カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「f/c7_ブレーキ」の3件の記事

2012年12月11日 (火)

M100用EBCを評価する

昨日いつものお山のいつものテストコースで、いつものロドスタと同等のテストをかまして得た結果としての、

Img_0425

M100用 EBC社スリット/ドリルドローターと"GREEN STAFF"パッドを評価してみます。

結果から。ダメっス(汗)

この組み合わせ、メーカーの謳い文句では「600℃対応ストリートからサーキットまで使用可能」となっていますが、いつものテストコース下りで速いロドスタに(鼻歌まじりで?)先導してもらいながら試したらコース2/3地点であっさりフェードして使えなくなりました。

まあ先行するロドスタの連中は800とか900℃対応の本気のレーシングブレーキパッドを装着してますから? 実際同じパッドを自分のNA6でも使ってるからその威力は充分に理解してるんですけどそれにしてもこのEBCのは情けなさ過ぎ。こりゃただの並のストリートパッドです。本気でサーキット走ったらほんの3周もあればパッド燃やせますね。

まあそれでもローター側にジャダー出なかったのはせめてもの救い。
そっくり新品取り付けてこの評価一発で捨てられる程の財力はここの筆者には無いので、こいつは街乗りとお山の登りに限って使う事にいたします。

M100オーナーの皆様へ。
あなたがもしサーキット並みのブレーキが必要なのでしたらここは迷わずDIXELの高い奴にしましょう。それでも足りなかったら海外でキット化されている4ポッドの商品を選択した方がいいと思います。

以上。

2012年9月28日 (金)

M100 リアブレーキ周り

なんか非常に都合良くウィークディー二連休になっているのを幸い(要するに週末の土日に働けって意味なんですけど)、さーどんどん行きますよー、本日はリアブレーキのO/Hです。

まあ休日とは言えこちらのつまらん私用なんかもあって、あと勤務シフトが変わるためちょっと寝とかなきゃってのもあるのでのんびりと午後からの謎工場詣でとなります。

もちろんそんなトロ臭い事やってるおやじなんかはあっさりとスルーされて(当然ですよね)いそいそと着弾した謎工場では昨日えらい目に遭って学習したフロントキャリパーの残り、左側の作業は簡単に終了、既に左リアが浮いていてブレーキ関係は完全バラバラ状態。まー仕事早いわ。(汗)

で、
どんな感じですかー?とお訊ねするとなにやら又もやどツボ状態らしい(笑)

「このキャリパーどうやってバラすんですかねー?」

残念ながら筆者のこれまでの調査ではキャリパー本体がどこのどんな品なのかは皆目わからず情報も無いのでとりあえず現場であいぽん駆使して検索しまくりなんとか新たに得られた情報は「ポンティアック5000」「FORDシエロ」「ボグゾールのなんだか」に同じ物が使われている?かも?程度、当然のごとく詳細なバラし情報は無し。
キャリパー本体にあるのは「699 105 R(L)」のみでこれだけじゃさっぱりわからんし。


うーむむ。

そうなるとやはり頼りになるのはこのサイトLotuselancentralなんですよね。

と言う事でサイトの中の情報を頼りにバラし続行。
「どらえもん師匠〜、英語読めますかあ?」
「無理っス(即答)」

はいはいそれではEXCITEの自動翻訳に頑張ってもらいましょう。読んでてハラ痛いぐらい笑えるけどどうにか必要情報は引き出せるもんね。

で、
いきなりSST製作のお手伝い。すんません〜、コマ代お支払いしますから(@Д@;

Img_0428

Img_0429

もちろんバラした時のハブ側の状態はきっちり観察しすぐに手当が必要な箇所が無いかって辺りを名人メカ氏が睨みつけます。
昨日バラしたフロント側ではドラシャやステアリングシャフトも加わるのでそれらも含め全体的に今後の整備計画を考えます。
結果は、意外にも各部はけっこうマシな状態に見える、と。ばんじゃあ〜いそんなら今回用意したハブベアリングとかのパーツは温存して次回の整備に回そう。正直もうお金が厳しいのよ。(汗)

Img_0430

写真では全体的に錆び色になってますが機能するために必要な鉄分は充分に残ってますから単なる見た目だけの問題、掃除して手当てすれば全く無問題レベルです。

と言う事でせっせと分解・洗浄しリペアキットを組み付けて行く名人メカ氏。

Img_0431

途中余計なギャラリーが加わるものの?

Img_0432

名人氏はまるで気にする風も無くさっさか作業を進めて完成です。

Img_0433

おーすげえ。

んでここで使ったパーツ

1,A100J6072S Seal Kit-Rear Caliper  x2
2,EBC DP2325 Car Brake Pads  x1(左右セット)

他に買ってあった
1,A100J6066S Rear caliper sliding pin kit  
これは左右セットと思っていたのが片側二個使いだったため1セット不足し次回へと延期。ただしバラしたそこのパーツはえらく奇麗で状態が良かったので再使用するのもなんら問題無しだったのはラッキー。

と言う事で組み上がり。

Img_0434

これにあとリターンスプリング付けて完成です。

おー。
なんかちゃんと効きそうなツラ構えになってるぞ。(笑)
効かないと噂のサイドブレーキの調整方法もだいたい見当付いた。これだと減り具合に応じて定期的に組み方変えないといけないみたいです。

んでホイールを組み付けて、

Img_0435

これが筆者的にはむしろ好みなセンターキャップが無い状態。

Img_0436

こちらがMOMOオリジナル状態。

.........ね? ホイールボルト見えてた方がなんかそれっぽい感じでしょ?

M100 フロントブレーキ周り

それでは整備スタート。

M100ってやっぱ開けると恰好良いよね。

Img_0420

昨晩一応チェックしておいたパーツ類は謎工場のメカニック氏の目でさらに細かくチェックしてもらい、とりあえずフロントキャリパーをO/Hするためのパーツは揃っている事を確認。

んでは本日はフロントキャリパーをやっつけましょう。

ここで用意したLOTUS純正パーツは以下、

1,A100J6051S Front caliper sliding pin & seal kit x2
2,A100J6061S Front caliper sliding sleeve kit x1(2個セット)
3,A100J6062S Front caliper sliding pin kit x1(2個セット)

ここで開けてみてピストンが浸水して腐っていればそれも必要。
1,A100J6069S Caliper Piston LH x2

次に社外品で用意した物が以下、

1,EBC GD291 Car Brake Disc x1(左右セット)
#今回購入した物以外により安価なノーマル相当品も有り
2,EBC DP2978 Car Brake Pads x1(フロント左右セット)
#今回購入した物意外により安価で使用温度帯が低い一般品も有り

#いずれもより温度帯が高い用途向け製品ではM100用としての用意はされていないが、交渉次第ではワンオフを受けてくれる可能性がありそう。

と言う事でこちらがちょいとよそ見してる間にメカ氏がサクッとバラしてしまっていた。(汗)
はやっ! 

Img_0421

作業し易いようにステアリングロッドエンドも既に外してある。

ちなみにこのパーツもどうせ消耗品なので用意しておいた。
1,A100H6024S Outer Ball Joint x2(左右指定なし)

で、

ブレーキの効きがやたら悪い原因はあっさりと判明、あ〜あパッドが無いじゃん!!

Img_0423

こりゃ無理だ、止まるわけがない。

って事は、表から見ると一見奇麗に減っているローターも?

Img_0424

裏側はこの通り、だーめだこりゃ益々もって止まるわけがない。(汗)

ローターとパッドに関しては事前に(バラさなかったけど)目視で残りの厚みを確認し、フロントについては裏表が不均等に減っていたのでローターもパッドも両方ダメと判断し発注、リアは比較的均等な減り具合でローターの厚みも充分に残っていたのでパッドのみを発注。

#リアディスクはEBCには対応した製品が存在しません。どうやら調査した範囲ではLOTUS純正品しか無い模様。

ついでにフロントキャリパーについて。
品物は Made in FRANCE の DELCO 製でした。
はて? AC DELCO の電気部品はアメリカ製だったはずですけどこれって別会社?
うーん暇な時にでも調べてみよう。

とか、

まー、

色々色々色々あれこれと作業中のトラブルもあったんですが(汗)ベテランメカ氏の非常に適切かつ慎重な作業により無事に組み込み完了。
あー良かった手を出さなくて(笑)
ロドスタのつもりでお気楽にバラしてたら今頃大泣きしてるね。

Img_0425

キャリパー自体は1ピストン/片押しのごくオーソドックスなものですがかなり大型になってます。なのでピストン自体も太いですねぇ。
そして意外だったのがピストンのパッド側押し面に面白い加工が施されていた事。外周のおよそ1/3だけ当たり面をやや低く削ってあるんです。これはつまり組み付ける時の向きを変える事でパッドがいきなりガンッと当たるのかじわーっと当たるのかを選択できるようになってる臭い。へーなるほどね。
もちろんここの筆者は大人しい運転なのでじわーって方を選択致しました。

Img_0426

なんか色が変になってますが完成形ビューです。
わざわざキャリパーに色塗らなくたって充分にお洒落でしょ? (笑)

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter