カテゴリー

無料ブログはココログ

« 震災ごはん | トップページ | AutoGraphその後 »

2011年3月29日 (火)

早春、シモニタ方面へ

Img_0183

R254から妙義へと登って行く途中にあるいつもの梅林です。
iPhoneでの手持ちズーム撮影なのでひどい写真になってますが、今年もいつも通りに奇麗に咲いてます。
「桃源郷」と言う言葉がつい思い浮かぶような光景ですね。(桃の花じゃないけどね)

Img_0181

ハイオクガソリンの供給が落ち着いて久々に遠出したわけですけど、もちろんメインの目的はいつものお山でのいつものテストドライブ。
エンジンがヤバくなってるロドスタの様子見と、ガタガタになってる自分の身体のチェックとか、リハビリとか、気休めとか.........

ただしこの時期ですから当然なんですけど、路面はもう「お砂場」状態だしR1Rは賞味期限を過ぎてカチカチになってるしでまー滑るのなんの(汗)

そんな中でも明らかにしっかり走ってるっぽい地元走り屋おやじどものラインだけは砂が無くなってるのでそれを丁寧にトレースし.........?
って、お〜い、普段こんなラインで走ってるのかよ(滝汗)

久しぶりに走るホームコースでは(ブローしないように)燃調変えて激遅になってるロドスタのトロさが際立ち、路面の砂でなかなか全開出来ないと言う事情はさておいても去年のまだエンジンが元気だった頃に比べればせいぜい60%? 程度に過ぎないスピードでコーナーをひとつひとつクリアして行く。

トロくなった分パワーの100%は手のうちにできるので安全極まりない超ヨユーのドライブなんだけど、そんな中で改めて見えて来るのはこのロドスタの驚異的なコントロール性なのです。
前オーナー氏とど〜だ自動車がコラボで作り上げたサスとボディが、こんな場面では真価を発揮するわけですね。筆者程度のウデではまさに何事も起こらない安心感があるわけ。

......ふむ、むしろエンジンがダメって選択肢もあるのかも知れないなと本気で思った瞬間。
少なくともお山で走る分には、むしろこのトロい状態の方が遥かに安心して楽しめると言う事実があったりします。

さらに相変わらずと言うか更にと言うか、自分の足が言う事聞かない状態の運転手の方はと言うとこれが意外にしぶとくまだそこそこ細かい操作が出来る状態である事を確認できてこれはひと安心。
帰路には脚が吊りそうになってたけど肝心のお山での一時間程度の間だけでもしっかり動いてくれればまだ希望は持てます。
これなら筑波でも少なくともコース上ではまともに動くような気がする。(喜)

まぁそんな感じで色々と問題有りの人・車ですからとりあえず無事にお家帰れればOKですよね。
と言う事で帰宅後にエンジンオイルをチェックしてみたら出発前に「F」位置だったレベルが「L」の3mm上ですと。(泣き)
あ〜あ。
やっぱもうこのエンジン無理なのかなぁ。(号泣)

ま、それならそれでエンジンオイルは交換せずに常に継ぎ足しすれば良いと言う理屈にもなったりするのでいつも通りトランクに常備してるMOTUL 300Vを1L継ぎ足し、これでカラになったボトルには新たに300Vを満タン補給して明日に備えるわけだ。

......某F1エンジン関連エンジニア氏が新車で買った自分の車を数年間この継ぎ足し方式のみで維持したって話もあるわけだし。
......結局ブローしたみたいだけど。(汗)

ま、それは某社製エンジンがまるでオイル喰わないデキの良いエンジンだったがためにオイルの入れ替えがスムーズに行われなかったって事なんでしょう。
ウチのこんな場合の、ほんの一時間で1L喰ってしまうようなエンジンなら簡単に入れ替えできるって事でもあるんだから、

これでいいのだ。


たぶん。

« 震災ごはん | トップページ | AutoGraphその後 »

c#おやじなロドスタ」カテゴリの記事

コメント

可夢偉はクレバーに走って良かった けど失格は残念

琢磨は自己最高の5位リザルト 良かったね でも1コーナーで速い人達が壊れたという幸運も

エントリーとは関係なくてスミマセン(笑)

isidaさん、

色々波乱含みの開幕となったF1ですけどレース自体は非常にコントロールされた気持ちのよいものでしたね。
思うに、
「PILLELIが全然グリップしなくてやってらんね」
状態になってると見た。(笑)

なかなか楽しそうなシーズンの予感です。

ご無沙汰です。

ガキのころ、ハスラー50に乗ってました。ガソリンエンジンで動くものはオイルを継ぎ足すものだと思ってました。
その後、ダックス50に乗り換えたら、何とオイルを入れ無くてよいとのこと。ホンダは凄いと思った。
で、相当暫くしてエンジンがキンキンと鳴るのでバイク屋に行って初めてオイル交換が必要な事を理解した。

まあ、ロドスタが2ストだと思えばよろしいのでは?

その前にお腰をチューンナップしてください。

おお、masaさん、

丁度おもしろそうなネタが上がってた所なのでご連絡しようと思ってました。
http://arrive.sblo.jp/article/44108028.html
ここの店主のセッティングは絶妙なので、NC用もきっと素晴らしい出来映えになってるはず。

>ロドスタが2ストだと思えば
ほんとそんな感じだったのです、実際。パオ〜んって回る感じ。(笑)
今は燃調オトしたので普通の4ストですけど、それでもまぁ冷静に見てみれば元gopさん号AT仕様比では+30psは軽いわけで、
......つまりは決して遅いわけではないと言う状態。

>腰
首もなんですけど(笑)
笛木センセのお世話になるまではまだまだ道のりが遠いですね。
損害保険屋に加え勤務先保険組合の担当者がアッホー極まりないために事態収拾不可能な状態になってます。
毎月2万円近い健康保険料を払いながら現実には保険証を使えない状態が2年続いてますね。
まったく意味がわからんし。
たぶん間もなくブチ切れる予定。

帰宅後にエンジンオイルをチェックしてみたら出発前に「F」位置だったレベルが「L」の3mm上ですと。(泣き)
あ〜あ。やっぱもうこのエンジン無理なのかなぁ。

無理ですよ。
たかだか一時間で700ccを消費するとは、既にピストンは首振りを始めているようです。
クーペのエンジンがブローする前に、600km/Lでした。開けてビックリ状態でした。

恐らくシリンダーブロック側が磨耗しています。あっさりと次のエンジンの確保に向けて動かれることをお勧めします。

リバーさん、

>既にピストンは首振りを
まーそれは当然として(笑)、「ピストン溶けてる」に既に数票......(汗)

それでも走れるロドスタって素敵。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災ごはん | トップページ | AutoGraphその後 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter