カテゴリー

無料ブログはココログ

« JAPAN LOTUS DAYその3 | トップページ | 熊谷BRITISH HISTORIX »

2012年11月 7日 (水)

英国業界事情

最近お世話になっているイギリスの方から教えていただいたこと。

Lotus stands for "Lots Of Trouble Usually Serious"

うはははは。かの国の車業界内ではそう言う言われ方をしているんだそうな。
えーっと、ロータスってのはたくさんのシリアスなトラブルを引き起こすために存在してるってんですか(笑)
なーるほど〜

これを笑って受け入れられるぐらいじゃないとこの車とは付き合ってらんないぞと言う事ね。
ええ、ええ、こちらとしてもオーナー歴数カ月でも充分わかると言うか、既に一部は身に染みて来てるというか、、、、( ;´Д`)

先日中身が崩壊してる事が明らかだった酸化触媒部分のセンターパイプをまた直輸入してみたんですけどね、箱を開けて見ておー今回のはどうやら新規制作したものっぽいぞと喜びつつ手に取ったその瞬間にもう笑うしか無いって状態のデキなのでありまして、まあ一人で笑ってるのもなんだから深谷のまふりゃー屋さんにも見てもらったわけです。

「どーなんでしょ、これ?」
「あー、まあそんなもんでしょ?(即答)」

いやー楽しい車だよなー(棒
1352221010999.jpg

« JAPAN LOTUS DAYその3 | トップページ | 熊谷BRITISH HISTORIX »

f/c_LOTUS」カテゴリの記事

コメント

度々失礼します。
とびっきりの美人の愛人と生活していると思えば良いですよね。(笑)

これはアレですか。

「山は高いほど登りたくなる」

つーか

「神よ 我に艱難辛苦を与えたまえ」

つーか、そんなヤツですか。
あ、アレだ。

「手のかかる子ほど可愛い」

コレか! なるほど(勝手に納得)

PB metokitiさん、

M100がなんとか動くようになって以来、茂原から始まってほぼ毎週のようにどこかのイベントに出かけるはめになっております。いつでもどこでも屋根開けて、今までのロドスタと基本的には変わらないはずなのになんか新鮮な気分で走ってますね。
普通に走ればけっこうダルでスポーツカーとは言いかねるような大人しい車なのに排気系総交換で本来のパワーを取り戻してからは踏めばクソ速い(懐かしの)JTターボの感覚。つかJT191Sよりも速いんじゃないのかな?って感じもしますね。しかもコーナリング時のサスの限界は底なしだし。

M100ってのはなんともまあとんでもない車でしたねえ。(笑)

>とびっきりの美人の愛人
あはははは。まあそんなのも良いかもですね。

panjaさん、

えーっとどっちかっちゅーと、
「酒でも焼酎でも持って来い〜」

あ、ちがうか
「矢でも鉄砲でも」か(笑)

艱難辛苦はもういいです勘弁して下さい。手のかかりすぎるのももういいス(汗)
わたしゃこいつで普通に大人しく暮らして行くんだ〜

度々失礼します。
そうなんですよね〜ダルダルの時は『良いのよ!だるい時はゆっくりして!』と車が言ってくれますし、きっちり行くぜ!って時は『あたしを乗りこなせるの?』って感じになってくれるし、かなりの自由度がある車なんですよね〜。
私はJT191Sは乗った事無いんですがFD3Sよりコーナリングは速いですよ!
シャーシ、サスペンション共にこれほど考えられた車はそうはないとは思います。
所でですが、ロータスデーで新潟の方とお会いしましたか?

当分楽しい火が、じゃない日が続く事でしょう(^^
お疲れさまでした。

PB metokitiさん、

あ、あれはやはり「ラン子」でしたか(笑)

M100エラン、そのコーナリング能力は底知れないものがありますね。
こちらはほぼ現役でロドスタでサーキット走ってたりするんですけどそんな経験からしても恐ろしく興味深い挙動になってます。

>ロータスデー
新潟から参加の方はエスプリで来られてたような?

gopさん、

あーもうおなか一杯です。LOTUS食い過ぎかも(笑)

その昔、触媒部分から鈴虫の鳴き声がしてた頃があります
主治医が触媒を取り出して廃棄、切開箇所は溶接して元に戻しました

名無しさんいらっしゃいませ〜。

本来ならそのような切開手術が正解だと思います(^^;;
いやー、棒突っ込んでガシャガシャやって中身出しちゃえってなやり方もあったんですが今回は真面目に純正パーツを使ってみました。ただし選んだのは英国仕様ストレートパイプですが(笑)

交換後はブーストがしっかりかかるようになったのと排気音が低温寄りになってややうるさくなったのと。

名前忘れてました
□100です

□100さん、でしたね(^^;;

あの黄色は日本仕様にして輸入されてたんですね(゚o゚;;

今回は崩壊状態でのガスを測ってみてもうほぼゼロ付近だったのでストレートで良しと判断しました。たぶん音は違ってそうです。

まぎらわしくて申し訳ありません
ろ100です

赤いM100を修理しながら維持してます
黄色いのは茅ヶ崎の紳士だと思います

ろ100さん、

あ、失礼いたしました。てっきり黄色い方だと(^^;;

あちらの方でも宜しくお願いしますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JAPAN LOTUS DAYその3 | トップページ | 熊谷BRITISH HISTORIX »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter