カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「b/a_McIntosh」の1件の記事

2010年8月 2日 (月)

もうひとつの"McIntosh"

ただいまこのblogを書いてるのが「アップル・マッキントッシュコンピュータ」


ダイジェスティブビスケットにチョコ掛けした美味しい「マッキントッシュ」ってのもあります。

#日本のスーパーには「マクビティ」しか無いのはとーゆーわけだ?



P1030464

そしてこちらが「マッキントッシュ・アンプ」


(写真は筆者が愛用中の"Mc7270"で、以下の本文とは直接の関係はありません)












たまたま休みで、自宅でのんびりとへたばっていた所に元いすゞ主治医からのメール。


「Mc275の真空管がいきなり青白い光を放ってぶっ飛んだ」


げげげのげ(滝汗)

へぇ〜い、すぐに代わりのマッキン様かついで行きます〜。


注)「Mc275」

1961年発売の初代と、後年登場したメーカーによるリプロ品の二種がある。参照先


#型番は 2ch/75W out put の意



主治医宅にあるのはリプロ品の方です。

オリジナル品の相場は今や軽く100万オーバー(汗)




と言う事で車で10分のところにある主治医宅を久しぶりに訪問。


早速くだんのぶっ飛び真空管を拝見させて頂くと、おー、ものの見事にパンクしてました。Mc275のある意味代名詞とも言える KT88 出力管は、もちろんメーカー純正品のMcIntoshロゴが印刷された品が刺さっていて、これが見事にぶっ飛んでるわけ。幸いガラス管本体は無事だったものの中のヒーター周りとかトッププレート近辺は真っ白になっていて、まぁ、完全にお陀仏でしょうねぇ。(なんまいだ〜)


アンプ本体の方は別のオーディオ主治医の手により素早くチェックが成されて、どうやら本体側の問題では無いらしい。......ってぇ事は原因は単純に真空管本体の不具合なのか!?


これって、マッチドペア2本で軽く6万とかする超高級球なんですけど? しかもメーカー純正品が、ヘタる前にぶっ飛ぶだなんてアナタ、とても考えられないようなトラブルなんですけど......


さすがに天下のマッキン様ですからねぇ。過去の歴史上での様々な名アンプ群に関する抜群の信頼度については筆者も躊躇無く太鼓判を押せるほどに評価は高いのですが、


うーむむ、

ここに来てこんな壊れ方するか.........(汗)


その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe a/Solex a/カーステレオ a/クラッチ a/ショックアブソーバ a/シート a/ステアリング系 a/タイヤサイズ a/デフ a/フロントコイル a/フロントサス a/フロントスタビ a/ブレーキ a/ヨソの117 a/リアリーフ b#おやじなJAZZ&AUDIO b/a_McIntosh c#おやじなロドスタ c/a_ROMチューン c/a_アンダーパネル c/a_エアインテーク c/a_エクステリア c/a_エンジン c/a_オイル類 c/a_サス関連 c/a_シート c/a_ステアリング系 c/a_タイヤ&ホイール c/a_ブレーキ c/a_ボディ補強 c/a_マフラー c/a_羽根 d#サーキットで遊ぶ d/a_ "ど〜だ"走行会 d/b_筑波TC1000 d/c_筑波TC2000 d/d_本庄サーキット d/e_ジムカーナ d/f_「お山」方面 e#おやじな車生活 e/a_SACLAM e/c_イベント e/d_車いじり e/e_トラクション? e/f_雪道の走り方 e/g_ヨソの車 f#いろんな車 f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) f/b1_CATERHAM 7 f/b2_CATERHAM 7 1700SS f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) f/c7_サスペンション f/c7_ブレーキ f/c7_ホイール f/c7_マフラー f/c_LOTUS f/e1_HONDA NSX f/f1_SUZUKI Cappuccino f/f2_赤い耕耘機Cappuccino g#おやじな「おいしい」 g/a1_田沢農園の果物 g/b1_「北の良品.com」 g/d1_魚介類 g/e1_食べ物 g/f1_料理 g/g1_日本酒 g/h1_お米 h#おやじなハンドメイド t#自転車 u#mac v#blog w#おやじなお知らせ x#おやじな庭いじり Y#猫(笑) Z#う〜んと......(汗)

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter