カテゴリー

無料ブログはココログ

« SUPER GT フリー走行 | トップページ | レースレポート »

2010年3月21日 (日)

SUPER GT 開幕戦(鈴鹿)...決勝

ここのおやじは本日もフツーに仕事してたので詳しいことはよくわかりませんが(汗)、

どうやら今日のレースはこんな事になってたようです。

なんでも、
スタート直後にポールシッターの#18 ウィダーinゼリー HSV がコースオフ、
十数周目には EPSON NAKAJIMA HSVをホームストレートでパスしようとした ウィダー HSV と ARTA HSV が絡んでクラッシュ、この場面、真ん中を走る EPSON を左右から同時に挟み込むように追い抜こうとした両車の内まず ウィダー が前方の GT300車両 に詰まって車を左に寄せ EPSON に接触(寄せる前にブレーキ踏めよ !)、EPSON は事前にやや左にかわしたもののはじかれる形でさらに左へ。
一方の ARTA もほぼ同タイミングで詰まってこちらは右に進路変更したためやはり EPSON と接触(ブレーキ踏めよっての !!)、左右から当てられた EPSON がダメージを負いながらも走り続けるその後でブレーキ踏まなかった二台は揃ってコースアウト・クラッシュでレース終了。(アホか)

もちろん EPSON はダメージの修復のためピットインしたのでこの時点で既に順位外に転落。

あとはずーっと飛ばして、

結果 #24 GTR が優勝したそうです。おめでとー


......だからさぁ、
ブツけて前に行こうって根性が気に入らんのよこのレース。
少しでも前へって気持ちはわからんでも無いけれど、そんな中でギリでかわす・当てない程度に寄せるってのがプロとしての最低限の義務でしょが。

アホか?っちゅうの。

そんなレースを見慣れたアホ共がサーキットに出てきて大顰蹙買ってる現状もあったりするので余計にムカつきますな。

あー、後味悪いっ !!

« SUPER GT フリー走行 | トップページ | レースレポート »

e#おやじな車生活」カテゴリの記事

コメント

ということでリザルトです。

EPSONは完走です。
レースはまずフィニッシュラインを踏まなくちゃね。

GT300。RX-7は最後のシーズン、初戦を優勝で飾りました。


●GT500クラス
1位 HIS ADVAN KONDO GT-R
2位 ENEOS SC430
3位 RAYBRIG HSV-010
4位 PETRONAS TOM'S SC430
5位 DENSO DUNLOP SARD SC430
6位 MJ KRAFT SC430
7位 KEIHIN HSV-010
8位 MOTUL AUTECH GT-R
9位 ZENT CERUMO SC430
10位 EPSON HSV-010

●GT300クラス
1位 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
2位 アップスタートMOLA Z
3位 ウェッズスポーツIS350
4位 マッハGOGOGO車検408R
5位 HASEMI SPORT TOMICA Z
6位 HANKOOK PORSCHE
7位 #86 JLOCランボルギーニRG-3
8位 COROLLA Axio apr GT
9位 NAC衛生コムLMP Ferrari
10位 #87 JLOCランボルギーニRG-3

イノウエさん、

雨宮さんトコ、やりましたねー。(ばちばちばち)

レースは無事ゴールしてなんぼ、素人のサーキットも無事にお家帰れてなんぼ、ですわね。

このレースは何かがおかしいと思う。
そもそも10秒以上のタイム差がある500と300を同走させる意味がわからんです。

#ひたすら危険なだけだろ?、と。

ああ、どこでどうやったら見れるんでしょうか(既に滝汗)。
そしてその映像をダウンロードとか出来るんでしょうか?
全くの無知なんです。動画は特に。友人がとりあえずなんとか録画してくれるそうですが、全容をまだほとんど見ておりません。フンガッ!

私も素人ながらいつも思っていましたが、やはりヘンなんですかね。
F1とF3000でしたっけ、F1の下のカテゴリは何故一緒にしないのか、みたいなモンディアルあいや、もんですかね。
500、300とも一つひとつの勝負を大切にしてほしい感じがしますね。
予算の都合でそれぞれの「枠」が取れないとか?

GONさん、

>どこでどうやったら見れる?
えーっと、isidaさんと言う人に教えてもらって下さい。(笑)

#あとでわかってる範囲の情報をアップします。

走行中の「マナー」に関して、これは過去の日本人F1ドライバーがそれぞれ走り始めた時にちょくちょく指摘されてましたよね。「アイツは危険な運転をする」「あんなやつを走らせるんじゃねえ!」みたいな。
でもね、文句言ってるあんただって結構ヤバい走り方してるじゃん!?と言う部分は置いといても(笑)、結局の所勝てるドライバーは車を壊さないと言う事実が残っていくのですよ。過去から未来永劫に。

シューだって生きているからまた出て来られるんだし、以前のクレバーな走り方は誰の記憶にもまだ新しいところだから「今更年寄りが出てくるな」なんて文句も出て来ない。(笑)

そう言う意味での最も正しいお手本になれるのが中嶋カントクだろうと思うんですけどね。
お遊びでもいいから走ってくれないかなぁ。(笑)

isidaさん、

朝から情報いただきありがとうございます。
休日は早起きするに限りますねぇ。(笑)

とりあえず公式レースレポートを見つけたのでアップして、さてあとは朝飯食ってからまた探すか?と言うところでした。
#さて作業再開(ごそごそ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SUPER GT フリー走行 | トップページ | レースレポート »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter