カテゴリー

無料ブログはココログ

« ぼちぼちと(M100) | トップページ | M100ワイパープレード »

2012年7月10日 (火)

ELANに雨合羽

ELAN君の屋根です。

外からじゃわからないけど内側でえらい手の込んだ事やってるロドスタと違ってこいつのは単なる一枚布ですね。
使われている布の様子を見るとどうやら防水・撥水対策なんてのはあまり期待できそうも無く?

Img_0306

ならばとりあえず簡単な手当をしてあげましょうと言う事で布用防水スプレーを購入。

Img_0307

作業しながら観察してみると、この個体は幌自体はなんだか奇麗過ぎてもしかして張り替えたのかな?って印象もあるのですが前後方向は明らかに縮んでるためフロントウィンドゥピラーとの接合面では隙間が出来ています。
ま、
例え隙間が無かったとしても普通に漏れるだろぐらいに思っておいた方が良さそうなのがこのオープンカーと言う世界(笑)、それがイギリス車ともなれば(以下怖いから自粛)

まあ漏れるんなら対策しとけばいいんです。ロドスタだってボロいのを放置したら雨水だだ漏れになりますからね。

と言う事でまず用意したのは太さ3mmのロープを20M。この場合木綿よりも化繊の方がいいです。
こいつをこんな風に結びます。輪っかの大きさはぎりぎりミラーをくぐる程度にして下さい。

Img_0310

結び方はこんな感じ。
ロープの結び方について知りたければ「船」に関係した経験がある方を探すと手っ取り早いです。あの人たちって結び方について異常なこだわりがあるから(笑)

Img_0309

途中三カ所に結び目(チチ輪)を作りつつ反対側のミラーにも輪っか。
全体の長さはミラーに引っ掛けた輪っかが外れるようにたるみを持たせるんですが、具体的には後の方の写真を参考にして考えて下さい。

Img_0311

最初作ったロープをきっかけにして屋根全体を縛り上げます。
だいじょぶ、かなり優しく縛ってあるから(笑)

Img_0312


後側はELAN君標準装備の羽根を利用して固定します。
実はこのELANってNSXみたいなボディ一体型の羽根つきデザインになってるんですね。

Img_0313


次にビニールを用意します。
今回のはホムセンで切り売りしてる120cm幅の一番薄いやつを1,5M使います。

Img_0314

これをロープの下に敷き込んで位置決めし、余分な部分をカットしたらロープを巻き込みながら折り返してテープで止めて行きます。

Img_0315

出来上がり。使う時は全体を裏返します。

Img_0316

まあこう言うオープンカーの場合最もヤバいのはルーフ先端及びAピラー上の部分と相場が決まっていますのでその辺が重点的にカバーできればOKです。

Img_0317

後からの眺め。

Img_0318

多少みっともない絵ではあるもののこんなんで嫌な雨漏りを防げるんならがまんしなくちゃね。
材料代だって大した事無いんだし。

Img_0319

てな事をやってる所に丁度帰って来たウチの娘、雨合羽かぶったELANを見るなり、

「へー、ビニールかぶったんだ」
「どーせこのまま動かないんでしょ? んじゃあたしELANの中でなんか栽培しようかなっ( ´艸`)プププ」

おいっ! 動くわっ! 車検取ってないだけじゃあ (○`ε´○)

« ぼちぼちと(M100) | トップページ | M100ワイパープレード »

f/c7_LOTUS ELAN SE (M100)」カテゴリの記事

コメント

お勧めは「野積みシート」です。シルバーでとても厚手のシートです。
これは耐候性がとても高く、車を屋外に置いても、紫外線や降雨から守ってくれます。
車体と擦れが生じても、シート側の方が弱いので、車に傷がつくことはありません。ワックスで落ちます。
5m×3mで5000円くらいです。少し高いのですが、ブルーシートとかよりも耐久性が全く違い、車庫代わりとなります。はい。

リバーさん、

なーるほど。
農業資材コーナーには真っ先に行ったんですけど(笑)それは見つけられなかったですね。ふむふむ。

ここまでやっても,なぜか雨上がりの日に室内に水たまりが.怖いですね〜(怪談かよ).

お勧めは空心菜です。次から次に収穫できてインドア栽培に最適♪

isidaさん、

だいじょぶですよー、ダテにロドスタで鍛えてるわけじゃないですからねー( ;´Д`)

パンジャさん、

おおなるほど(゚o゚;; って、ビニールハウスじゃないんですってば。
こいつは盆栽にはならない予定ですから。予定、ね。(笑)

野積みシートは、大抵の量販店には置いてある筈では?

それで車を覆いますと、即席の車庫です。
シートについている金具にロープを通して、車を縛れば風で飛んでいくこともありません。

何故お勧めかと言うと、英国車の内装の弱さです。直射日光を当てると、革がすぐに退色や伸びだしてダメになります。

クーペにもお勧めです。

リバーさん、

なるほど内装の材質に関しては当初から危惧してますからなんらかの対策は必要かもしれませんねぇ。
どうせオリジナルの革シートはぼろぼろなので同じデザインでビニールに張り替えですかね。HMでやってもらった時の人がとても上手なので。

同じデザインでビニールに張り替えですかね。

それは止めて、革を使った方が良いでしょう。特にロータスは過去の車を見ても、革の使い方はジャガー寄りです。
特にバックスキンの風合いはビニールでは出ないと思います。

本革の場合、材料費よりも人件費の方が高いのが普通です。ビニールは止めておいた方が良いと思います。後から後悔すると思います。

リバーさん、

本革でのシート張り替えはHMの時に一度検討してますけど、職人さんからのお返事は
「一脚でウシ二匹」「お値段は時価」
なのでむ〜りい〜(笑)

> ロープの結び方について知りたければ「船」に関係した経験がある方を探すと手っ取り早いです。あの人たちって結び方について異常なこだわりがあるから(笑)

もやい結びも散々やったけど、結び方には拘りは無いっす。(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼちぼちと(M100) | トップページ | M100ワイパープレード »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter