カテゴリー

無料ブログはココログ

« RMJ その2 | トップページ | RMJに飯田裕子さん登場 »

2011年10月11日 (火)

RMJ その3

Img_0257

ランチャ ラリー 037
どうやら本物のワークスカーであるようです。(汗)

ちなみにしっかりとナンバーが付いてます。
会場へは普通に自走して来られたご様子(汗)
#10/11訂正
イノウエさんからのご指摘によれば下の駐車場で積載車がスタンバイしてたようですね。
そう言えば現場で、この車で一般道を走る際の様子を教えてもらっていたのでした。
「リアはでかいスポイラーのせいでなーんにも見えません」
「サイドミラーはリアのでかいオーバーフェンダーしか映りません」(大笑)

残念ながら今回はミッションを修理して換装したばかりとの事であくまでも「慣らし」状態での走行でしたが、まー腐ってもワークスカーと言うべきかたとえ半踏みだとしてもその片鱗は伺えるオーラ出まくりな走行シーンなのでした。(喜)

さてここからまた追記。

Img_0258

派手なのは 037 だけだと思ったでしょ?

実はその後にさらにこーんなのも続いていたのです。

まずデルタ・インテグラーレは市販Evoベースの「ワークスレプリカ」なんですけどその仕上がりがまたハンパじゃあないのよ。まー速いのなんのって。400psクラスなんじゃないのかなぁ(滝汗)

次の131アバルトラリーは市販型ストラダーレ。それでも充分に貴重な個体ですねぇ。

んでフォード・シェラ・コスワースRS200
こいつの詳細は取材してる時間がありませんでした。ごめんなさい。

« RMJ その2 | トップページ | RMJに飯田裕子さん登場 »

e/c_イベント」カテゴリの記事

コメント

いい音、してましたね。
あの音を聞いただけで満足です。
来年はワークス131アバルトも追加されるようなので楽しみが増えますね。
ワークス・ストラトス/038も来てくれると思うので。
デモランだけでも十分な魅力です。

追伸
積載車に積まれていましたよ。

この037ラリーは有名ですね。

市販された037はターボとのマッチングがいま一つで、ターボを外してDOHCのフルチューンにした方が速いと車雑誌で読んだ記憶があります。

しかしながらクアトロの出現により、あっと言う間に姿を消しました。
逆ハンドル切って派手にテールスライドさせて走る姿は、見ている側からすれば良いのかもしれませんが、いざタイムとなると別な話のようです。

元々のランチア・イプシロン?だったかな記憶曖昧ですが、この037は全くの別物です。

イノウエさん、

この個体との最初の出会いは'06年あたりの豊島園でしたかね。
エンジンかけてブリッピングしてくれただけでも幸せでしたけど、つかそれはまだ開場前の移動時だったので関係者しか聞く事ができなかったわけで、
そんな幸運な瞬間に居てさえもなお
「いつかこいつが全開で走るとこ見てみたいよなぁ」と

そんな夢が叶った瞬間でした。ありがとうございました。

リバーさん、

037のベースはベータ・モンテカルロですね。

私個人のWRCのイメージはこれとストラトスに集約されてしまうのです。(笑)
もうなんたって大好きな車(喜)

117おやじさんに同じ!
ラリーのレースとか性能とかわかりませんが
「存在」だけでいいです、これとストラトス!
太いタイヤもカッコいいけど、細身のタイヤで走っているシーンもまたたまりませんね!
ちなみにこの037のこのタイプは日本に何台あるのでしょうか。
私が佐賀で見た個体とは別ですかね・・・?

圧巻…。

GONさん、

>存在だけで
そーなんです。うぎゃあ〜ホンモノだあああ〜ってなもんで(喜)
それぞれの車が走ってる時は他のクラスの出場者みんなしてニコニコしながら眺めているわけだな。(笑)

>何台?
そーゆー事はイノウエさんにお聞きください。
あれは今アメリカに行ってるだとかあれはイギリスで修理してるだとか、あ、オーナーさんがF1関係で鈴鹿に拉致されたので出られなかったってのもありましたね。(笑)

U-5さん

おもしろそーでしょ? (うひひひひひ)

イベントの雰囲気がつかめたので来年は皆さんにも詳しくご案内しますね。

酔っぱらってま・・・(スイマセン)
とにかくワイドでカッコいいんですけど、なんと表現したら言いのか。
「絶対的質量がコンパクト」と言いますか・・・

なんかなしそげんこたぁどげんでもよかと!とにかくたまらんとですたい!
って感じにさせてくれます、現物を肉眼で見ると(笑)。
血沸き肉踊るというか、運転出来ないくせに任侠映画を見た後強くなったような、
見た後自分のクルマで無茶しそうになるアツい感じにさせてくれますね。
(因に結婚してからメーター読み2000回転以上ほとんど回した事が無い小心者です。)

GONさん、

WRCカーの魅力は「塊感」なんだろうなと思います。
コンパクトな中にとんでもないスペックをぎゅっと詰め込んでるわりには
いずれの車両も軽快感があるんですよね。

これらと比較するとHSVでさえもなんだかおデブに見えてしまう、そんな違い?

あと、HSVを運転しろって言われたら色々めんどくさそうでヤだけど(汗)
これらの車だったら喜んでやらしてもらいますよーみたいな違いがあるような気がする。(笑)

ですね(HSV笑)、
もうフロアから棒が生えているだけで
ボクでもうんてんできるんじゃ・・・クルクルがしゃん!

あ〜こわ!も、妄想だけで運転します(汗笑)

GONさん、

まー、この手の車ってとってもしっかり作り込んであるので私らの腕なら
たぶん、
「踏まなきゃ安全」
並の車の倍の速度域でも何事も起こらないかのような安心感がありますからね。

でもね、実際には車の方から
「ほら踏め」って言って来るからとっても危険になるのだった。(笑)

過去画像と比較しましたらこの037と私が見たものとは個体が違いますね。
私が見たのはフロントライトがノーマルに近い小径のものが付いているものでした。

「踏まなきゃ安全」

ですかね。でもこの出で立ちで「踏むな!決して踏むな!」とは聞こえないでしょうね!(爆)


※上記の書き込みは決して煽っているわけではありません。
(個人的にブログ等で「ふわわ」出しましたとか隠語で書いてる「自称車好き」な人は大キライです。サーキットで200出してるなら隠語を使わないでいいワケですからね(笑)。)

GONさん、

037ラリー、国内にも複数台存在するようですね。
この日走ってたのは以前豊島園に来てくれた個体のような気がします。

>「踏むな!決して踏むな!」
そんなわけないですよね(^-^;
ま、
「おら踏め、んでもヘタが踏んだら死ぬぞ」ってなもんで(汗)

ちなみにわたしゃ150psのロドスタで走ってビビリました。わはははは。

>サーキットで200
筑波TC1000のストレートエンドでの最高速はその150psクラスのロドスタで約135kmですね。
TC2000でも160km弱
200出すには富士まで行かなくちゃいけないです.........(汗)

すっかりres忘れていました、申し訳ありません。

豊島園と茂原は別の個体です。

実は、Tipo33、同時期に5台も日本にあったのですよ。

出る個体も多いようですが、入ってもきますので。
131は楽しみですね。

某所のある車をミニカーで今日と明日掲載します。

イノウエさん、

>豊島園と茂原は別の個体
ありゃりゃ違ってましたか? エグゾーストなんか全く一緒だったのでつい......(汗)

>Tipo33、同時期に5台も日本にあった
3台までしか知らんです。恐れ入りました。m(_ _)m

はい、お願いした本人が言うのですから(笑)

>エグゾーストなんか全く一緒だったのでつい......(汗)

ワークスマシンは「あの音」がするのですよ。

イノウエさん、

全開してほしかったな〜と言う話は置いときましょう。走ってるの見られただけでも満足しなくちゃ(汗)
でも、あれの本当の速さはあんなもんじゃないですよね。

#.........来年は新井選手にドライブしてもらうとか? (わくわく)

来年のワークス マルティーニS4とピレリ ストラトスの
オーナーも当然とても上手なドライバーなんですが
本気モードはプロドライバーが必要ですね。

というより、勝手に個人の車を全開にして良いのか・・

デモランが一回じゃ足らないですね。

イノウエさん、

来年のRMJはタイスケの方でちょっとお手伝い致しますよ。
#今年の倍の台数走らせても余裕でこなせますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RMJ その2 | トップページ | RMJに飯田裕子さん登場 »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter