カテゴリー

無料ブログはココログ

« ラスト、高速周回路!! | トップページ | 最後に、関係者の皆様に感謝 m(_ _)m »

2013年8月17日 (土)

おまけは170km/hでバンク上段を走る(@_@)

と言う事で素人のバンク挑戦は終了したわけですが、ここのバンクの設計速度は190km/hであるとの事で、せっかくなのだからとベストカー誌側のお心遣いにより講師陣の運転でその世界を体験させて頂きました。

設計速度が190km/hであると言う事の意味は、そのスピードでバンクを走った時に車は平地のストレートを走るのと同じ状態になると言う事です。
すなわち、
「えー、今170km/hです。この状態でハンドルから手を離すと車は速度に対して釣り合った位置のバンク上を勝手に真っ直ぐ走ります」

.........先生、本当に手を離してるんですけど(@_@)

うえーって驚くのと同時に結構強烈に縦Gが襲いかかって来ますね(@_@)
ひええ、これが噂のバンクの縦Gなのね、えらいもん体験したなあ。離陸時の飛行機のあれだわ。

そしてバンクが終わりストレートへとつながって行く場面では、自分の運転で90km/hで体験したあの嫌な感じがはっきりどう言うものなのか理解できますね。バンク中の縦Gは一気に抜ける感じがします。コース自体は非常に滑らかにバンクからストレートへと繋がっているわけなんですがGの抜け方は一気なように感じます。って言うか実際にはタイヤのグリップ感が全く無くなる(@_@)

これは相当怖いですよ。

「谷田部のバンクも設計速度は同じ190km/hなんですけど、あっちのバンクではこの出口の所で沢山事故が起きてますね」

うへー(´Д` )

バンクと言うものの考え方ですが、先程設計速度で走った時に最上段をステア操作無しでまっすぐ走る事をご説明しました。この事を言い換えるならば、このバンクでは190km/h以上の速度からこのバンクが「コーナー」に変化して行くと言う意味になります。
設計速度が190だから190以上出しちゃいけないって事ではないんですね、そこから上の速度ではステアも操作して大きく曲げる感覚で走ればバンクから飛び出す事は無いと言う理屈になります。

理屈は、ね。

さー、皆さん〜、この「バンク」っちゅーもんの上で190km/h以上の速度域でもって、例え僅かな角度であったとしてもだ、舵角が当たった状態で駆けぬける自信があるって方いらっしゃいますかー?!

.........わたしゃヤだ!! ずえーったい嫌、

つか、ニッポンの一般人の方、国産車にお乗りの普通の市民であればそもそもリミッターが効いちゃう速度域ですから経験のしようも無い世界ではあります。合法的にこれを体験できるのはリミッターカットしたサーキット用の車で富士をあるいは鈴鹿を走るぐらいしか手は無いですからね。
まあ普通ならばもう想像の中の世界ではあるのですが、実際のサーキットではたかが1600ないし1800cc NA のロドスタでもしばしば200km/h超えは可能ですから、ここはまあ筆者もそう言うちゃんとした車で富士を走ったことがあるって事にして下さい、そうじゃないと話が進まないので(^^;;

で、まあ、その190km/hオーバーコーナリングってものがいったいどう言う世界なのか?(@_@)

これ、先に言っちゃいますけど車とコースがちゃんとしていれば、少なくとも高速道路でゆっくりとレーンチェンジする程度でしたらきちんと集中して操作してやればさほど身の危険を感じるような事は無いです。現代のレース屋さんのレベルって相当すごい事になってますからこんな程度の速度域で破綻する事は無い?

ただね、噂に聞くそのバンク出口でのノーコントロール状態➡クラッシュして即死レベルの事故? これって300km/hとかの速度域であるような話も伝え聞いておりますから筆者レベルでは想像を絶する世界である事は確かです。
そしてバンクを実際に体験した後ではその単純な何キロと言うスピードにあのバンクでの強烈な縦Gが加わったらどうなるのか?って部分を多少なりとも想像できるわけで。要するに、例え直線で300km/hを楽にマーク出来る車であったとしてもあの縦Gが加わった時にその車のサスは、あるいはボディは耐える事が出来るのか?

これ相当にヤバイ気がします。
通常その速度域まで持って行くとなれば所謂空力部分の手当もしっかり行う必要がありますよね? 今時でしたらネットで入手できるような品でもきちんとダウンフォースがかかる物だってある。そんな品にこの強烈な縦Gが加わった時にどうなるのか?
仮にバンクを無事にクリアしたとしましょう、ではその先のバンク出口での急激なGの変化に対しその空力パーツはきちんと、ドライバーが無事に家族の元へ帰れるような仕事をしてくれるのかどうか?

いやこれは相当に厳しいと思いますよ。もう本気のレースカーの世界に居る人たちに任せるべきものなんだろなと、いやほんの短時間の経験だったんですけど、冷静にビビりました((((;゚Д゚)))))))

« ラスト、高速周回路!! | トップページ | 最後に、関係者の皆様に感謝 m(_ _)m »

e/c_イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラスト、高速周回路!! | トップページ | 最後に、関係者の皆様に感謝 m(_ _)m »

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter