カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「c/a_エクステリア」の11件の記事

2012年2月13日 (月)

JET STREAMと言うヤリかた

JET STREAM
車中心の所謂「エアロ」が得意なメーカーさんです。

Img_0113

今日某所にてたまたまそこの最新開発車両に遭遇いたしまして、
いやー、噂には聞いてたけど現物見るのは始めてだぞと。

すげえな。

外観全体の派手さは「GT200」と言うネーミング(笑)であらかた想像できた範囲とそう変わらなかったんですけど、
......実際はそのフィッティングの見事さに驚いてしまったのです。

写真の装着タイヤサイズは205/50-15、ホイールオフセットは恐らく+20ぐらい?

Img_0112

元々のマツダNB4"ロードスター・クーペ"にボルトオン(一部ダミーリベット?)する形で考えられた造形の精度に関してはとにかくびっくり。

まぁ全体形状に関してはそれぞれのお好みがあるでしょうからここでは特に評価を控えますが、こんな仕事ができる人が居るんだなと言う事にとにかくたまげた(@Д@;

すげーわ。

2011年3月19日 (土)

「オトコの子のレーシングミラー」(笑)

震災の影響により勤務先の操業再開の目処が立たないため、

P1030663

ロドスタ洗いました。(笑)

水洗いだけでも一ヶ月ぶり? (おいおい)
ワックスがけなんて軽く一年ぶりとか(わははは)

工場が止まってる→連休確定→ってことは今日動いて痛めてる腰が再ブローしても明日寝てれば良い

いいかげん放っときぱなしの黒緑色(だったはず)のロドスタは花粉が積もって黄色になりかけてる(汗)
つか、このままだと黄色と黒のトラシマになっちゃうかも?


P1030664

てな事でサックリ洗ってきれいになったロドスタから純正ミラーをむしり取り、
ロドスタ界では今注目のレーシングミラーを取り付けてみました。


P1030665

うほほほほほほ(喜)

かっちょエエぞこれ。

フルノーマル・超大人しい仕様のウチのロドスタが(爆)なんだかダメな方面の人たちのロドスタにちょっと似て来ました。


P1030666

んで、取り付けに際しての個人的なモディファイについてご紹介します。
まだ取り付けてないって方は参考にして見て下さい。

まず写真のブラケットとミラー本体を繋ぐネジですが、これはM3-10(sus)が付属されているのですがあとあとの調整の事を考えると作業がし辛いので六角に変更します。

次にブラケットとミラー本体との間に生じる隙間に付いて、ここは形状から判断して平ワッシャーを3枚入れた状態で取り付けてみました。
付属されるネジで取り付けた場合ここは2mm程度の隙間が空く状態で適度なミラー角度調整ができる締め具合になるのですが、残念ながらそのままでは使用中にそれぞれのネジがだんだん緩んで来るような気がします。
そのため最初からワッシャーでクリアランスを固定し、しっかりと締め込んでしまう作戦ですね。

ちなみにこれで使用中にミラーが緩んで動くようになったらワッシャーの数を減らして行けば対応できます。

全体的に非常に良いデキの G502ミラーですからより確実に使い易いような方法として考え、企画・製作者である緒方氏の許可を得て拙ブログにてご報告させて頂きました。
ご参考までに。

2010年1月30日 (土)

作ってみました

P1020985_2おやじNA2号では前オーナーさんから受け取った時点ですでにナンバープレートのステーが左(助手席側)にオフセットされていて、その取り付け位置関係については非常に満足のいくいい感じの場所にうまくセットされていたんですが、いかんせんそれなりの年月を経ているのであろうそのオーナーさん自作と思われる鉄製のステーはすでに錆びまくっておりまして......(涙)


P1020981_2これはイカんなんとかしなくちゃと思いつつも何故か右側用(理由は後述)ステーが売ってないために先送りしていた懸案事項を解消すべく、

......自作してみました。(笑)

P1020982もちろん、素人オヤジが突然こんな真似始めるのには理由があるわけであり、
「"ふ"師匠、右側のステー売ってないんだけどどうしたらいいでしょう?」
(作って♪ 作って♪ と言う魂胆見え見え.....笑)

お答えは、
「あ〜? こんなの、自分で作ればイイじゃん」

......まずい、
......近頃SACLAMに入れ込んでるのがバレたか? (滝汗)


P1020983だいたいここの筆者って溶接作業ができないですからねぇ。(汗)

んでも、師匠が冷たいんだからしゃあないか(しくしくしく)

しゃあ無い、ハンドドリルで穴開けてタップ切ってなんとかしてみんべ、と言うのが今回の作業です。


P1020984近所のホムセンで調達したのは20x90x3mmのアルミ板、同じくアルミ製のL型アングル、そしてステンのネジ類。

いちいち細かくサイズを列記するのは面倒なので省略します。
(こういう事やろうと思うような人なら自分で考えて対処できるはずだし)

ただし一点だけ、取り付け方法については書いといた方が良いかも知れませんね。
写真だけだと分かり辛いかも?なので......

とりあえず写真をよ〜く見てください。
取り付ける先は純正の牽引フックです。
これを大きなワッシャーで挟んでボルトで締める、ただそれだけ。(笑)

あとの位置関係については各自で悩んでください。(不親切〜.......笑)


ちなみに左にあったナンバーを右に移したい理由なんですが、これは筆者の車で追加されているオイルクーラー用にオイルフィルターが右のバンパー裏に移設されていることで右の純正フックは外すわけに行かないという事情があるのです。
(オイルフィルターのステーも純正フックを利用して固定してあるんですよ)

で、なんでフック外すのかって?
そりゃもう言うまでもなくサーキット用の赤い派手なのを付けたいから。(笑)

本日はこれだけで体力消耗限界地点なのでお楽しみは次に持ち越しましょう。

2008年11月25日 (火)

屋根が付いた

P1020026 先日緊急避難的に某所で拾って来た純正ハードトップ、帰り道にそのまま塗装屋に預けていたのが仕上がってようやくおやじNAに載りました。

#いやぁ、後がちゃんと見えるのって素晴らしい ! (爆)

副次的な効果として室内がだいぶ静かにもなりました。

一般的なハードトップではボディの強度面でも有利に働く事になってるはずなんですけど、ロドスタのそれはFRP製である事と、本来Bピラー部分でも連結できるキャッチの受け部が"ど〜だバー"によって占拠されているため使えず、結局強度面での変化は感じられませんでした。

あと重量増になってる点に付いても特に気になるようなものではないです。

単純に、
素のままではなんだかバイクっぽかったロドスタが普通に乗用車っぽくなりましたね。

この辺の事に関しては功罪相見える部分がありそうなので場面場面で適切に使い分けて行く事になりそうです。

#いやぁー、予想してたよりもずっと良くできてますよ。>純正ハードトップ

2007年6月 5日 (火)

NBと比較する

NAに取り付けた純正形状「Bリップ」を、NBの純正リップと比較してみると......



P1000236P1000235








ちょっと写真の角度も高さも違ったけど、直接比較するとNBの方が明らかに低く見える。

実際のリップ中央部を計るとNBの地上高は135mm

んでNAは本体部分が132mm、さらに追加したリップからだと115mm( ! )だった。



P1000237P1000239









なんで見た目と違うのかと言う理由はこちらの角度から見てみると良くわかる。
#NAの方が奥まってるんです。

この理由によりNAはこの低さでもあごを擦る危険性が少なくなっているのだ。




そんな事を確認しつつちょっと高速に乗ってテストしてみる。
場所は前回の羽根テストと全く同じ所で、もちろん今回は羽根は付いていない。

結論から言うと、このリップはダウンフォースを生むと言う種類のものではないようだ。
まず進入のゆわkm/h旋回ではきっちりとフロントから逃げて行く。
これは羽根のみ装着してリアのトラクションが増大した前回の状態から比較にならないほど不安定な(普通な)挙動であり、そこからアクセルを踏み増す気にはとてもなれないと言った挙動だ。
次にワインディング区間のぬおゆkm/hでは、もちろん羽根付きの時ほどのフロントリフトはしないものの四輪全てで接地感が薄く、これもやはり安心して踏めるような挙動ではない。

#やはりフロントを沈めるには鹿のような派手なエアロバンパが必要になるのか!?

......でもなぁ、アレも一発ぶっ突いたら確実にコナゴナだもんなぁ。

と言う事で結論としてビンボおやじは今回のBリップでカッコ良くなった事で満足とする。(笑)

2007年6月 3日 (日)

平和な土曜日

久しぶりに連休が取れて金土と休みで、金曜はロドスタをいじって終了し土曜は朝の内ちょっとのんびりしたあとシモニタへ向かう。

軽ミ以降連日のように発生するトラブル・アクシデントにより某しゃちょはヘロヘロらしいので一応電話する。
「しゃちょ、だいじょぶですか?」
「えっ? 全然フツーに仕事してますよ」
全く意に介してないご様子の奥様。(笑)

珍しく「フツーの客」しか居ない店内は至極平和で(笑)、しゃちょもまぁ普通に元気だから大丈夫なんだろう。微妙にテンション高いような気がするけど、いつものメンツが誰も居ないから今日は無視して差し上げる事にする。(笑)

取り付け当初からトラブった娘NBのe-マネ・アルティメイトは一旦諦めてノーマルのe-マネに換装してあったのだが、今度はそっちの様子が怪しくなってきて、ど〜だ製ハーネスを追加してとりあえずe-マネをパスした状態での様子見となった。
このトラブルシュートの段階でプラグをノーマルの5番に戻している娘NBは相当に久しぶりに(エンジン本体が)フルノーマル状態となったので、これはこれでどんなフィールなのか楽しみだ。

ど〜だからの帰り道、ノーマルNBはえらく乗りやすい車になっていた。
もちろんe-マネ付きと比較すれば中間のツキは悪いし上も延びないのだけど、これはこれで悪くは無いんだよなぁと。
加えてこのノーマル状態でもやはりBPは速いエンジンなんだと言う事が改めて感じられた。

その事にはっきりと気づかされたのは帰宅して自分のNA6(B6)に乗り換えて用足しに出掛けたその瞬間であり、一瞬クラッチが滑ってるんじゃないかと思うほどB6は前に進まない。
ど〜だでROMを入れてもらってとっても気に入っている筆者B6なのに、こうやって冷静にBPと比較するとロクな事が無いと言うのが本日の結論であった。

追加したリップスポイラーは街中のゆわkm/h程度では変化が感じられない。
60km/h程度からすでに効果が感じられる羽根と比較して、どうもこちらは単独での効果は感じ取りにくい種類のものであるようだ。
恐らく羽根とセットで使った時に、羽根のテスト時のフロントリフトが多少なりとも軽減される事で効果を感じられると言う事なのだろう。

#ま、焦らずゆっくりとサーキットで試してみましょう。

2007年6月 1日 (金)

さてフロントも

ロドスタに羽根を付けるだとワメいていた頃に、実は速攻でリップスポイラーも到着していた。
送り主は「Bリップ・コレクター」として有名な(爆)U-5さんである。


P1000220単独だとこんな不思議な形の純正形状リップスポイラー、通称「Bリップ」

決してお安くは無いこの品をU-5さんは「4本」( ! ) 購入したのだと言う。




P1000221とりあえずポン付けしてみる。

上の写真もそうだが、この後再塗装するつもりなので既に大ざっぱな修正済み。

#ま、このくらい低くなるとブチ割る可能性はどうしても高くなりますが......


P1000222上方から撮影。

たぶん横浜方面の有名店製と思われるこの品、惜しい事にセンター付近のフィッティングはいまイチなのでこれも対策する。

#制作したショップの名誉のため付け加えるならば、「コレはフツーは簡単にコナゴナになるような材質じゃないんですけどねぇ」

#連続3個破損と言うのはこのショップの「最長不倒距離」(枚数)だそうで......(汗)





P1000224で、サクっと完成。

どうせだからってんでイロイロとやってます。(笑)

塗装は1ベーク・2コートのクリア無し。
(余りモンの缶スプレー在庫一掃セールとも言う)



P1000225完成写真。

ポン付け状態から20mmほど下方に延びてます。

#これでもう「ダート」は走れなくなったな




P1000226同、前方から。

センター部分のカーブがバンパーのカーブと合ってない事に関しては、無理やり押し曲げてフィットさせるのではなくあえて最初から6mm程度「浮かす」事を選択。



P1000228撮影用に再度「羽根」も装着。(笑)

......う〜ん、ダメだなこりゃ
完全にアッチの世界(笑)の姿になってるなぁ(滝汗)

なんかアタマの中で声がする。
「お〜い、だれかこのオヤジ止めてやれよ」(爆)

2006年12月22日 (金)

...サーキット行きたい〜

暮れもそろそろどん詰まりと言う今日この頃になってナニをホザくかと笑われそうだが、......あ〜、サーキット行きたい! (笑)

......そうなんです。
MT化したNAがとってもイイ感じなんですよ。(うずうずうず)

ATに比べ明らかに速くなったNAだけど、人間って意外と「速さ」に関しては慣れるのが早いような気がする。...ま、せいぜい三日かな? (笑)
まぁどう考えてもこのノーマルB6が「速い」はずないのは明らかなのだからこれはこれで良いのだけれど、これが「とんでもなく」と言うレベルではちょっと話が変わってくるわけで、その点元々遅いロドスタではその僅かな差でも顕著にわかるだけの違いとなって現われる事から、そのビミョーな違いこそがロドスタ乗りには嬉しいところとなり、ま、そんなあたりを喜びつつこの車で一般的には幸せな車生活を送れると言う事になっているようだ。



Rp1060047さてそんなフツーのNA乗りおやじの元に新アイテムが登場した。
商品名はトゥーイングフック と言い、要するに大きな牽引用フックである。

これはサーキット を走る場合は「必ず装着する事」と言う事になっている。

んで、某日某所での会話。
「......ふ〜ん、そんなの付けてナニするの?」
「コレ付けると堂々とダート走っても良いコトになってるんでしょ?」
一瞬返答までに間があったのでここは某客2名の勝ち。(笑)
こないだの日曜日に某カート場でナニかがあったらしい店主は激しくテンションが下がっている......(汗)

それにしても改めて筑波のHPを見てみると色々と気になる部分があるのも確かであり、
曰く
「牽引フックを必ず付けてね」はともかくとして、(普通は標準装備されてますのでこの写真のような派手な商品は「カッコ」と「コースマーシャルに対するゴマすり」の部分が大きいです)(...ちょっと派手にコースアウトしちゃったけどちゃんと大きなフック付けてるから勘弁してね勘弁してね)(爆)
でもね、次の「直管マフラー禁止・騒音規制96db以下」ってぇのは、.........明らかにオーバーしてる車を何回も目撃してるような気がします。(大汗)
例えば筆者が117HMに取り付けている「AE86走行会用マフラー」を装着した某AE86が「黒旗(即刻退場・以後出入り禁止の意)」を振られているのも目撃してるし(笑)、先日の某筑波血戦での某新潟方面からの参加車両の音は後続車から「自分の車のエンジン音が聞こえん(怒)」と言うクレームが付くほどの凄さだったりするのだがとりあえず旗は無し。
ま、この時のはそのあまりの速さに感涙した旗振り氏が多少の手心を加えてくださったのかも知れないが、他に
「スリックタイヤ禁止」
......へ?
......ダメなの??
賞味期限切れでとっくに腐ってたとは言えそのスリックで走行経験のある筆者としては今更ながらに

(滝汗)


そんなタイミングで帰ってきた娘は早速フックを見つけて
「え? なに? アタシの???」(爆)


ふふふ、残念ながらNAとNBは違うのだよ...
(ん!? 良く見たらフロントは一緒か!? )(笑)

2006年12月13日 (水)

G-17えらい!

本日早朝の群馬はそーとーに冷え込んでました。
朝起きたらロドスタは霜で真っ白......
筆者岩手時代の経験上これは-3度くらいになってます。(寒かったっス)

とりあえず出勤しなくちゃいけないので解氷剤を吹きまくり視界を確保するのが優先で幌の絆創膏は記憶の外......

午後からは雨となって帰宅するころにはロドスタも雨の中。

帰宅後に一息ついて、ようやく絆創膏の事を思い出して(笑)様子を見てみると、......しっかりくっついてます。
ボンドG-17、えらいっ!!

予定ではこのあと裏からも当て布して双方を縫い合わせるつもりだったのだけど、たった今某所に電話したら次の予定がワヤな事になってるので急きょ入院させる事に......

この電話の内容だけで立派なネタになるので続きはまた明日。(謎)

2006年12月12日 (火)

木工ボンドは...?

昨日まじめにテキトーに(笑)補修したNAの幌だが、ひと晩たって様子を見たら明らかにダメダメである事が判明した。

木工ボンドはボツ決定。(涙)
筆者は自宅で釘を使わない木工ボンドでの接着のみで組み立てた家具を20年近く愛用しているのだが、理論上23年間はもつと言われる酢酸ビニル系接着剤の効き目はあくまでも「乾燥した状態」である事が前提となっているようだ。
#確かに自宅のその家具もスピーカーボックスも水をかけるような真似をした事は無いですからね...

そんなわけであっさり敗北を認めa2woさんお勧めのボンドG-17を購入して張り替える。


...ん?
「ふ」さんのお勧めは「セメダイン スーパーX」ですか?
う〜む、G-17がダメならこっちも試してみるか...

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter