カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「c#おやじなロドスタ」の116件の記事

2013年1月14日 (月)

ロドスタ復活

え〜、久しぶりです。

.........あれまだあるの? とか、.........もう捨てたの? とか
時にご心配もいただいてますウチのロドスタが復活しました。

Img_0791


いや実はこいつ、エランの話が出る前から電気系がおかしくなってましてね。
いつものショップで何度か見てもらってたんですが原因がわからなくて、こっちはその内エランかまうのが忙しくなり、ついついそのままテキトーに扱ってたらついにスネて動かなくなったと。
まー、違う車が来る時ってだいたいそんなもんですよね。(笑)

症状としては、とりあえず出かけるときは普通にエンジン掛かって動き出す。
んで出先で、仕事終わってからとか暫く放置した後に動かそうとすると電気系全死亡状態でかからなくなり、あるいは走行中にも信号待ちとかで停止するとエンジンストールして再始動時に電気死亡状態となる。ただし少しだけ待っているとなぜか電気が勝手に復旧してまたエンジンかかってあとは何事も無く動き出すんだけど、これじゃあ安心して出かけるわけにも行かなくて、って状態なもんで、ついにはロドスタは庭に放置してエランで通勤し始めちゃったんですねー。

まあそれ以前からのいつものショップ製チューンドロムがアイドリングがテキトー過ぎてしょっちゅうストールするってのも大きな不安要因。これも何回やり直しても治らない持病なんですよね。

んでまあこれじゃもうしょうがないのでダメもとでオルタ交換してみるべと重い腰を上げてみたんですよ。
そしたら、なんとまあB端子が溶けかけてましたとさ。なんで???
載ってたバッテリーも非純正品でこれも怪しいと言う事でそこらに転がってた中古品に換装(笑)

その後はとりあえず変な症状も出ず通勤で使えてるのでまあいいか状態なんですが相変わらずエンジンは勝手にストールします。(笑)

そんな事で久しぶりに、なんか気がついてみるとふた月とかロドスタに乗ってないのかな?
まー懐かしいって感じで乗り始めてみたらロドスタはまーなんちゅう堅い車なんだこれって状態で、オレはこんなひどいので平気で通勤してたんかいな?とか悩んでるうちにふと気がついた。
あ、そー言えばタイヤも換えたんだった。某ターボな人が捨てて行った595RS-Rってヤツ。これを拾って割れまくりでゴミになってるR1Rとチェンジしてたんでした。サイズも205から195の標準サイズに戻してと。
いやしかしそれにしても堅くね?っとさらに悩んでエアを調整してみる。
タイヤ組み替えたばかりなんでエアはかなり多めに入ってますからそれをある程度、せめて100kmぐらいは走ってから任意のエア圧に変えるんだけど、今回の場合は4輪がだいたい2.1〜2.4kだったものをとりあえず2.0に揃えてみました。
ふむ、ちょっとはマシになったかな。

あ、あと置き場が無くなってハードトップ載せてあるのがボロ過ぎてガタピシ言ってるってのもあったな、これはどーしよーも無いなあ。

てな事で、
いやー、ロドスタってこんなに軽く動く車だったのね。チョロチョロし過ぎて怖いぐらいだわ。
エランの方がやたらゆったりと理詰めで動くのに対しロドスタは古典的な手法でもって設計された脚を同じく古典的にサーキットセッティングされた状態なものでその違いが際立つのです。

一見そこらの普通のセダンのように、と言うかむしろ今時のセダンに比べると遥かに柔らかな乗り心地で普通に走る分にはまったく速さを感じさせないエランに対しロドスタはノーマル状態でも既にやたら何かを訴えかけて来るじゃないですか。オレは速いんだぞちゃんと操作しろよ踏むときは気をつけろよ、へっへっへみたいな。

要するにエランってのはこれは「デカい猫」
対するロドスタ、特にNA6CEは「小型犬」短足のうるさい奴あたりのイメージですかねぇ。なんだっけあの黒と茶色が混ざった柄の胴長短足耳垂れわんこ?

んで二匹がせ〜ので走り出したら、これはまあパワー差があるのでエラン楽勝? 鹿エンジンだとちょっとヤバイかな?
そしてむしろ驚くべき点はこのノーマル状態のエランがお山ではチューンドロドスタと大差ない速さで曲がる事。まあデブ猫もダッシュするとかなり速かったりしますからねー(笑)

まーしかしこの二台を乗り比べてみると色々と考えさせられる事がありますね。全く違うアプローチで駆動方式さえ違ってる車で、実は速さは変わらんと言う事実。
たまたまつい先日に古いシトロエンDSって車の後席体験をさせてもらったんですけどあれもハタから見るロールしまくりでひっくり返りそうになって走ってる状態を中から観察してみると実際には四輪が素晴らしい接地性を示し全く不安の無いスタビリティを感じさせてくれるんですよね。タイヤが決して地面から離れないのよねー。

いやー、車って面白いですねー( ゚д゚)

2012年10月 7日 (日)

今日はロドスタ

Img_0453

エランにかまけてすっかりご無沙汰のロドスタ仲間と、今日は久々の再会。

Sr.1.5のNA8Cは「ネタのために生きてる(^^;;」事で有名なあのお方。
もう一台Sr.2のNA8Cは奥様ご懐妊のためロドスタ禁止なのだとか。かわいそーに(笑)

いずれも中身はほぼ共通のど〜だフルセット、ただしあちらさんたちのエンジンパワーはほぼ二倍ってとこが泣ける(T ^ T)

2012年9月16日 (日)

Z2を味見してみる

そんなわけで新品同様に蘇ったMOMOホイールには早速 DUNLOP Z2 を組んでこれで準備万端。
もうさっさと履き替えちゃいましょう〜

Img_0398

え? なんかご不満でも? (笑)

実はM100は週明けになんないと陸運に持って行けないんです。
なので、
そう言う事なんだったら、
ロドスタで味見してみようかなーとか。

まあほら、もういい加減ケツに馴染んでるロドスタで、今のセッティングは変えずにそのまま履き替えてみればこの最新タイヤの素性もよくわかると言うものでしょう。さーてお山行くべ!! (喜)

Img_0399

と言う事でいきなり使用後の写真。例によって205のサイドウォールまで使うような根性は無いです。

M100用に用意したこのZ2のサイズは205/50-15ですから通常の街乗りとしてはロドスタにはオーバーサイズ。もちろん推定100馬力出てれば御の字のウチのNAではおよそ何やっても破綻する事は無い?みたいな状態ですな。とりあえずいつものお山のいつもの区間ではまるで何事も無くかつとんでもないコーナリングスピードでぐいぐい曲がって行きます。こりゃなんとも速そうなタイヤですねー。

ただしグリップ感自体はNeova AD07比ではかなり独特です。なんかぐにゅぐにゅグリップしてる感じ。R1Rで感じられるような絶対的にベタっとしたグリップ感とはちょっと違いますしAD07では顕著な頑張って頑張ってはいアウト〜みたいな境目がどうもはっきりしません。感覚的には(もちろん)相当なハイグリップなんだけど常に四輪とも滑ってるみたいなとこがあります。どこまで信用できるのー?みたいな。
たぶん横よりも縦のグリップに振ってるのかなって感じ。これがはっきりするのは角度がバッチリ決まって出口相当手前から全開で立ち上がった時に軽い四輪ドリフト状態になってなおかつがんがんに前に加速して行くような場面。いやほんと、すげートラクション掛かりますもん。100馬力の加速じゃあ無いでしょって。お陰で次のコーナーがヤバいのなんのって(汗)

そのコーナリング中も、僅かなアクセルオンオフに対して非常に敏感にちょっとだけ鼻の向きが変わります。すごくレスポンスが良いのだ。もしかしたら横方向のグリップが怪しいのかも知れないけど?まあ絶対的なレベルは高いからたぶん大丈夫。
ここで残念ながらウチの100馬力ではアクセルでリアをブレークさせて大きく向きを変えるってな走りは無理ですけど、この鼻の敏感さにあとほんの30馬力程のパワーが加わればたぶんどうにでも向きを変えられるようになるんじゃないですかね。そうしたらたぶん無敵のコーナリングマシンになっちゃうと思う。
ただしステアの切り始め部分に僅かに曖昧な部分がある、でそこだけ注意して進入角度を決めてやればあとはとにかくタイヤの状態がわかり易い、そんな感じのすごく使い易いタイヤだと思います。

うーん、どうだろ?
たぶん誰でもわかり易いのはR1Rの方なんだろうなあ。
このZ2はちょっと癖があると思うな。その進入部分。スパっと言う感じではないもんな。
んでもこの癖に慣れてそれなりの使い方をしてやればポテンシャルとしてはこっちの方が上? なのかな? 入りで絶対アンダー出さないようにすればいいだけだし(とりあえず人ごとのように簡単に言ってみる)(笑)

残念ながらロドスタでのテストはほんの数日で終了ですから全てをご報告できるわけではないですが、まあこれだけのポテンシャルがあればM100のFFターボでも大きく破綻する事は無いでしょう。たぶん大丈夫。

よっし、合格っ!!
これでZ1みたくトレッド剥がれが出なければ文句無し。(マジで頼むよー)

ちなみにロードノイズはものすごーく少ないです。AD07比だとすんごい静か。

ただし乗り心地に関しては、これたぶんトレッド面が相当堅いですよね。結構細かいデコボコを敏感に拾いますね。5年モノAD07比でもヘタすると更に堅いかも?って雰囲気もあり。
単純な乗り心地比では R1R>AD07>Z2って感じですねえ。

2012年1月 2日 (月)

ロドスタのドアをバラす

自分の"通勤用"ロドスタが数ヶ月前から嫌なビビリ音が出て困っておりまして、
音が出る場所は助手席側のどこかと言う程度でしか判別できない非常に厄介な状態だったので、

さて、久しぶりにお正月がまともに休みになってるんだし、
ぶっちゃけ暇だし(笑)

んでは新年を寿いでバラしてみる事にしましょう。

まず暮れのうちに、車載コンピュータをいじってる車両ではよくあると言う噂の助手席足下にあるコンピュータ部屋のフタのねじに関してはど〜だのH氏に確認してもらってるのでOK問題無し。
念のため"ど〜だバー"の取り付け部分に関してもまったく問題ない事がわかってちょっと安心。
(ドサクサでお願いしたHさんありがとうございます)

次に怪しい助手席側のバケットシートについては自前でバラしてみて、これは片側だけロックの簡単なレールを使ってるのでロックが無い側はガタガタなのは当然(笑)ただしどう見てもここまで酷い音が出る元となってるようには思えないのでスルーします。

Img_0056

んで最後にしょうがないドアの内張り外して中の様子でも見てみんべぇとバリバリやってみたら、
あれ? ドアの内側 底の方になんか落ちてる.........

拾い集めたものを組み立てるとなにやらドーナツ状のモノになりそうな???


Img_0055

そしてそのモノが本来あるべき場所を探してみるとどうやらここらしく.........

ふーむむこれはガラスランのローラーガイドなんだろうなぁ。
交換するのめんどくさそうだなぁ。

.........と言う事でスルー決定(笑)

バラしたついでにあちこち注油だけしてさっさか元に戻して作業終了。

いや待てよ、運転席側はどーなのよ? ってぇ事でこちらもバラしてみたら件のガイドはやはりまっぷたつに割れております。(汗)
ま、まともに回ってないようなら無い方がマシだろうと判断してこちらも取払い、動きが渋かったパワーウィンドウについてワイヤー中心に注油して今度こそ作業終了。

動作点検、ふむ、問題無し。ウィンドウの動きも良くなったし。(喜)

続いて走行テストに繰り出し、
おー、あの嫌な音が消えた!!
こいつはなんとも幸先が良いぞとひとり喜ぶ。
(片側だけの支持になったガラスランのガイドローラーがいずれ残りの方も確実に崩壊する件に関しては今んトコ見ないふり)

2012年1月 1日 (日)

新年

Img_0051

どなたさまも平穏無事で良いお年となりますよう.........

2011年8月31日 (水)

さらに極上NA6CE

P1030747

え〜、

今さら初期モノNA6CEロドスタが欲しいって方、今すぐこちらにアクセスしてみてください。

ここの中古車のページがよくわからんので(汗)直接こちらの「諏訪課長」に取り次いでもらえば全てが上手く行きます。
コレ筆者責任保証♪

平成2年あたりの初期NA6CE VS
走行3,200km( !! )
販売価格 135万円

某まふりゃ〜屋さんの新ミドリ号をも凌ぐウルトラ極上品が出ました。

「......ゔっ これ、オレが欲しいんだけど」
「いやそう言ってる私だって欲しいですよぉ」(笑)

2011年8月24日 (水)

新ミドリ号

埼玉名産は「深谷葱」(*゚▽゚)ノ

その葱畑の中になぜかポツンと存在する某マフラャ〜屋さんに二台目のNAロドスタがデモ車として配備されました。

#.........おー、こりゃ試乗しに行かなくちゃ♪

Img_0246

モノは平成2年あたりの初期型VS(...だったっけか?)の5MTで緑色外装とタンカラーが特徴的な当時ものすごく流行ったヤツなんですけど、特筆すべきなのはこの個体がマジで15,000キロ走行車だと言う点です。
なにしろどこもかしこも全部、ぜーんぜん全く傷んでないのですよ(@Д@;

普段ボロいロドスタに乗ってる身としてはなにコレ?みたいな極上車ですな。
かつての筆者NA1号AT車も16,500キロ走行の極上車だったんですけどこの個体はアレをも凌ぎます。
つかさらにかなーりの開きがあると書けば筆者1号車を知ってる人なら全員驚くはず。まぁほぼ新車みたいなコンディションなんですよ。

で、この個体、
入手後に一通りの一般整備を済ませた後にここのマフリャ〜屋さん渾身作のマフラーに付け替えてそれ以外は全くのノーマルのまま。

ふむふむ、考えてみたらNA6CE MT車のどノーマルの姿って筆者は知らないんですよね。
こんなのに今さら乗れるだなんて夢のような話だと思います。

と言う事でご近所を軽く試乗。
って、発進した途端やたらトルクがあるのにびっくり。
(ぎく、明らかにウチのよかトルク出てるし)

ふむふむ上は7,200rpmあたりでフツーにレブリミッターに当たるのね。
(ぎくぎく、その時点での速さ感でも負けてる気がするぞ)

ありゃあ〜、新車時のNA6ってこんなにヨカッタんですねぇ。うわあ。

ま、冷静に考えてみればこの個体の上の伸び方は明らかにSACLAM管の恩恵と言えます。
ノーマルマフラーなら6,500でフン詰まりですからね。
いやそれにしてもだ、なんなんだこの気持ち良さは? (@Д@;

とりあえず必要箇所だけを確認して短時間の試乗を済ませ、暫くしてからふと思い立って自分の(ボロ)NA6で同じコースに出、試乗車同様に7,200rpm縛りで走ってみる.........

ああやはりオレのの方が遅いんじゃん(号泣)

まぁそうだよねー、今の仕様って拾って来たノーマル使いっぱの圧縮抜けてる腰下に圧縮比ノーマルのままでハイカムが載ってるわけで、
「どう考えてもノーマルよりか遅い仕様になっちゃいます」
と言うHメカのお言葉は本当だったんだと今さら気づいてみたり(笑)

いやほら、中間トルクが細くなって無駄にバカ回りするのっていかにもDOHCって感じで素敵じゃない?
......などとヨタこいてた自分がアホでした。

#と言いつつ実際には相当にこのエンジン気に入ってたりするんですけど(笑)

2011年5月14日 (土)

エンジンできた♪

P1030676

今の「おやじNA 2号機」のベース車はたぶんこれです。
これの1600の方。
#まぁいろいろあってまるで別の車になっちゃってますけど。(笑)

そんなウチの車なんですけど、5/12午後の時点ではご丁寧に「つごう4基のB6がバラバラになって転がってる」状態だった某ロドスタ屋さん。
うーむむこんな状態からで5/15にサーキット走るわけ? (滝汗)

とりあえず(徹夜覚悟で)今日のお昼頃に顔出しして見たら、
.........あっさり出来上がってましたとさ。
うへえ。さっすがHさん、仕事が早いわ。(感謝〜)

と言う事で即座に試乗・チェックに出発。
目的地は近所の新しい「長いトンネル」(笑)
#まーほら、まずは「音」を確かめたいじゃない。(笑)

中古エンジンとは言え組み上がりほやほやなので慎重にトンネル部分だけを3往復して「音質」をチェックしてみる。
例によって半踏みでキープしたまま2/3速を6,500rpmまで引っ張ってみる。
うーむ、快感。(笑)
つか、なんか「元祖ミドリ号」の音に近くなってるし。

これがなんでかと言うと、元々ミドリ号マフラーは1800のBP用にチューニングされた商品なんだけどそんな事は無視して強引に1600チューンドのウチのに取り付けてもらい、結果はメタキャタ装着の某「M2-1028」とクリソツな音になっていたと言う(笑)ウチの車は今回のエンジン換装で普通な1600のB6になり、それがこんな音になるって事はあのマフラーは普通のB6に取り付けても問題ないと言う事がここで証明されたわけです。
#厳密にはミドリ号よりも若干音量が低くなります。(音域は一緒)

ちなみに、全開で7,800rpmまで回した時の音は、「.........うへえ」と言う音になっておりました。(汗)

そんな風にして簡単なチェックを終え、某店に帰還。
「......しゃっちょー、ROMそのまんまでしょ?」
「え? なに、なんか問題ある?」
「トロい」

.........


「あっそ( ゚皿゚)キーッ!!、んじゃ明日のサーキット一日用"ワンディ仕様"に打ち替えるね♪」

ちょっと待って(汗)

2011年5月 9日 (月)

おやじNA 2 ver.2.0?

ただいま入院中のおやじNA 2号機。

かねてからちらちら書いてましたけど、エンジンが終わりました。

順番に、
まず5/15は筑波TC1000にて恒例の「ど〜だ走行会」が開催されます。
個人的な事情からすると2年前の事故で負った怪我が癒えてない今の自分の状態ではサーキットを走ってもとてもとても100%で踏めるとは思えないのですが、なにしろその怪我のせいで溜まりまくってるストレスを発散させる機会が欲しいわけ。
思いっきり、目一杯で走れない事でむしろさらにストレスが溜まる元になるんじゃないの?と言う心配はあります、もちろん。
実際前回の走行会ではせっかくのクソ速いエンジンを全く使い切れなくて歯がゆい思いをしたのは事実。
前回の43'465のタイム? 
自己ベスト大幅更新ではあるのだけれど、乗ってて明らかに
「......この車、オレでも42秒台に入るわ」
ってのがビンビンわかる。(汗)
だけどあの時のあの状態でそこまで踏んだら間違いなくクラッシュしてます。
そう言う加減みたいのもまたシビアに理解しながら走ってたので。

そんなことで、
自分の今のこの状態でベストを尽くす、悪い状態をコントロールしながら最高のパフォーマンスを示すと言う方向性もあるのかなと思うのです。
要は雨だとか雪だとかの悪条件下で走るのと一緒じゃん?と言う考え方ですね。
#F1に復帰したのは良いけれど、例のバイク事故で確実に首壊してるはずのシューマッハがそれでもそこそこの走りができてる事と重ね合わせてみてたりするのよね。
#シューと比較するのはあまりにも恐れ多い事ではあるのだけれど。

まー、元々悪条件って好きですし。(笑)

そんなわけで出走を決意した今度の走行会なんですが、
「......しゃっちょー、ほんとにアレで全開してもいいの?」
「オイル管理さえしてればたぶん大丈夫だと思うよ」
「んじゃ出る」

とは言うものの今のエンジンの状態は「踏めば白煙、オイル大量消費」となってるので、まぁ燃調変えてもらって多少マシにはなってるものの、さすがにサーキットに出る前にカプチ乗りの友人につき合ってもらって現状を確認してみる。
「.........ちょっとでも強く踏むと確実に白煙出てます」
「もちょっと強く踏んでるとこちらのフロントウィンドーにオイルが飛び散ってます」
げげげ。せいぜい半分しか踏んでないんだけど。(汗)

まー確かに、4L缶のオイルを持ち込んで足しながら走れば走行会中にブローする事はないかも知れないけど、だけど走行中は確実に(マーシャルにバレない程度に)オイル撒きながら走る事になるよね?
それって、
他の走ってる車に対しては大迷惑なわけで、
いやそれって、
オトナの遊びとしては許される事じゃない気がするわけだ。

まぁ個人的に、走行中に華々しくエンジンブローして散るってのはひとつの理想ではあるんだけど(爆)、いや実際やってみたい気は満々だったり(笑)、おおこれでオレも伝説の先輩方と肩を並べられる?

.........ってあたりでシャレで済んでるうちはいいとしてもだ、
ブローすんのわかり切ってて走るってのはさすがにどうよと、ここはオトナとしての判断をし、とりあえずノーマルエンジンに積み替えて走る事にしました。

んで今日の電話での会話。
「どーなってました?」
「ピストンリング逝ってる〜。んでもヘッドは生きてた」
「お〜(喜)」

さてと5/15はのんびりと走る事にしますかね。

「んでいつできるの?」
「5/14かなぁ」

おーいっ!
本気でTC1000でシェイクダウンになるんかいな。(大汗)

2011年3月29日 (火)

早春、シモニタ方面へ

Img_0183

R254から妙義へと登って行く途中にあるいつもの梅林です。
iPhoneでの手持ちズーム撮影なのでひどい写真になってますが、今年もいつも通りに奇麗に咲いてます。
「桃源郷」と言う言葉がつい思い浮かぶような光景ですね。(桃の花じゃないけどね)

Img_0181

ハイオクガソリンの供給が落ち着いて久々に遠出したわけですけど、もちろんメインの目的はいつものお山でのいつものテストドライブ。
エンジンがヤバくなってるロドスタの様子見と、ガタガタになってる自分の身体のチェックとか、リハビリとか、気休めとか.........

ただしこの時期ですから当然なんですけど、路面はもう「お砂場」状態だしR1Rは賞味期限を過ぎてカチカチになってるしでまー滑るのなんの(汗)

そんな中でも明らかにしっかり走ってるっぽい地元走り屋おやじどものラインだけは砂が無くなってるのでそれを丁寧にトレースし.........?
って、お〜い、普段こんなラインで走ってるのかよ(滝汗)

久しぶりに走るホームコースでは(ブローしないように)燃調変えて激遅になってるロドスタのトロさが際立ち、路面の砂でなかなか全開出来ないと言う事情はさておいても去年のまだエンジンが元気だった頃に比べればせいぜい60%? 程度に過ぎないスピードでコーナーをひとつひとつクリアして行く。

トロくなった分パワーの100%は手のうちにできるので安全極まりない超ヨユーのドライブなんだけど、そんな中で改めて見えて来るのはこのロドスタの驚異的なコントロール性なのです。
前オーナー氏とど〜だ自動車がコラボで作り上げたサスとボディが、こんな場面では真価を発揮するわけですね。筆者程度のウデではまさに何事も起こらない安心感があるわけ。

......ふむ、むしろエンジンがダメって選択肢もあるのかも知れないなと本気で思った瞬間。
少なくともお山で走る分には、むしろこのトロい状態の方が遥かに安心して楽しめると言う事実があったりします。

さらに相変わらずと言うか更にと言うか、自分の足が言う事聞かない状態の運転手の方はと言うとこれが意外にしぶとくまだそこそこ細かい操作が出来る状態である事を確認できてこれはひと安心。
帰路には脚が吊りそうになってたけど肝心のお山での一時間程度の間だけでもしっかり動いてくれればまだ希望は持てます。
これなら筑波でも少なくともコース上ではまともに動くような気がする。(喜)

まぁそんな感じで色々と問題有りの人・車ですからとりあえず無事にお家帰れればOKですよね。
と言う事で帰宅後にエンジンオイルをチェックしてみたら出発前に「F」位置だったレベルが「L」の3mm上ですと。(泣き)
あ〜あ。
やっぱもうこのエンジン無理なのかなぁ。(号泣)

ま、それならそれでエンジンオイルは交換せずに常に継ぎ足しすれば良いと言う理屈にもなったりするのでいつも通りトランクに常備してるMOTUL 300Vを1L継ぎ足し、これでカラになったボトルには新たに300Vを満タン補給して明日に備えるわけだ。

......某F1エンジン関連エンジニア氏が新車で買った自分の車を数年間この継ぎ足し方式のみで維持したって話もあるわけだし。
......結局ブローしたみたいだけど。(汗)

ま、それは某社製エンジンがまるでオイル喰わないデキの良いエンジンだったがためにオイルの入れ替えがスムーズに行われなかったって事なんでしょう。
ウチのこんな場合の、ほんの一時間で1L喰ってしまうようなエンジンなら簡単に入れ替えできるって事でもあるんだから、

これでいいのだ。


たぶん。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter