「ついでに僕のもちょっといじって欲しい所があるんで持ってっていいですか?」

あああ、やっぱりロクでもない話だった(大汗)


P1020382 という事で「エボ」登場。

#こんな車いじった事なんか無いんだけど.....? (汗)

なんかずっとエボが欲しかったけど結婚したり子供が生まれたりとかでここ何年かずっと軽で我慢してたらしいこの男、ついに何かがキレたのか(笑)ヤフオクで落としてしまったらしい。

事前の情報ではかなりあり得ない値段で入手したようなのでたいがいボロいので来るんだろなと思ってたら、あらま充分にきれいじゃないの!?

#写真は、「昨日走ってる途中でフロントリップが落ちた(笑)」と言う事でオーナーさん自力で修復中の絵。そのくらいは自分でやってね〜♪ 工具とかネジとかはそこらの使っていいからね〜

P1020383 で、へええ? こっちもすごくイイのが付いてるし...

#持って来たときはブレーキダストで真っ黒だったのを容赦なく「サンポール(笑)」で洗い落としさらに洗剤で洗い直してきれいにした状態。

.....キズがまったく無いんだけど。(大汗)

タイヤは、リアが0706の01Rでもう2分山あるかな?ぐらいだけど、フロントはAD07で4208の9分山(わーお!)
なるほどフロントだけ無くなっちゃって履き替えたわけね。FFベースの四駆としてはまぁフツーの減り方だよねぇ。
しっかし01Rが無くなるまで履いてホイールが無傷っていったい...!?
つか、リムの内側には少なくとも一回はタイヤを履き替えたであろうウェイトの痕が残ってるし...?

おまけにしっかりタイヤの肩も四角いよねぇ.....

(普段見慣れてるロドスタの連中と比べるとエラい違いだよ)

P1020384 ふむふむ、「えぼよん」だったのか。

えーっと?
レース屋さん的見地からのこの車の特徴は.....
「いつでもどこでもオーバーヒート」(笑)

あらそうなんですか(汗)

っつー事はヘタなショップがいじってチョーシこいて踏んでたら既にエンジン終わってる可能性があるよね。(汗)

んで、
これをどうするんだっけ!?

「突き上げがすごくてとっても乗り辛いので車高上げて下さい」
はいはい〜
そんな程度なら別にわけ無いからやるよ〜

という事でジャッキアップしてタイヤを外し(ナットの締め具合はフツーにイイ感じ)、ほうほ、GABのツルシ車高調ですか。
スプリングほっそいなぁ〜。F4k/R3.5kぐらいかなぁ。長さは8インチで、おー、ちゃんとヘルパースプリングまで入ってるし。

(4/14訂正。GABのHPで調べてみるとバネ長は7インチ、さらにレートは前後とも4kっぽいです)

んでとりあえず四輪とも15mm車高を上げて、ついでだからストロークも確認しとくか.....
えーっとフロントの縮み側ストロークは..... まぁだいたい20mmぐらいかな。まぁいいか。でもバンプラバー堅そうだなぁ.....

.....?

ちょっと待て? これさっき15mm車高上げてるんだけど!?
っつー事は持って来たときのストロークは 5mm だったって事か!?

あのね、突き上げが凄いって、これ要するに「フルタイム底突き」ってヤツじゃないの。(爆)

まぁいいやコレでちゃんとなったはずだからちょっと走っておいで。

数分後....

「すんごい乗り心地が良くなりました♪」
「マフラーがボディと当たってガコガコ言ってたのもあまり気にならなくなりました」

おーそりゃ良かった。(笑)

んでその理由をあれこれ説明して上げつつ念のためあちこち再確認してたら、
「.....リアの車高が左右で違うんですけど?」
そんなバカな、きっちり定規あてて計ったぞ!?

んじゃフェンダーの高さで計ってみるか。
.....左が9mm低いです。なんじゃこりゃ(爆)
そーとーデタラメなバネみたいだねぇ。まぁとりあえず現物合わせで(笑)左を9mm上げときましょう。

「.....ダンパー調整ノブの数字が左右で違うんですけど?」
知るかバカ! 自分で好きに直しとけ。(大爆)

ふーむ、世の中のフツーのいじり車ってこんなもんなのかなぁ.....?
んでも車高調いじるついでに確認してみるとハブのガタは出てないしブレーキパッドは左右均等に奇麗に減ってるし、まぁローターはやや荒れてるけど1400kgの車ならこんなもんかな?程度だろうし(あ、今気がついたんだけど、フロントのローターだけ交換してるみたい)、サスアームのブッシュも奇麗だよなぁとか、ブーツもちょっと堅くなってるけど特に問題無さそうだし、
ふーむ、
別に荒い走り方してるような車じゃないぞ。

エンジンルームの方は「毒キノコ」以外には目立った変更箇所も無く、まぁ室内メーターパネル付近もノーマルのままだからブーストアップすらしてないだろうなぁ。
ヘッドカバーからオイル吹いてる形跡はあるけどまぁオイル量を確認しながら走ってれば大丈夫でしょ。とりあえずブレーキクリーナーで奇麗にしとけばこの後から吹いた部分を確認できるでしょ。高級クリーナー代300円払えよ。(笑)



ってな事でまぁ小一時間? もうちょっとか。

これって、エンジンが生きてれば超お買い得車なんじゃないの?

つかとりあえず走ってる音だけ聴いてる分にはフツーのエボの音だし特に変な雰囲気も無いし加速もしっかりしてるよなぁ。

「乗って確かめてみて下さいよ」
「..... イ ヤ ダ !」
オレは100ps以上の車は嫌いなの。(大爆)

« イタいの詳細 | トップページ | 続いてもう一台(大汗) »

f/f2_赤い耕耘機Cappuccino」カテゴリの記事

コメント

まぁ、そう言わずに乗ってみて下され。
新しい境地が開眼しますよ。
でもですね。それに慣れると、まだ高出力のエンジンが欲しいとなるのです。ハイ。

先般も、ISが突いてきましたが、不調のエンジンであっても、2秒も経たずについて来れないのです。止めとけばいいのに、知らない方は本当に知らないようです。

ウチの万国旗を張ったら中古車屋より良いです(笑)

アドバンRC、そのホイル履いています。良いホイルです。

ハッピーさん、

>新しい境地が開眼
うーん、
息子さんのエボをちょっとリセッティングして筑波を走ったら楽しいかもですね。(笑)

イノウエさん、

>アドバンRC
やはりコンペティションモデルでしたね。
しっかり重くて丈夫そう.....
だも高いんだよなぁ(汗)

>>なるほどフロントだけ無くなっちゃって履き替えたわけね。FFベースの四駆としてはまぁフツーの減り方だよねぇ。

イノウエは分かりません。教えて下さい。
我が家のFFベースの四駆、そんな減り方しないのです。

ウチのは1210kg、トルク配分はフロント43:リア57でFR特性です。トルク配分は最大でフロント60:リア40と変化します。
FFベースで直線番長の走りが多かったら、そんな減り方するのかな。すべり易い路面だとフロントに多く掛かっているが・・・、分かりません。


イノウエさん、

ちょっと調べてみたんですけどエボ4の前後トルク配分(...と可変量)がよくわかりませんでしたので昔乗った事があるエボ3の感じで考えてみますが、これってたぶん通常の配分は前後7:3ぐらいなんじゃないかと思います。
基本FFの動きでコーナー踏んでった時に徐々にリアが掻き出すって感じ。
リアの手応えが出て来てからはさらにぐっと踏み込んでまぁ6:4?かな。 5:5って感じまでは行かなかったですね。

従ってこれらの動きからすると基本的には大パワーFFになるわけで、普通の感覚で踏んでってアンダーが出てもそっからきっかけ作ってさらに踏み込んで行くような走り方、もしくは最初からトルクスプリットの特性を理解して流して入って行くような走り方をしない限りはリアタイヤを使う機会はまず無いと思いますから、一般的にはフロントタイヤだけ無くなる場合が多いんじゃないかと思います。

サーキットでもエボ各タイプの走りを見る機会も多いですけど、本当に四つのタイヤをきちっと使って持ち前の大パワーを生かせるような走り方ができてる人ってほんの僅かな人数しかいませんもんね。

単純なFRのロドスタも、ハイパワーハイテク四駆のエボも、結局速い人のラインは全く一緒ですから。(笑)

いずれ機会があったら記事のエボ4でちょっと試してみますね。(笑)

ありがとうございます。

ファミリアGT-Rは、エボに比べるとローパワーです。
今でいうZOOM-ZOOMですからバランスのハンドリングマシンなんですね。
FFベースなのに走りはFR、ここにPFさん、立花さん、片山さん、寺田さんなどの心意気がこめられていると思います。
マツダがWRC撤退してもプライベーターがGr.Nでチャンピオン獲得、ホモロゲが切れるまで参戦できる車輌ってそうないでしょうね。

RCアドバンは良いホイールですが、やはり重い。
強度を確保する為に、結局は肉厚が減らせられなかった感じです。
しかし、かたや純競技に出ているホイールなんかは、タイヤを組み込んだ状態でも、片手で楽に抱え上げられる程に軽く作られています。でもホイールだけでも、8万円/本位するそうです。

もう一つ。
エボはGSRとRSでは運転の仕方が異なります。
GSRはリアにAYCが入っていますから、コーナーでは、積極的にアクセルを踏んで、AYCを働かせてやらなければなりません。
しかし、RSには何にもありません。ただ前後のデフにLSDを組み込んでいるだけです。
たったこれだけの差でもっても、走りが別物に変わりますから、恐ろしいものです。

イノウエさん、

>ファミリアGT-R
今にして思えばあれは有りもん寄せ集めの無理くり「ラリーベース車両」だったような気がいたしますねぇ。

実は初代FFファミリアを社用車として購入してもらいほぼ個人用営業車として使ってた時期があるんです。
あれはとってもいい車だったと思います。
パワーは無くても軽快感があって楽しかったしチープな造りながらも決して貧相ではなかったのでとても満足して使ってました。

イノウエさんのGT-Rはその次の世代の車ですよね。
フルタイム四駆/DOHC TURBOの215psでしたっけ?
発表されたときは正直「へぇーすんごいな」と同時に「.....あのファミリアがベースでそんなすごい仕様にして大丈夫なの?」と思ったのも事実です。(汗)

しかし、ご指摘のように車をまとめあげた人たちの力量が素人の余計な心配を一蹴して、結果として数々のトロフィーを獲得する名車に仕上がったのはまぎれも無い事実ですね。

これはもう素直に拍手するしかない車ですよ。
.....って言うか、造った人たちに拍手、です。

リバーさん、

>やはり重い
確かに。(笑)

ただねぇ、ロドスタの世界だと例えばTE37ですか。あるいはSSR Type Cかな。これらが軽量の代表なんですけど、実際にサーキットで使ってるとただ走ってるだけでももうガンガンに変形するみたいなんですよね。
「軽くて強い」のうたい文句は間違いじゃないけど、それは決して「いつまでも」という事ではないのです。

タイムを削りたくて軽量高強度のホイールを求めるのはごく当たり前の事ですけど、これがあくまでも「競技用」である事を理解し、その事は同時に「タイヤ同様にホイールも使い捨てる」事を前提に造られている事も理解する必要があると思います。

続けてリバーさん、

>GSRとRS
息子さんのが「RSエボ」ですよね?

そのような前提があって息子さんの車の方をリクエストした次第です。(笑)

走行は83000km。お変度は五点満点ですね。
車が車だけに、乗り手も選びます。悪いところは全くありません。何故か?理由は単純明快。ステップアップなのです。
九州ではクラス2位。考えるには、おやじさんにはピッタリの仕様です。親としては複雑なものです。私が乗っているのは、既に十五万の距離を走っている車なのです。
先週、私のところで数時間だけアップした走りの状態です。
F355では追いつく事はできないでしょう。タイムアタック時のスタートでは、Sタイヤを履いて、四輪のホイールスピンです。そのような物なのです。

リバーさん、

えーっと、「いつか試乗させてね」のつもりだったんですけど(汗)、なにやらとてもありがたいご提案ですので実現できるようにすぐ動いてみます。

お心遣い感謝です。

僕の友人のエボⅣは
5~6万キロでピストン棚落ちしました。

ちゃんと踏んでるとそれくらいで
逝ってしまいますよね。
2Lでパワー搾り出しているんですから。

良くも悪くも競技車両ですよ。

それを分かって乗る分には構わないですけど。
ENG乗せ換えでお店に任せると工賃含め100万オーバー掛かります。
それを分かて踏んで乗る人が何人いるのか?
色々考えますよ。

2Lでパワー搾り出しているんですから。
それを分っかて踏んで乗る人が何人いるのか?

その点は同感ですね。息子は何時も私に諭していますから。(笑)「親父は踏み過ている。何時かブローする。」
私の場合、こだまクラスまで踏んでいますから、車が壊れるより、免許の方が心配なのです。
それとオイルの管理は大切ですね。
私も2000~3000kmの間で交換しています。走りによって変えています。
息子のは、皆さんも使用されているWAKOを使っています。

ENG乗せ換えでお店に任せると工賃含め100万オーバー掛かります。

やはり、乗り手によって、車の寿命は変わりますね。今は何でもなくても、乗り手が変わって無理な事をするとダメにしてしまう可能性は多分にあります。おっしゃる通りです。
そんなこんなが分かっていての話なのです。

そうそう忘れていました。
RSは市販時にミッションが選択できました。私のGSRより加速重視のクロスミッションが載っています。

鹿さん、リバーさん、

色んなトコで「 F 」を追いかけ回しあるいは容赦なくチギるのもちょっとどうかと思うのですが(......あなた方の事ですよ〜)(笑)、

時に、サーキットでの一場面として私のNAごときでさえエボを突っついてブチ抜くと言う事を経験してみると、ああこりゃオーナーさんにはかわいそうな事しちゃったかなとちょっと反省する部分もあったりします。(汗)

今回のはマジな競技車に仕上げてある「エボ」と言う事ですからとても楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタいの詳細 | トップページ | 続いてもう一台(大汗) »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter