カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「d/d_本庄サーキット」の37件の記事

2007年10月30日 (火)

達成感...

P1010017雨の本庄を走り終えたホイールはブレーキダストで本来の白が灰色(それも"汚い灰色")になっちゃってますね。

タイヤの方は雨+低温でほとんど発熱する事もなかったので山の様子にはほとんど変化なし。
このまま11/3のTC1000"ど〜だ走行会"でも問題なく使えるでしょう。

写真の右前のが最もすり減っていて約0.5〜1分山、他に左後は7分山残っておりあとの残りはいずれも2分山と言う組み合わせになっている。これでドライであればきっちり溶けた上で素晴らしいグリップとコントロール性を発揮するのは確認済みなのだがいんせん本庄は終日ウェットであり、さすがにそのウェットで山のないタイヤではブレーキが辛いと言う事がよくわかった。(大汗)

本庄で"鹿"の後を走って観察してみると、絶対的に速い「鹿号」あるいは今回の「娘NB」いずれでもブレーキングポイントはむしろ筆者の方が奥だった。
これは何も筆者の方が上手いとか言うのではなく、筆者NAが明らかに遅いのに加え単に筆者のブレーキが弱い(減速が足りない)と言う意味であり、ことブレーキングに関してはコース外から観察する"鹿"の無謀とも思える突っ込みよりもさらに筆者の方がヒドかったと言う事が確認できたわけであって(爆)、ここはコーナー一個分の間だけ深く反省して素早く"鹿"のブレーキングをコピーする事にする。
#なるほど、例え"鹿"と言えどもこのくらいの減速はするわけね......
実際にはブレーキング終了時/ターンイン時の絶対的速度は鹿の方が僅かずつ速いのだけどこれは腕の違いであるから即座に真似できるような種類のものではない。( ......筆者には無理 ! )

そうして「鹿みたいな」ブレーキングでターンインしてみると、なるほど予想通りヘタにアンダーを出す事もなくスムーズなコーナリングができる。
ふむふむ。
実はこれこそが今回の本庄のテーマだったのですよ。
#概ねイメトレ通りだったブレーキングを実際の鹿のブレーキングを見ながら確認できたのは大きな収穫だった。(ありがとね、>鹿)

更にもうひとつ、
ターンイン後のドコからアクセルを踏むか?

これに関する重大なヒントは先日の筑波血戦を走る"ボス猿"からいただいている。

......と言う事で両者を同時にウェットの本庄で実地検証できたのは実にラッキーな事であった。
なるほど例えウェットで山のないタイヤでも正しく操作すればロドスタはきっちり曲がるしきれいにトラクションも掛かる。
オープンデフ? 「つっかえ棒」サス? そんなの全然かんけーねー。(笑)

そんなんだってちゃんと操作できれば十分に気持ち良く走れるんだもんね。

2007年10月26日 (金)

本庄ご報告

P1000004 10.26"ご近所走行会"が無事終了しました。

それでは結果発表です。コースは終日フルウェット。

まず「33R」さん、48秒796
内輪では文句無しの一等賞でして、うん、さすがにウェットの四駆は強いと言う事がよくわかりました。
ちなみにグリップ総合でもインプに次ぐ二位のタイムです。
なおこの"33R"さん、本庄サーキット走行は本日が初との事。(大汗)
#さっすが"鹿"の友達ってだけの事はあるなと。(笑)


P1000001 続いて"mmdaichi"さん(117)が56秒033

このタイムの持つ意味がわかるのは117乗りの中でもごく少数の人たちだけかも知れないですが、正直言ってすんごいです。





P1000002最終コーナーを立ち上がってコントロールラインを通過するあたりの連続ショットです。

赤いのがタイム表示ボード。






P1000003ここから左方向にメインストレートが続きます。

#ここの加速は見事なものでしたよ。








P1000005_2 んで筆者は52秒664
#ドライでの持ちタイムは51秒350です。

あと娘NBも本庄初走行で56秒290
ウェットとしてはほぼ目標達成だったと思います。






ちなみに、
「娘NB」+"鹿"の参考タイムは51秒535

......くっそぉ〜、やっぱり鹿は速い。(汗)


参加者の皆さん、大変お疲れさまでした。
主催の180SXさん、とても楽しかったので廃車しないでまたやりましょう。(笑)

2007年10月25日 (木)

10.26準備完了

P1010015明日の本庄に向けての出撃準備が整いました。

まぁでも、実際にセットしてみると全然大人しいもんですね。
車高なんか全然高いし、7j+205/50-15もフツーにきれいに収まってるため違和感ゼロだし、まぁ羽根だけはちょっと"お猿"してますけどそれを除けばごく普通の街乗り仕様でしかありません。

なにしろ本物の"お猿"さんたちが捨ててったものを拾い集めて車を作ってる関係上(笑)出来上がりが本家のお猿さん達には遠く及ばなくなるのは当然の事と言えます。
#うーん、オレのはあそこまでヒドくはないぞ、と。(ホッ)

ちなみに内訳は、
・U-5さんが捨てて行った「純正フロントリップスポイラ」
・鹿が捨てて行った「ENKEI RP-01/7j」+「Neova 205/50-15(0.5〜7分山)」
・同「Apex-i N1マフラ」
・mm414さんが捨てて行った「トランクリッド」
・高崎環状線の某中古屋で拾って来た「羽根」
・娘からカッパらった「NB純正ビルシュ」+「マツスピバネ」
・某ショップが作り損ねて捨てた「インテーク」

うーむ、
写真の範囲でまともに買ったのは「牽引フック」だけだったりして......(爆)

なお上記のような行為は通常「タナボタ」と言う名称でもって言い表される事があるようですが、この名称に関しては某所にまんま「タナボタ号」と言うのが存在するため、筆者のようなヘタレレベルでその名称を使う事は堅く禁じられております。
......だってさ、
アッチのはまず「拾って来たピストン」から始まるんだもんね。(笑)
#あ、車自体も確か拾って来たヤツだった......(大汗)



以下関係者に私信。

10/26の本庄ゲートオープンは7:30AMです。
筆者と娘はその時間に入場いたします。
#この時間以前に到着した場合は、下の「ファミマ 」で時間つぶしするのがここのセオリーです。

"鹿"さま、"33R"さま、"mmdaichi"さま、"mm414"さま、お昼はこちらで用意しますのでご心配なく。

それでは皆様お気をつけておいで下さい。

2007年10月23日 (火)

10.26タイヤ決定

どうやら世の中はようやく本格的な秋らしい気候になって来たようです。
きれいに澄んだ空気、清々しく青い広い空、こりゃもってこいのサーキット日和になりそうじゃあーりませんか。(喜)
そろそろ週間天気予報が出る頃なので、ここは最も信頼できる朝の「あいちゃん」で確認します。(笑)



.........へっ?
10/26のみなんですか!?
......誰だよこのものすごーく引きの強いやつは!?

「えっ? 雨? そりゃまぁ主催者さんのせいに決まってるじゃん」
今回の主催者である「汁八十」さんはスーパー雨男の実績がたくさんあるらしいので素直にあっさりあきらめた方が賢明であるらしい。

まいいや、自分のタイヤ決めとこう。



P1010006まずこれが筆者通勤用セットの6.5j+195/50-15。

山はまだまだあるし乗り馴れてるからコレで十分なんだけど......






P1010008せっかく"鹿"が提供してくれた7j+205/50-15を試さない手は無いよね。








P1010009 どうせなら更に20mmのスペーサーもカマして......

#おおお!
どっかのおサルさんみたくなったぞ。(笑)





P1010010 ......と、3秒間喜んだ後、
冷静にタイヤとフェンダーの位置関係を観察する。

#すんばらしいツライチ状態です。(爆)






P1010012 同、フェンダー真上からの絵。

......どーです?
ぴったんこじゃあーりませんか。(笑)







とまぁ、ちょっと前までの筆者だったら間違いなくコレでサーキットに出かけてます。そりゃもう断言できますから。(笑)
だけど例え「とてもおサルさんには及ばない」この筆者であっても多少の学習と言うものはいたしますよ。
#なんたってねぇ、昨年のTC2000のパドックでいきなりハンマいっちょでフェンダを板金してる某長岡方面のとっても速いお方の姿を目撃してるわけですからね。(爆)

......ま、そうじゃなくても「バンプラバー命」の筆者NAでは「ストロークは使い切るもの」と言うセッティングになってますから(笑)これでサーキット行ったらフェンダの耳は100%間違いなくタイヤと干渉します。

もちろん、...ここでそんな「耳を折る」なんて野蛮な真似(笑)をするような筆者ではないですので、



P1010013結果的にはごく当たり前にタイヤ/ホイールの単純な履き替えのみと言う結論になりました。

2007年10月17日 (水)

間もなく10.26本庄

本庄サーキットでの「ご近所走行会」の日がいよいよ近づいて来た。

とりあえず、

おやじNAはオイル交換終了・205/50-15Neova準備良し("鹿"が提供してくれた最高においしいスリック一歩手前状態)・羽根ももちろん準備OK・ラインとアクセルは某ボス猿のをパクるつもり。(うひひひひひひ)(ドコ飛んでくかわからんとも言う)

続いて娘NBもオイル交換完了。タイヤのチェックもOK。

この準備のために久しぶりに娘NBに乗ってみたんですが、いやコレは速いでしょ!?
今や完全にNAに慣れきってしまった筆者には全く別の車としか思えないような挙動を示すNBは、改めて冷静に見つめ直すと思ってた以上にハナが重くて入りが鈍いんですよ。
ちなみにこれはMT化して以降初めておやじNAに乗った娘の感想からも明らかです。
「NAってハナが軽いね〜。すいすい入って怖いぐらいだよね。」

んでNBはややステアが遅れアンダー気味で入った後あわててアクセルワイドオープンすると、......こいつはあっさりケツが出ると言う特性になってる模様です。(汗)
もちろん適切なニュートラルステアで入ってアクセルオンでターンインする分には純正のトルセンデフとKONI ASA(ど〜だSPL)の懐の深さでもって「あり得ない脱出速度」が得られると言う娘NBの特性が隠れているわけですけど、
......コレって相当に丁寧にかつ大胆な操作しないといけない難しい(レベルの高い)特性になってるような気がしてきました。
#ホントにこんなもんでサーキット走るのか? >娘? と言う事で今更ながらにちょっとビビるおやじ。(汗)

どうやらこの"ど〜だチューンド"NBって、相当にまじめに難しい車であるような気がいたします。
もちろん娘程度の「踏めない」ユーザーにはひたすら安全マージンの高いセッティングとも言えるわけで、これはこれでおやじの予定通りになってるんですけど、いざしろうとの限界を超えて踏み込んで行った時に果たしてその車側の能力に娘が対処できるのかどうか非常に心配な部分はあります。

簡単に言うと「まじめにしっかり操作すると速いNB」に対し、「お気楽に"カン"で走れるNA」の違いとでも申せましょうか......(笑)
#NAが妙にケツに馴染むのはこの辺の特性の違いによるものだったのかと、今更ながらに気づく筆者。(爆)

ま、コトNAに関しては強力な先輩方の例がゴロゴロ転がってますのでまったく心配はありませんけどね。(笑)

2007年9月26日 (水)

10.26着々進行中

10/26本庄「ご近所血戦」(笑)の準備が着々と進行中です。

娘が急遽作ったご案内HP がとりあえず完成しているようですので、既に参加表明されている「33R」様、「mmdaichi」様は正式エントリー手続きのほど宜しくお願いいたします。

また現時点ではまだ若干の余裕がありそうですので、今から参加したいと言う方がおられましたらご遠慮なくお申し込みください。

#mmdaichiさんに私信
筆者メルアドをnifty一本に変更しております。(右のプロフィール欄にあります)
恐れ入りますがご連絡はこちら宛にて宜しくお願いいたします。

#33Rさんに私信
当日は一切遠慮なく突かせていただきます。(笑)
...全然届かないと言う場合は、......鹿に運転させます。(爆)




と言う事でいよいよ楽しい秋の走行シーズンがやって来たわけで、その一発目となるのが10/5の(どーしよーもない)ロドスタ筑波血戦であるらしい。(...いきなりコレかよ?って感じですな)
すでに昨年の覇者である新潟方面からは、間瀬サーキットでのテスト走行でNゼロのタイムに並んだと言う報告が上がって来ている。
またおやじRひらのカントクは既に新エンジンの慣らしを終え、さらにファイナルも変更して万全の状態であるようだ。
一方の筆者イチ押し某ど〜だしゃちょも、今年は気合いを入れてエンジンに手を入れて望むのだそうであり、なんと10/1から取りかかると言う噂の新エンジンがいったいどう言う仕様になるのかとても楽しみだ。(慣らしはどーすんだ?って話も...)

撮影班として参加する筆者としても色々ネタがありそうでとっても楽しみです。(笑)

ま、このようにして各地のおじさん達も相当に気合いが入っているわけであり、ここは筆者の場合も10/26は少し方針を変更してちょっと「攻めて」みたいかなと考えている所なのだ。
なんたって翌週の11/3がど〜だ走行会で決定したようであり、これはある意味本庄をテスト走行にあてて11/3が本当の決戦のつもりで望めると言うこれ以上無いスケジュールになっているのだ。

いやね、いい加減そろそろ「通勤車なんだから壊しちゃいけない」「娘が見てる手前あまり無茶するわけにも行かない」ってな縛りにうんざりしてるのよ。
別にさ、壊したら軽トラで通勤すればいいだけの話なんだし、天気が良ければ117だってちゃんと動く。自前の代車には不自由してないんだからもう踏んだっていいじゃん!と言う気分になってるわけなのです。だいたい娘にしたってタイムではもうおやじよか速いわけなんだからもう遠慮する事は無いんだもんねっ! (自爆涙)

と言う事で本庄は新兵器の「とっても大人げない羽根」と某鹿から恵んでもらった7J+205/50-15Neovaで勝負する予定。とっても素敵に限りなくスリックに近いNeovaが素晴らしいパフォーマンスを示してくれそうな予感がいたします。(笑)

うおっしゃあ、気合い入って来たぞぉおおお! (爆)

2007年9月 3日 (月)

10.26再度お呼び出し

P1000393_2え〜、ご来場の皆様の中のお猿なロドスタの皆様(笑)、...そんな訳ですのでお時間の許す方は是非ご参加ください。

今回の走行会はあくまでも地元の素人主催、つか、そもそも走行会の経験者も少ないぐらいの状況なのでいつの間にかウチの娘が相談役兼段取り担当になってるフシも...(汗)

まぁこんな場合にはいつもお世話になっている某ボス猿氏の「とってもまともな采配」をお手本にできるのは大変ありがたい事です。
#多忙な中でも決して自身の「ネタ作り」を忘れないエンタティナー性もぜひとも見習いたいところですが、...ウチの娘にはまだ100年早いですわな。(笑)

いずれにしろ詳細を詰めて改めてご案内いたしますので今しばらくお待ちください。

2007年9月 2日 (日)

10.26お呼出し(笑)

P1000389ご来場の皆様にお呼び出しいたします。

え〜、gop様、
ボクスタ君の全開テストのお時間です〜。(笑)

え〜、mm414様、
NC RHT君 全開テストのお時間です〜。(笑)

さらに、え〜、......岐阜の"K bros.兄"様、赤いの青いの白いの青いの白いの緑の、......どれかが出番です〜。(爆)

え〜、"ウルトラマン"なかむら様、M3のもの凄いトコ見せてください〜。(金曜じゃ無理ですかね?)

え〜、"ゴーン"辻様、mmdaichiさんがお待ちかねです。(笑)

え〜、戸川流様、ハルキチューンド全開のチャンスがやって参りました。(笑)

え〜、ながさき様、アクエリチューンドの勇姿を見たいんですけど...(ぼそ)

え〜、ハッピーリバー様、......息子さんのエボでもいいっス。(笑)

以上全て原則的に「あくまで冗談」のお誘いですが、ご都合の許す限りご参加いただければ幸いです。(ぺこり)

2007年8月31日 (金)

10.26(金)本庄貸し切り

走行会のお知らせです。

来る10月26日(金曜日)、高崎のプライベーターが集まって本庄サーキットを貸し切りにする事が決定したそうです。
この機会に是非サーキットを走ってみたいと思われる方は筆者アドレス(プロフィール欄にあります)にご連絡いただければお取り次ぎさせていただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。

なおウチの「娘NB」と「おやじNA」は強制参加だそうで(汗)、申し込む以前にリストに載っている模様...


とりあえずわかってる範囲では、

・今回は走行会形式ですので本庄の「サーキットライセンス」は不要です。持ってない人にとってはこれだけで3,500円お得。
・料金は概ね参加費10,000円+タイム計測器使用料+保険+サーキット入場料で13,000円程度までが目標との事。
・走行はドリ屋さんとグリップ屋さんそれぞれをクラス分けし、10〜15台ずつの4クラスを予定。
・9:00〜16:00までの間に一本15分x6本走行できる予定です。
・サーキットへの集合時間はたぶん7:00ぐらいになります。

・参加車両の種類は問いませんが、「サーキットをフツーに走れる」整備がなされている事が絶対条件となります。
具体的には通常の車検整備がきっちりなされた上で、
1,エンジン/ミッション/ブレーキ/デフの各オイルをサーキット走行に耐えるものに交換してから臨むこと。
2,タイヤ(銘柄と残り山とエア圧と賞味期限)についても同様。...ドリ屋さんは好きにして下さい。(笑)
3,服装は長袖長ズボン、これは難燃性素材を推奨。それにヘルメットとグローブが必要です。
4,走行前に車両から「脱落しそうなもの」を取り外す事。(ナビ/レーダー/フロアマット/室内小物全て)

これらの条件を満たしていれば例え年代物の117だろうがNAロドスタのATだろうが誰でも参加できます。(笑)

最後に最も大事な事。
サーキットでのリスクは全て自分持ちです。
自分の不注意で壊したサーキットの設備等は全て賠償する義務がありますのでご注意ください。

サーキットを走る上で大事なのは「楽しく走って無事に家まで帰る」事なのです。(ロドスタNゼロ・○しざかチャンプ談)


2007年7月14日 (土)

だぁめだぁ(汗)

昨日の画像2枚は、あれらを組み合わせて実際のライン取りをよりリアルに再現するために取り込んでそのまま時間切れになっていたもの。
確かフォトショのレイヤーを重ねる事で簡単に加工できるはずと言う事で、今日改めて一時間ばかり挑戦してみる。


ぜんっぜんわかりません。(大汗)



なんじゃこりゃ。
大昔に買っといた解説本もまるっきりうんこじゃんか。(怒)
わけわかんねー。(沈)

......と言う事で、やっぱり「睨みつける」作戦続行。
本当はターンインの正確なポイントとかS字の切り返し位置、あと立ち上がりが実際の縁石に対してどの位置までふくらむのか、そんな確認ができた上で次のタテ・ヨコGと車速のグラフをさらに組み合わせ、このクソ速い二匹(二台)が実際何をやってるのかと言う事を細かく観察してみたかったのだ。

そこまでやれればあのデータロガーってのは物凄く面白いおもちゃになるだろうってのは最初にデータを見た時にわかってたのだけど、実際の解析は結構時間かけて取り組まないと難しいようだしさらにこう言う場で特徴的な部分だけでもご説明しようって事も結構めんどくさいものなんだと言う事がわかってちょっとがっかり......

このような所謂「コース攻略法」的な事は「そんなの大きなお世話だ」と思われる方も多いかも知れないが、コースや車の挙動に慣れるために多くの時間とゼニが必要になるのは明らかな事なので出来る事ならデータで済ませられる部分はそれで済ませ少ない活動資金は出来る限り自分の腕の向上のために使いたいものだと思うのだ。
それで多少なりとも無駄を省ければその分自分が活動できる時間を延ばす事が出来るだろうから、それは結局より長く車を楽しむための重要な手段になり得ると思うわけですよ。

今回鹿がデータをアップしてくれたのも、多少はそんな想いがあったからなのではないかと思っているんだけどね......

まぁもうちょっとじたばたしてみますか......(汗)

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter