カテゴリー

無料ブログはココログ

« えいちあいでぃ | トップページ | えいちあいでぃ その3 »

2012年11月20日 (火)

えいちあいでぃ その2

対向車に対して眩しい部分をどう処理するか?の悩みは続く(汗)

前回、RHD運転席側のカット部分に目処がついた事から助手席側も全く同じパターンでカットしてみたところ、
.........ぜーんぜん左側が見えませ〜ん(涙)

取り付け具合には問題は無いし二個のバーナー(従来の電球)をよーく見比べてみてもサイズや角度で
特に違ってる風でもなく?
そんならレンズカットが違うのかって見比べてもこれもどこがどうのって様子も無し。

さーてなんでこんなに配光が違うんでしょうねー?

ってな事で実はここ数週間悩んでたんですが、えーい、何かがダメなのは明らかだけど現状では解決手段が無さそうなのでここは仕事で日々鍛えてる「現物合わせ」で行きます。(笑)

Img_0658

まず運転席側。
あえて真っ昼間に庭でエンジンかけっぱライトオンにて「どうしようもなく眩しい部分」を目視で探し出しトライ&エラーを繰り返した結果の「最低限」処理状態がこれ。ここが対向車と前に居る車に対して最も迷惑になっていそうです。

Img_0659

続いて助手席側は、こちらはどうも右上の1/4ぐらいの部分だけがやたら対向車側を照らしてて問題だったのですがこれってレンズカットの様子を見ててもなんでそっちに行くのか理解できないんですよね。それで今まで手を付けていなかったのを今回は容赦なくカットしてしまいます。
こうして最悪の部分だけカットしてやれば他は素のままでもそんなに眩しい気はしないんですよね。

まあ後は暗くなってからの実走テスト次第ですけど。

んで、暫定配線でまだみっともないんですが配線の様子。ろM100さんからのリクエストがあったので掲載してみます。

Img_0660

まず運転席側ライトポッドの横にリレーユニットを置いてます。これはメーカー側の「完全防水/3年保証」ってのをとりあえず信用して直に両面テープで固定。付属ケーブルの長さの関係でここしかないかな?って感じ。

Img_0661

助手席側へのケーブル取り回し。M100のラジエータはこの下側に隠れていて上からは見えません。
黒のアース線二本はエンジンの吊り金具へ。赤の電源線はヒューズボックスから。

Img_0664

助手席側ライトポッドの中の様子です。キタナくて申し訳ない。

写真ではバラストが見えてませんがポッド内にきっちり収まります。手前赤いのがメインのコネクターでコントロールユニットは奥に隠れています。

写真のライトポッドの赤丸部分の裏側に収まるイメージです。

Img_0665


« えいちあいでぃ | トップページ | えいちあいでぃ その3 »

f/c7_LOTUS ELAN SE (M100)」カテゴリの記事

コメント

昔、某リトラ乗ってた頃、ラリー用の170W(多分)を入れロー・ハイ同時点灯したら、やたらパッシングされました。ショップだと記憶しているが、おやじさんと同じようにテープを貼る方法を伝授され、解決しました。

貼り方ですが、ライトの円に水平に線を引き(いわゆる半径です)中点から左に20-30度で斜線を入れます。この時に囲まれる鋭利な台形部分を隠します。両目共です。これで右方面の照射範囲が減光されます。

左方面は歩行者側ですので、明るいままです。

自分の経験ですが・・・・・・

masaさんって、

実は昔ラリーやってましたか?(笑)

写真ありがとうございます
参考になります

バラストも両面テープですか?

ろ100さん、

バラストは配線と一緒にインシュロック固定です。
なんせまだ暫定テスト中ですので。
色々やって納得したらライトポッド外してちゃんとやり直します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« えいちあいでぃ | トップページ | えいちあいでぃ その3 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter