カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「a/フロントコイル」の8件の記事

2006年8月 5日 (土)

ステア系修理後の印象を試す

修理からだいぶ時間が経ってしまったが、ステア系を一通り修理したあとの初インプレッションである。
#日本はちょうど梅雨時でしたからねぇ...
#その間ずっと庭いじってたのは誰だ? と言う話は置いといて...(汗)

昨日の38.6度(近所の伊勢崎市で記録)なんちゅう暑さの中でせっせと椅子をRECALOに交換しステアもNARDI クラシックレザーに換えたのは、それが筆者にとっての117デフォルトであるからだ。
PA96時代には10年以上この状態で使用していたのでこのセットに身体が馴染んでしまっている。

で、結果だが、ステア系のナックルやブッシュを交換した効果は予想以上のものであり、今回の手当てだけでステア系に関する不満はきれいに解消した。これは筆者が知る数台の「極上PA96XG」のハンドリングと比べても全く遜色ない。
#同じ117なんだから当たり前だろ?と軽く考えないで頂きたい。HMと96ではパーツが違うし、そもそものセッティング自体が違うのだから。

読者の中で117の直進安定性の悪さや片側をギャップに取られた際の悪挙動に手を焼いている方は検討してみる価値があると思う。これらの原因の多くはナックルのガタに起因するものが多いようなのだ。
またHMオーナーであればさらに96用パーツを利用してみたり(要改造)他車用のパーツを利用する事でステアの精度を向上できる余地は残されているように感じられた。

さらに、である。
今回の修理により筆者HMのいじりサスをようやく評価する機会を得たわけなのだが、筆者が勝手に「猫足」と呼んできたこのセッティングはどうやら完成の域に達したと見て良いようだ。
117としては驚異的に良く動くサスとKONIの強力なダンピングの組み合わせは、ちょうど前日に乗り回していた娘NBの「KONI ASA・ど〜だSPL」にも似た感触があって、これを始めた当初はまだASAなんか誕生してなかったしそもそもそのやたら良く動くサスが即座に「良い」と決めつけられるだけの経験を筆者は持っていなかったので悩みも多かったのだが、途中から同時進行的に出現したASAの驚異的な能力を試すにつれこの方向での考え方が間違っていない事を知り安心したものだ。

結局今日は一日中HMで走り回っていた。(ど〜だでの休憩を挟んでね)
最後に、夕方になってからNAで買い物に出たらなんとまぁNAのサスのヘボい事。
一応NAの名誉のために記すが、筆者NAではNBビルシュ+マツスピコイルに組み替えてある。これでもノーマルに比較すれば数段良くなってるはずなのだが、ASAとの比較はしょうがないにしても完成したHMの動きと比べてこれじゃちょっと情けないよなと言う感じなのである。

ビルシュもマツスピ製パーツも単体での評価は高いものの、実際に組み込んでからのトータルでの動きについての想像力が欠けているのではないかと思う。
固めるだけならバカでもできる。
サスをちゃんと動かしてきっちり仕事させたいと思うのなら、この例での組み合わせは残念ながら勘違いとしか言いようが無いような動きかたであるように思えた。

2006年7月 2日 (日)

HMの車高って..!?

沖縄の117HM名人・oomamoさんからリクエストを頂いたので、ウチのHMの車高を計測してみた。


F_1 まずはフロント。
他車で比較しやすいように、ここでは矢印部分のサイドシルで計ってみる。

フロント=約155mm






R_1 同様にリア=約172mm









筆者HMデータ;

フロントコイル    トヨシマH150(正規ルート品・ノンカット)
フロントショック   KONI専用品(硬さはMaxから90度戻し)
リアリーフ      純正(36年モノ、リーフ本体は無交換で各部を整備済み)
リアショック     KONI専用品(硬さは最弱)
タイヤ        185/70-14(外径616mm)

これらの組み合わせの中でリアリーフにH150を使わないのはやや異質な感じに思われるかも知れないが、これについてはこちらで解説済みなのでご参照いただきたい。
またタイヤ外径はノーマルHMの165HR14、あるいは後期の185/70-13とでは違ってくるが、これは単に筆者の好みで選択したもの。この組み合わせなら185/65-14(外径596mm)がむしろ妥当だろう。

さらにKONIのセッティングについては、筆者HMではフロントスタビを加工しているためそれに合わせた設定となっていて、決してこれが一般的なセッティングとはならないのでご注意いただきたい。

2005年9月 2日 (金)

できた〜

完成いたしました。(ふうっ)

組み上げ直後DSCN4641のこの写真では、実は高さはほとんど変化していない。実質 -5mmか!?
だけどコレで良いのだ。経験上コイルを組直した場合のフロントの高さは、ある程度走る事でさらに5〜10mm程度下がるのである。なぜか!? ...その理由がわかるんだったら苦労してませんって。(笑)

それにしてもやはりM氏の車のコイルは相当に元気だったようである。通常は一発で最低10mmは下がるはずだ。それで走って落ち着いたら15〜20mmダウンで丁度良くなるわけである。
#もうちょい切っても良かったか!?
#でもリアリーフも元気だしぃ...
#これ以上切ったら乗り心地も悪化するし...

まぁここでの筆者の狙いはあくまでも「カッコ」なのであるから、前後のバランスと乗り心地の妥協点として今回はこれでOKとしよう。
なお今回の改造で少々下がったフロントの車高が車検時に問題となる心配はまず無いと思う。
いずれもかなりの年数を経た117ではそれぞれが多かれ少なかれ「自然落下」しているわけで(笑)、筆者が目撃した範囲ではノーマルのままでフロントが -40mmと言う個体もあった。(...筆者のHMだす)
恐らく10〜20mm程度の変化では、たぶん誰も気がつかないのではないだろうか?

最後にこの話をまとめて教訓をひとつ。
「切っちゃったコイルはモトには戻らない」(isuzunoriさんからのありがたいご忠告です)(爆)

   

コメント(4)

はい!!うちらの仲間内では常識です(笑)!!それだけみんな失敗してると言うことですが(爆)!!      
2005/8/11(木) 午前 6:32  [ isuzunori ]

PFな皆さまのおコトバと言うことは、...う~んコレは貴重でしょう(爆)。      
2005/8/11(木) 午後 10:56  [ pa90117 ]

ま~みんな学習能力が無いとも言いますが(爆)!!      
2005/8/13(土) 午前 11:10  [ isuzunori ]

いやいや、私はoku氏の車をちょっとだけさわらせて貰った程度ですけど、PFであれだけ作り込んであるってのは驚異的でしたよ。ココまでヤルかって(笑)。まぁoku号の場合は部品の調達先が「ホームセンターの台所用品売り場」だって話でさらにひっくり返ったんですけどね。(爆)      
2005/8/15(月) 午前 1:26  [ pa90117 ]

2005年9月 1日 (木)

サクっと

...切る。どんDSCN4633どん切る。サンダーがあればワケなく切れる。
DSCN4639
 #う~ん、買っといて良かった1,980円サンダー。♪

一応切り口をちょっと丸く削って完成。ついでに色を塗るなんてのもおしゃれで良いかも知れないが、筆者はこう言う部分の見た目を気にするタチではないのでさっさと組み付けてしまう。
組み付けは、コイルの全長が縮まっているために非常にラクになる。(一巻き分をコンプレッサーで縮めるのってそんな簡単な事ではないのですよ。)

H150で問題になった(?)車体側のコイル取り付け部分であるが、ココはやはり何度見ても特に何かがあるとは思えず、コイル側も上部は水平にカットされている事から角度やらの問題もないはず。なので気にせずにサクサク組み立てて行く。
組み付けの際のコイルはほんの少しロワアームを押し下げる程度であっさり入る。次にコンプレッサーはまだ掛けたままにしておいてハブを取り付けるのだが、ハブ側の「爪」を差し込んだらまず垂直方向のボルトを仮止めすると良い。その後ロワアームにジャッキをカマし、高さを調整しながら水平方向のボルトを通す。その後本締め。
で、これでコンプレッサーを外しても良いのだが、この時もジャッキでロワアームを押し上げコイルを縮めてやればあっさり外す事ができる。

何事も経験って事なんですなぁ...。
#と言いつつ、コレで正しいと言う保証はないっス。(笑)

   
コメント(8)

ジャッキアップしたら、おうまさんは必ずかけましょう(笑)!!ジャッキが倒れたら・・・・しゃれになりませんよ(笑)!!      
2005/8/9(火) 午後 4:35  [ isuzunori ]
   
シャコタンにしちゃうんですか!      
2005/8/9(火) 午後 7:12  [ hhhhhirooooo ]
   
深い経験に基づいたありがたいご忠告、感謝です。&gtisuzunoriさん。PFは何回コケたんでしょう?(笑)。#あんだけ作り込める人がそんな真似するわけないか...。一応私も外したタイヤをサイドシルの所に置いて保険掛けてます。      
2005/8/10(水) 午前 6:45  [ pa90117 ]
    
シャコタン...って、これが通じるってのは hhhhhirooooo さんも結構なおトシですか!?(笑)。117って、素のままだと若干前上がり(っぼく)に見えるんですよ。それでみんなちょっとだけ前を下げたがるんです。でも自分で色々やってみたら結構問題アリアリで、それなら117乗りの仲間に向けて書いとこうかなって感じで書き始めたんですよね。#そろそろトシで忘れそうになってるって言う危機感もあったりして。(笑)      
2005/8/10(水) 午前 6:53  [ pa90117 ]
   
仲間で4つともパンタジャッキで持ち上げて作業してこけたらしいです(爆)!!ちょっと考えれば、アレってすごく不安定ですよね(笑)!!      
2005/8/10(水) 午前 8:17  [ isuzunori ]
   
おおお〜、ワタシと同じ事考えた人がいるんですね。117だと純正ジャッキが、う〜んと何て言うんだろう、昔のTWバスのウィンカーみたいなヤツになってるんですよ。片持ち式の。で、それを4本集めて持ち上げたらどうなるかって(爆)。結果は(って言うか試す前の構想段階で)ginjiさんから「アホな真似はよせ」とSTOPがかかりましたけど(笑)。なんかみんな「サンダーバード」をイメージしたみたい...      
2005/8/10(水) 午後 10:53  [ pa90117 ]
   
まともな考えの人でしたら・・・・・止めるでしょうね~(笑)!!      
2005/8/11(木) 午前 6:29  [ isuzunori ]
    
そりゃぁginjiさんだもの、マトモに決まってるでしょ!?(笑)      
2005/8/11(木) 午後 10:53  [ pa90117 ]

2005年8月31日 (水)

ではバラしますか...

さいたま市のM氏から早速この時の写真が届いた。さすがカメラ歴の長いM氏だけあって良いウデです。♪♪

フロントコイルを切るのに大した道具はいらない。必要なのはスプリングコンプレッサー、117純正ジャッキ、ガレージジャッキ、サンダー、なんか適当なヒモ、そんなもんである。
手順についてここではあまり詳しく書くスペースもないので要点だけに留めるが、ポイントはジャッキを二つ使うと言う事。本来こう言う作業ではウマを使うのが鉄則なのは充分承知しつつも、この場合はウマ無しで二つのジャッキの高さを調整しながら作業するとラクである。
DSCN4634DSCN4640

まずタイヤを外してスタビエンド部分のボルトを外す。
次にハブをそっくりロワアームから引っこ抜くのだが、ハブ側からロワアームに差し込まれている爪状の突起を固定している垂直方向のボルトを最初に外し、次の水平方向のボルトはロワアームにガレージジャッキをカマしてやって高さを調整してやるとすんなり外れる。
外したハブ部分はアッパーアームと繋がった状態のままヒモで持ち上げておく。

続いてスプリングコンプレッサー登場。117では写真のようにフロントコイルの1/3程が隠れてしまっているためコンプレッサーを掛ける場合のスペースが狭い。前回「コンプレッサーはできるだけ短いものを」と書いたのはこのためである。市販のマトモなコンプレッサーではコンプレッサー自体のネジ部分を切って全長を詰めないと使用できない恐れがある。
ちなみに筆者が使っているモノの入手先はコチラ。安いっス。
エムワイ カンパニー
大阪市東住吉区住道矢田6−12−11
TEL06−6799−7771 FAX06−6799−7772

さてコイルを外しましょう。
スプリングコンプレッサーの使い方としてはまず適当な所に上下の爪を引っかけ、さらに180度反対側にもう一本を引っかけ、あとはコンプレッサー頂部にスパナをカマしてひたすらネジりコイルを縮めて行くと言うもの。そしてコイルが適度に縮まったらロワアームに足をかけて押し下げながらコイルを引き抜くのだが、これがなかなか簡単には行かない。117のコイルは意外に長くて、ロワアームの出っ張り部分を越えるのが容易ではないのだ。またここで無理をするとショックを固定する雌ねじ側の出っ張りをおっ欠いてしまう恐れもある。(やっちゃった本人が一番良く知ってるって)(...しくしく)
まぁしかし、バラしちゃったもんはしょうがあんめぇとばかり、ひたすらネジる、ネジる。
で、延々やってたら30分経過...う〜む、こんなもんなのか!???

この作業、実は3回目ぐらいの時にようやく気がついたのだが(笑)、コンプレッサーを掛ける前に最初からコイルを縮めておけば良いんですね〜。よ〜く考えたらロワアームにジャッキをカマせば簡単に縮まるじゃん...て。(笑)

と言う事でM氏の車の時はあっさり外れました。メデタシメデタシ...。

ここまでで当然お気づきでしょうが、筆者はドシロウトです。(爆)

2005年8月30日 (火)

切るんですか!? ...その二人目(笑)

昨日紹介させて頂いたさいたま市のM氏、きちんとしたご家庭でお子さんも素直に育ってらっしゃるし、ご本人も立派な会社で要職に付いておられるご様子。
そんなまともな人がどうしてこんなやんちゃをするのかと暫し考えていたら今度は広島の117乗りから連絡が来た。
「フロント切りたいんだけど」(曝)
もしもし? Aさん? あなた、M氏よりもさらに年上のしかも某社の某所支店長と言う肩書きを持つ立派な社会人じゃないですか。それが117の事となると、ど〜してこんな風になっちゃうんでしょ??? (笑)

まぁ基本的に頼まれればイヤと言えない素直な性格の筆者としては、早速サンダーを抱えて一路広島へ...って、いやいやさすがに筆者が住む群馬から広島まではチト遠過ぎます。自分のHMが無事広島まで走って行ける可能性は限りなく低いし...。(って言うか、この時は確かHMのエンジンがブローして組直してる頃だったかも)(う〜ん、残念)
そんなわけでA氏とはそれからメールをやり取りし、筆者のスプリングコンプレッサーをお貸ししてご自分でやって頂く事で話を進めたのであった。もちろんM氏にご説明したのと同様にあれこれまたお話しして、「切るのは一巻きね」と強く念を押したのは言うまでもない。

coupe030523そんなやり取りから暫くしてお礼のメールと共に届いたのがこの写真。おわかり頂けますでしょうか、このビミョーな前下がり。(笑)
やはり「カッコ」は大事と言う事です。    



コメント(2)

その節はお世話になりました。今のところスプリングは折れていませんよ(笑)隙間はグーではいけませんチョキが理想?・・走りを追求されている師匠の弟子の中では一番出来の悪い「カッコ」だけ追求している弟子より。      
2005/8/7(日) 午前 10:42  [ red117xc ]

おっしゃる通り、117のフロントのすき間は指2本分がベストだと思います。そこから先はまぁロクな事がないっス(笑)。      
2005/8/7(日) 午後 0:26  [ 117おやじ ]

2005年8月29日 (月)

切るんですか...!?

ある日さいたま市の117乗りから連絡が来た。
「カッコ悪いからフロントコイル切ってほしいんだけど」
カッコって、あなた、お宅にあるのはPA96最終型の超高級バージョン・XE-Limitedじゃないっスか。
しかも状態良いし...。マジですか!?

と言う事で筆者はそのM氏をちゃんと説得しましたっ!!! (強調するぞ)(笑)
まずオリジナルコイルはすでに部品としては出て来ない事、M氏の車はあきらかにヤレが少なく、従ってついているコイルも相当に元気である事が予想される、なのでそれはあまりにも「モッタイナイ」暴挙ではないかと考えたのである。
そのためオリジナルを切るよりはトヨシマH150の入手をお勧めしたのだがM氏はどうしても切りたいと言う...。
ハイハイ、わかりました。やりますやります。
筆者は年上の先輩の命令はとても素直に聞く温厚な性格なのであった。(・・・・)

M氏の車は確か若干外径が小さなタイヤを使っていたと思う。ホイールアーチのスキ間が気になるのはそのせいでもあったように記憶している。となればコイルを切ってもインナーに当たる心配はほぼない。特注したと言うワタナベホイールもカンパほどは外に出ないのでフェンダーアーチとの干渉も無いだろう。
となると、ダンナ、こりゃ50mmダウンぐらいイケまっせ。(曝)

いやいや、ヒトの車で遊んではいけない。(笑)
M氏は妻子ある立派な、筆者なんぞから比べれば遥かに立派な社会人であらせられるのである。イラん事吹きこんじゃぁイケませんて。
実際のところコイルスプリングを切る事での見た目の向上(コレ、大事ですけど)とは裏腹に、乗り心地の悪化と言う問題が出てくるのである。バネレートの変化、ストロークの減少と言う事なのだろうが、見た目は僅かな違いに思えても実際の車の動きの変化は決して小さなものではない。まず単純にドタバタ感が強くなる。道路の段差からの突き上げも大きい。またコーナーでは一見ロール感が少なくなる事から曲げやすくなったように感じられると思うが、ただこれは単にストロークが短くなったためと考えるべきであり、オーバースピードでのターンイン時やコーナリング中の路面の極端な変化に対しては不利な方向に働くわけで、つまりフロントがいきなり抜ける危険性があると言う事は頭に入れておいた方が良い。

筆者は過去に自分のPA96型でこの実験をした事があった。最終的には一巻き半までカットし、ノーマルから約35mmのダウンとなってインナーには当たるはフェンダーアーチは削れるわでロクな事がなかったのである。(好きでやったんですっ!)
そのためこの場合のM氏の車では一巻きカットを提案した。予想されるダウン量は約10〜15mm。手間の割には僅かな数値であるが、リアリーフをノーマルのままで使うには丁度良いバランスであろうと考える。挙動の変化も許容範囲に収まるのではないかと思われる。

P1030323写真はノーマルコイルとH150の比較である。長いのが一巻き半カットしたオリジナル、短いのが一巻きカットしたH150。(コレはもう使えません。60mmぐらいオチました。ハンドル切れないっス)(爆)
アタマの中でカット分を足して両者の違いを比較して頂きたい。

#で、M氏、写真下さい〜。

コメント(2)
プログ開設おめでとうございます。さいたまの市のMです。その節はお世話になりました。また、相当無茶なお願いだったようですね。車高が下がればとの思いは周りが見えなかったかも知れません。幸運にも綺麗に車高は下がり大満足です。その時の現場写真はDMで送ります。      
2005/8/7(日) 午前 8:28  [ masanorimakabe ]

Mさん、写真頂きました。ありがとうございます。この後のネタとして大事に大事に使わせて頂きます(笑)。コイルを切る事自体は別に無理でもなんでもない事なんですけど、117の場合はオリジナリティを重視される方が多いのと、またMさんが明らかに「マトモ」な方とお見受けしたためにやや躊躇してしまったわけなんです。マトモ...ですよねぇ!? (爆)      
2005/8/8(月) 午前 0:05  [ 117おやじ ]

2005年8月28日 (日)

H150について

h150社外品のバネとして昔からよく聞く「H150」、かつては数社から発売されていたようだが近年117用の新品として入手できるのは「トヨシマH150」だけのようである。筆者は写真の状態で2002年に購入した。メーカーの在庫があれば今でも普通の車用品店から発注できるはずである。セットで40K前後かな?
これを自分で交換する場合は「コイルスプリングコンプレッサー」と言う工具が必要になるが、117の場合はコイル部分のスペースが極端に狭いのでなるべく全長の短いものの方が都合が良い。

このトヨシマH150を実際に117に組んだ場合の車高の変化についてであるが、"運良くうまくいった場合"の例としてはフロントで -20〜30mm、リアで -30〜40mmとなる。数値の幅は元のオリジナルバネのヘタり具合によって変動するため。フロント/リアともにH150にした場合、全体の姿勢はやや尻下がりとなる。参考値として筆者のHMでサイドシル下辺と路面の間隔を計ってみると、フロント側で約155mm、リア側では約150mmとなっている。またこの時のフロントタイヤ上端とフェンダーの間隔は指1.5本分となる。#リアはもちろんメリ込んでます。(言うまでもないか)
車全体の姿勢としてはそれぞれのお好みもあるわけで、もしこれからH150にトライしてみようと思われる方は上記を参考にして頂ければ良いと思う。
なおトヨシマH150はフロントのみあるいはリアのみの発注も可能なはず。筆者の場合も現在はリア側をノーマルに戻しており、クソ固いH150リーフは物置で冬眠中...。実際には組み合わせるショックの問題が色々あって、このショックについてはまた別に書く事にする。

さてこちらの方の写真である。なんだかとんでもないシチュエーションなのだが、この某P1030078有名雑誌(実際P1030075の運営はCG Club)のミーティングは毎年春に東京"豊島園"で行われているものであり、ご縁があってこの年に招待して頂いたのである。後方にフェラーリ、前方にはミウラ、横に356スピードスター、反対側はアルファと、「ワタシのHM、本当にココで良いんですか!?」状態であった。(笑)
この話もいずれまた詳しく書くつもりだが、ここでの問題はHMのフロントの車高なのである。
つまり "運が悪かった" 場合の例なんでス。(しくしく)
なおこの時のタイヤは195-60-14である。

この場合、写真でもお判り頂けるようにフロントの車高が激しく上がっていて、実はこれがトヨシマH150の大きな謎なのである。普通に組直したのにノーマルよりも20mmほど上がってしまうのだ。
これは後に同様の症状が別の117仲間の車でも確かめられているのだが、なにしろこの時は車側のコイルの当たり面をいくら眺めてみてもさっぱり原因がわからず時間も無くなるしで(出展する前夜の話です)泣く泣くこの状態で展示したのであった。
関西にある某有名やたらいすゞ車が得意なショップ店主の話では「そんなの走ってるうちに勝手に下がる」と言う事なのであるが、この時点で約200km走った筆者のHMはまるでそんな様子もなし。前出の117仲間の車も一向に下がる様子はないとの事。
なんででしょ?????

結果として筆者の場合はフロントコイルを再度購入し、そちらに付け替えたらあっさり適当な高さに収まった。未だに原因はわかっていない.......

・・・・・・・

コメント(9)

ショックがガスとオイルでも車高が違ってきますよ!!      
2005/8/9(火) 午後 4:25  [ isuzunori ]

確かに。かつてはKONI、ビルシュ、モンロー、KAYABAと百花繚乱だった117用社外ショックも今となってはモンローのストックものが僅かに存在するのみです。もう選択の余地がないのよね...。      
2005/8/10(水) 午前 6:38  [ pa90117 ]

ジェミニもにたようなものです(笑)!!みんな86用とかを流用してます!!ちなみに私のリアショックはKONIのポルシェ356用です!!      
2005/8/10(水) 午前 8:14  [ isuzunori ]

えー、ジェミニに356のリアがつくんですか?クーペのリアに356は合うのですが。じゃジェミニのリアはクーペにつくということに?      
2005/8/12(金) 午前 8:15  [ jbsqn117 ]

関西のショップに電話をして、ストックの中から長さの合うやつを捜してもらいました!!それがたまたま356用だったというわけです!!117にもあうんだったら、ジェミニのも使えると言うことですか!!あ!!でもジェミニはブッシュの中にカラーが入っているから、それを取らないとダメかもです!!私たちは流用するときにカラーを入れてます!!      
2005/8/13(土) 午前 11:09  [ isuzunori ]

僕も関西のF情報です。大将はケースの長さを比べて流用できるかどうかということを趣味にしてる人です。だからFでKONI買うと箱の口が開いてるやつが多いとか。(冗談です。)クーペに86のショートストロークが流用できるのは周知のようです。サーブのリアもいけそう。      
2005/8/13(土) 午後 5:28  [ jbsqn117 ]

え~、その件につきましては今から書きます。(笑)      
2005/8/13(土) 午後 8:01  [ pa90117 ]

こっちの※を読まずにレスつけてました(汗)!!      
2005/8/13(土) 午後 11:30  [ isuzunori ]

すんません、レスが追いついてないっス~。(こっちも汗)      
2005/8/14(日) 午前 10:47  [ pa90117 ]

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter