カテゴリー

無料ブログはココログ

« 別働隊(ごそごそ) | トップページ | ぼそ。(汗) »

2009年6月19日 (金)

FORD GT40 Mk2 追記

Spring Meet 2009 で、貴重な GT40 で参加して下さったオーナーさんから思いがけずコメントを頂きまして、これはもう是非とも本文の方でもご紹介させて頂きたいと思います。

オーナーさんは「wan」さんとおっしゃる方で、ご自身のblogをお持ちです。
「FORD GT40Mk2」

「WORLD REGISTRY of COBRAS & GT40s」 Amazon

ちなみに同走してる COBRA 289FIA の方も以前所有しておられたとの事ですので、恐らく豊島園時代にもお会いしている可能性が高いですね。(汗)

0906springmeet んで、wanさん向けに、
ここのblogを書いてるのはこんなオヤジです。
(写真提供mm414 さん)

GT40 はもちろんの事、特別展示スペースに並べる中の特にヤバい車(笑)は全て私がサバかせていただいておりました。

車自体の希少性は当然としても、例えば車高が極端に低いとか車高は大丈夫でもテールパイブが低い位置にあるとか、あるいはアイドリングしない車だと微速前進なんて無理なので押してあげなきゃなんなかったりとかただし押すにしてもアルミボディなんかだとヘタな所は押せないしで気を使ったりとか、この手の車ってと〜っても楽しい事だらけなんでお世話するのがやめられないんですよ。(笑)

会場がサイスポに移ってからは幸いにして各車ちゃんとエンジンかけて走れるようになって一気に楽しみが倍加してるんですがこれが豊島園時代だと走る事はおろかエンジンを始動する事すら制限せざるを得ないと言う環境であったわけで、なるほどスーパーな車が並んでビジュアル的には素晴らしいものがある一方で車が車としてきちんと走っている姿またその音を聴くと言う楽しみの部分は我慢するしかなかった訳で......

そう言う意味からもこのサイスポに場所を移してイベントを継続できてるのは大変好運な事であったろうと思うのです。

もちろんその裏には二玄社スタッフの皆さん、CG Club 中心メンバーの方々の大変なご努力があった事は言うまでも無く、私自身 '69 117Coupe で「CG Day at 40」から4年間参加させて頂いたあとサイスポに移ってからは少し距離を置かせて頂いていたこのイベントに再度スタッフとして参加させて頂く事にしたのはすべてそんな楽しみをスタッフの皆さんと一緒に再度味わってみたいと思ったからなんです。



希少な車を維持して行くご努力の大変さについては私も少しは理解しているつもりで、そう言う意味でこのイベントの趣旨を理解して頂いて快く参加して下さるwanさんのような方々には心より感謝申し上げている次第です。

どうぞまた来年もこの場所でお会いできます事を念じつつ、またお車のご無事を祈りつつ(笑).....

« 別働隊(ごそごそ) | トップページ | ぼそ。(汗) »

e/c_イベント」カテゴリの記事

コメント

早速、写真を採用いただきありがとうございます。こちらも写真の整理を始めました。何と言っても写真教室が一番良かったです。ご招待いただいたのに、入場の時の車誘導しかお手伝いできなくて申し訳ありませんでした。
是非、来年も写真教室を・・・

度々お邪魔致します!
こんな記事までアップして頂きまして、誠に恐縮でございます♪
欧米では、COBRAにしてもGT40にしても、オリジナルから様々なタイプのレプリカまで一緒に集まって、実に楽しそうに和気藹々と楽しんでいるのが当たり前となっています。
残念ながら、日本ではその領域にまだまだ遠いというのが、偽らざる状況と言えます。

クルマが大好きで、ドライブ&チューンナップ&情報収集&仲間とのオフ会も…大好きな私ですので、今回の『Spring Meet 2009』は最高のイベントでありました。
後もう少しで、様々な趣味の方々が集えるイベントが出来そうな予感がしております。
単なるブランド崇拝では無く、好きなものは好きと言って、仲間と楽しめる様になれば嬉しいです。
車種や値段や年式も…貴賤はありません。
単純に、クルマが好きだから集まるというイベントが、今後展開できればクルマ文化が衰退する事は無い様に思います。
そうすれば、『CAR GRAPHIC』も沢山売れるでしょう(笑)

私も末端の“CG CLUB”会員なので、今後も楽しいイベントが開催される事を願っておりますし、出来る限りの協力も喜んでさせて頂く所存です。

※mm414さん>綺麗に撮影して頂き有難うございます♪
出来れば、データを分けて頂けると嬉しいのですが…ご検討下さいませm( _ _ )m

mm414さん、

DMで頂いた写真は早速(無許可で...笑)使わせて頂きました。
ご提供感謝いたします。

いやー、今年は参加台数が多くて私自身はほとんど写真撮影してる余裕がなかったんですよ。気になる車はたくさんあったんですけどね〜(大汗)

もちろんwanさんのGT40もその最たる一台であり、だけど残念ながら色々と用事に追われて走り回ってるうちに時間切れ解散となってしまったのが残念です。

GT40の写真データ、もし宜しければ私経由で結構ですからお願いできないでしょうか。
宜しくお願い致します。

wanさん、
再度のコメントありがとうございます。

お話し頂いた内容って、これだけで何本も記事が書けるようなものばかりですよね。
今回は失礼してコメント欄でお返事させて頂きますが、いずれこれらのテーマは別の形で記事にしたいと思います。

>残念ながら、日本ではその領域にまだまだ遠い...
これ、例えばイギリス・グッドウッドとかの事をお話しされてるんだろうと思います。
私自身は残念ながら参加できるような状況にはございませんが、車仲間からは詳しく聞く機会もありまして、なんとなくですけど理解できるような気が致します。

自分でも117やロドスタと言う車を通して様々なイベントに参加してみたわけですが、結果的にたどり着いた境地というものはwanさんがおっしゃってるようなものに非常に近いものがあるように思います。

そして今現在の日本のイベントの中でそのような「楽しさ」を味わえる唯一の機会がこのCG Dayなのではないのか?と言う想いを強くしているのです。

もちろん、我々しろうとスタッフが足を引っ張ってる部分も少なからずあるでしょう。
まったくのノーギャラでご自身の貴重な車を快く展示して下さるオーナーの皆様に失礼が無いよう、またサバいてる我々もまたノーギャラでのボランティアスタッフですからまずは自分自身が楽しむ事が先決であり(笑)、その場合に必要なのはなによりも色々な車の事を勉強する事であるわけです。
これ、大事ですよね。(笑)
出来る限り勉強しておかないとロクに楽しまないうちに終わっちゃいますから。
(想いがカラ回りしてご迷惑をおかけする部分につきましては陳謝もうしあげつつ.....)

CG Dayの美点は「基本的になんでもあり」「とにかく楽しんだモン勝ち」に尽きると思います。
元のカンバンが「CAR GRAPHIC」である事でともするとお堅いオリジナル重視のイベントと捉えられる向きもあるかとは思いますけど、少なくとも参加しているスタッフの考えは上記に集約されている事は間違いなく、今後もこのスタイルを継続して行く事で日本唯一の(wanさんにも気に入って頂けるような)イベントとして定着して行くのではないかと信じております。

なお、mm414さんへのコンタクトですが、本blogの右「プロフィール欄」に私のメルアドを置いてありますのでこちらにDMして頂ければ仲介させて頂く事も可能かと思います。
宜しくご検討下さい。

>GT40の写真データ、もし宜しければ私経由で結構ですからお願いできないでしょうか。

オヤジさんのメルアドに添付で送りました。
他にも沢山のシャッターを切ったのですが、
ピンが来たのは2枚だけです。流し撮りは難しいです。

お納めください。

転送宜しくお願いします。

写真教室で撮ったもの3枚送りますので
前後が詰った走行シーンだったので速度
感が無い写真ですが。一枚はピントも甘い
ですが(笑)

mm414さん、

いやー、イイ写真でしたねぇ。
ウチのblogでもご紹介させて下さい。

D700と言うスーパーなカメラの凄さはあちこちで耳にはしますけど、きちっと使いこなしてこんな写真をモノにする腕前にも感服致しました。

ありがとうございました。

worksさん、

いやいやこちらも凄い......
#ちゃんと「猫」以外の写真も撮れるのね(笑)と改めてびっくり。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別働隊(ごそごそ) | トップページ | ぼそ。(汗) »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter