カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大ネタ号が発進(汗) | トップページ | 7+1人展その2 »

2010年10月16日 (土)

自動車アート 7+1人展

Img_0156
展覧会も最終日の本日10/16になってようやくチャンスが巡って来たので、急遽出かけてみました。

作品を出展されているのはそれぞれ非常に高名な方々であり、本来ここの筆者なんぞではとてもお近づきになれないはずの皆さんなんですが......

Img_0153
昨年秋にひょんな事から117Coupeの新作を、それもサイン付きでいただいた故・寿福さんに是非ともお礼を申し上げたかったのです。
#寿福さんはこの作品を描き上げ、その翌年の今年年初に急逝されました。
作品展のテーマが「プラス1」となっているのはこのためです。

Img_0155_2


テクニカルアート(透視図)と言う分野で長年にわたって活躍された寿福さんは、結局私たち117Coupeファンに対し2枚の素晴らしい作品を残して行って下さいましたが、その亡くなられる直前の時期に新たに描き起こされた作品はいただいたサインと共に私の大事な宝物となり、現在も自宅に飾っております。

Img_0158
ここでは全ての117Coupeファンを代表し、また全ての作品として登場した車その他のファンの声も代弁する形で、寿福さんの遺影に「ありがとうございました」とお礼を申し上げ、同時に安らかなご冥福をお祈りいたしました。

寿福さんに心から感謝いたします。

« 大ネタ号が発進(汗) | トップページ | 7+1人展その2 »

e/c_イベント」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
十分な対応が出来ず申し訳ありませんでした。

一般来場者、
在京メーカーの役員・デザイナー、イラストレーター、自動車専門誌記者、ジャーナリスト・・
さすが、日本を代表する方たち作品展でした。

あ、モーターマガジン返してもらわなきゃ(^^
で、結局事の真相はどうだったのでしょう?

イノウエさん、

最後は美女お二人のお相手でお忙しそうだったので私はそそくさと退散させて頂きましたが(笑)、
それにしてもやはりと言うか予想以上と言うか、この方々の作品展の場では私はあまりにも場違いだって事を実感いたしましたよ。
私が車というものに興味を持つきっかけを作って下さった方々が現実にそこにおられるんだもの。(汗)
寿福さんは本当に残念でしたけど、作品展の場でお礼できたのは嬉しかったです。
このような形で寿福さんの作品も展示して下さった皆さまにも感謝しなくちゃいけないですね。

お誘い頂いたイノウエさんにも感謝です。

gopさん、

......ぎく。
あれはとうにお返ししたはずの?
......なのになんで2冊あるの!? (滝汗)

すんませんすんません、間違いなく返却させて頂きますのでしばしお待ち下さい。

>事の真相
寿福さんにお訊ねするまでもなく、あれは新作でしょう。
2枚並べてみると明らかだもの。

ハハハ
全員の取材が終わったら18時30分
片付け始まっていて会場にいました(笑)

追伸
ラパンのデザイナーとお話出来ましたよ。

イノウエさん、

>18時30分 片付け始まっていて...
あらま。最後までお仕事、お疲れさまでした。

こちらはあの後ゆっくりと都内を走って帰路についたのですが、Saclamマフラーの快音は都内のビルが群居する通りではめちゃめちゃ派手に反響するのにびっくり。
普段の田んぼ道だと全然静かなんですけどね。(汗)

つい調子に乗って(笑)2速5,000rpmとかでヴァアーオとか言いながら走ってたら対向車にF430、ほぼノーマルルック。
へえ〜ってガン見したらきちんとシフトダウンしてくれて、グヴァッ、ウヴァアアア〜 アアアォォォオオ〜ン

うん、負けた。(笑)
シモニタ製4発+Saclamもイイんですけど、ホンモノFの8発にはかなわん。

ちなみについ先日の事、千葉の某新しいサーキットを走ったFの新車が「騒音規定値オーバー」で退場喰らったようです。やはりあそこで走るのは無理みたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大ネタ号が発進(汗) | トップページ | 7+1人展その2 »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter