カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「f/b1_CATERHAM 7」の11件の記事

2011年12月17日 (土)

東へ西へ(汗)

Img_0029

本文が遅くなりました。
今から書きます(汗)

この日は自宅から見て西の方、ほんの15分の位置にある所でお猿さんたちがくるくる回るイベントがあるってのを見学に行く予定だったのですが、
.........なぜか朝イチで反対方向の東へと拉致連行(;ω;)

Img_0031

盛大に遅刻した後にようやく会場へと到着したものの、今日のはロドスタ限定のイベントだからねぇ。
一台だけぽつんと浮きまくってます。(笑)

Img_0030

.........お?
なにやらボディをカスタムした一台が(笑)
ふむ、これは「NA20C」なのである、と。
入念にマツダマークまで偽装して来ているのでもう完璧、誰にもバレてない? (笑)

Img_0032

あれれ○カゾー君、あなた座る場所が違ってますけど? (笑)

2011年11月22日 (火)

今日も今日とて.........

.........こんな組み合わせの二台が走る(汗)

行き着く先は 当然(笑) ココね。

Img_0009

ただし本日の主役はケータの方です。

このケータとオーナーさんの一生分の「晴れ運」を一気に使い果たすかのように無駄にどピーカンに晴れ渡る青空のもと、


Img_0010

「ちょっと待ってね、コレ持ってお行きなさい♪」

......さっすがUさん、よくお分かりでいらっしゃる(爆)
つか、
これが冗談で済まない所がこの車の特徴でもあるんですけどね。(汗)

と言う事で、
"カチカチ山"に二名乗車の単旗で出立するような勇気は筆者にはございませんで、

.........素直にロドスタでしずしずと後に従う事にする。

「え〜っとなんだっけ? 燃えたらこの消火器を投げつければいいんだよね?」
「それはコンビニのカラーボール」(爆)


Img_0011

はい、

無事に「ロータスの巣」へとたどり着きました。

2011年9月 8日 (木)

本日の天気予報

「曇り時々大雨所によって豪雨、たぶんゲリラ豪雨ね♪」

.........人はこれを "ケータ日和" と呼ぶ(大嘘)

P1030751

写真の西風さんの作品と本文とは基本的に無関係です。

ただしこの作品が近年になって友人Mに悲劇をもたらしたその原因の大半を事前に刷り込んでいたであろう事は明白なんですけどね(汗) ......西風さん、みんなあなたが悪いのよ(笑)
そんな訳で本日も友人Mのお供でケータ整備役としてまた拉致されました(涙)

納車されたその日のエンジンオイルほんの2Lばかり吹いちゃった事件の対策が済んだMのケータはその後もどうやら無事であるようです。実際にはその後の駐車場所のコンクリート上に若干のオイルが垂れてたりするのはまぁその事件の名残なんだと言う事でスルーしておきましょう。(笑)

んで、
本日の作業は'89 1700SS標準のWEBER 40DCOE様の手当です。

ウェーバーのDCOEと言えば、それは数多のレースシーンで大活躍した定番中の定番キャブでありもうこれしか無いってぐらいの絶大なる信頼を勝ち得ていたそれはそれは素晴らしい品であるわけで、そんなすんごいキャブを、......こんな素人おやじがいじれるわけないでしょ? と言うのか常識なんですが、ただしこれに関しては以前「どらえもん師匠」からアドバイスを頂いてたような気がします。
「あー、あれは基本Solex PHHと一緒です。エマルジョンチューブ(ジェットブロック)を変更しようだなんて考えない限りはPHHいじれれば全然大丈夫です」と。(......ホントか?)

そんな僅かな記憶と希望を元にまーテキトーにいじってみるかな♪ってのが本日のお仕事ですね。(笑)

ま、
キャブをいじる場合って本体以外に最初に色々チェックしとかなくちゃなんない部分もありますんで。
とりあえず2基のキャブバランス取らなくちゃなんないでしょ?
まぁこれは手持ちのキャブバランサー(登場したの何年ぶりだろ?)で様子を見つつ軽く5分で調整完了。

あと付いてるジェットが適切なものであるか、またちゃんと4本同じものが入ってるか?(これ重要)(笑)
実際にはケータ1700用ジェットのデーがわからないのでとりあえず4本ずつ同じのが入ってたからOKにします。(笑)
ま、
とりあえずちゃんと6,000rpm+まできれいに吹けるし。
ちゃんと止まらないでアイドリングしてるし。
まーいいんでないの?(ここはまだ深く考えない)

んーとあとなんだっけか?(もう忘れてるし)

あ、アイドルジェットスクリューを調整するのか。
とりあえず現状確認っと。
このWEBERだと1/2〜1回転戻し範囲に入るぐらいでいいんじゃなかったっけ? (うろ覚え〜)

現状は、1番3/4、2番3/4、3番1/2、4番1+1/4 なんじゃこりゃ(汗)
しょうがないので真面目に取り直してみたらアイドリング回転数が上がって調整不能範囲に(汗)
この部分、前回の整備でスロットル系のワイヤーとリンケージまたその取り付け部ブラケットが超テキトーなのが判明してどうにかこうにか調整したばかりなのに、こりゃどうやら全体をやり直さないといけないのね......(大汗)
と言う事でこれに関しては「見なかった」事にする。
元の数値に戻して今日はもういじらない。(無理)
ま、どうやらそのまま20年選手のキャブ本体も相当ガタが来てる雰囲気でもあるしね。

「お〜いM、とりあえずこれでちょっと走ってみて。たぶんなんか気のせいぐらい変わってるから」


暫くして、
「あんまりよくわかりませ〜ん」(爆)
「なんか少しスムーズになってるような気はします」
くっそぉ、渾身の調整作業をプラシーボで片付けられてしまった(ぶつぶつぶつぶつ)

ま、実際には2基のキャブバランスをちょっとだけ直しただけだしね。まーいいわ。

そんな訳でとりあえずキャブの最低限の手当は出来たので、
.........まだやんなきゃいけない事いっぱいあったような気はするけど(汗)
んじゃちょっとオレも乗ってみんべ。M、ちょっと貸して。

.........ふ〜ん、(推定)2,500rpmで(タコの数字が信用ならん)息つきするのはオレのせいじゃないな。
こりゃジェットが合ってないかキャブ本体がダメかのどっちかだろ。
まぁいいわ。ほれ全開っと。

んげげげげ

なんだこりゃ

クソ速ええんでやんのこの車

エンジン音は超やる気なさそうなのに、なにこの加速!?

うわー

ヤな車だなぁ.........(滝汗)

2011年8月15日 (月)

解説(汗)

マフリャ〜屋さんの記述によれば、

直近のケータ君の様子はこんな具合であるようです。
(記事の真ん中辺ね)

#手前の背中向けてるのが筆者で乗り込んでるのがオーナーさん。
写真ではなにげに奥にNAロドスタが居たりして、
これはなんだかとってもエンスーな風景になってて素晴らしく恰好いいんですけど(喜)


その実、
当の二人は全然それどころじゃなくてこの写真撮られた事にも全く気づいてないのでした.........

「おいっ(汗)、どーすんだこれよぉ!」
「どんだけボロいんだこの車」(爆)

「とりあえずこの丸っきり役に立たないサイドミラーはむしり取る事にしようか」
「オレのに付いてるG502"オトコの子ミラー"まだあるか聞いてみるか?」
「あ、いやウチにもストックのカーボンミラーあります」
「おー、んじゃそれどこに付けるかだな。フロントスクリーンのステーに穴開けるか?」

友人Mが買って来たばかりの車(20年モノの大古車だけど)、とりあえずそのまま走って様子見るか?なんて甘い夢は納車日即日で打ち砕かれたので(笑)それ以降はとにかくこいつが死なないで済む程度の整備をしてからじゃないととてもとても危なかっしくて見てられないってのが今の状況なのですよ。

なんたってMは、

・JTジェミニ(HBL)買って一ヶ月でフロントのブレーキローター割って峠で刺さった
・UBSビッグホーンで横転した
・カプチ(前期)でひっくり返った

等と言う立派な経歴の持ち主なので(大汗)


あ、
先ほど「ケーターハム1700SS」と言うカテゴリーを追加致しました。
#この先(嫌でも?)長い付き合いになりそうな気がするので(汗)

あとリンク先の某社長さま、
現状のケータ君のマフリャ〜は下品音質でうるさくてかなわないので、あの(秘蔵品の)マフリャ〜早く組み上げて下さい♪

2011年8月 3日 (水)

ケータ君、お勉強中(汗)

えー、
いろいろありまして(汗)

ただ今ケータ君に関するもろもろ鋭意お勉強中です。(大汗)

「なんで整備がオレなの?」
と言うのは現在の筆者のごくごく正直な感想なんですけど、

.........まさかねぇ、友人Mがホントにケータ君買っちゃうとは思っても見なかったんだもんね(大汗)

このケータ君に関するそもそもの「ネタの仕込み」「主要部分に関するアフター」「飽きたら6掛けで引き取ります♪」等と言う企みの全ての責任は某プロにあります(笑)
#筆者は遠目で見つつ、なんとなく「デカい団扇」で煽ってただけだもんね(いやほら、この頃ってすごく暑かったし)(笑)

なので、......M、オレが先に手を挙げてるんだからその時はオレに半値で譲ってくれ(爆)


Img_0224

#写真は先日の「遊泳後(笑)」の勇姿です。
これって、とにかくどうにかこうにか保管場所までたどり着いた直後におやじ二人はケータ君から這々の体で這い出して(笑)
「うわー、屋根がある場所って最高〜」とか喜びつつ
「着てたTシャツ、マジで絞れるねー」とか(爆)
「ジーンズが濡れるとこんな重いから次は短パンですねー」とか(懲りてない)
「あとヘルメットはマジで必要かも?」
「最低限ゴーグルだろうな」

「ヘリ用のメットなんか恰好いいですよ」
「......米軍のアパッチの運転手用ですか?(汗)」

「.........あ、それイイかも、探してみよう〜♪」


と言う事でまずは昨日???だった WEBER のマニ部インシュレーターについて。

資料は岐阜の赤(F308GTS)青(5 Turbo)白(EUROPE S1)白(ストーリアX4)灰(M100エラン)黒(FCカブリオ)黒(モーガン)のおぢさんが紹介してくれた(......なんて長い名前の人なんだ)「TM Racing」のページを参考にさせて頂きます。

ふむ、なるほど。
どうやらここの真ん中辺にある「ミサブキャブインシュレータ」ってのが友人Mのケータ君に付いてるヤツでしょうね。
このステン?の薄板は確かに挟まってましたもんね。
なるほどねぇ、これはO-リングで処理してるんだ......
薄板はてっきりガスケットの役目と思ったんだけどそうじゃなかったのね。これはただの位置決め用なわけだ。ふ〜ん。
ってぇ事は接続部のボルト/ナットは「適度に締め付ける」で良いわけなんでしょう。締めすぎるとなんか不幸になりそうな予感がします(汗)

続いて問題のアクセル・リンケージ部分。
う〜〜〜
どう探しても出て来ないぞ(汗)
うーむ。
ってぇ事は、問題があるようなら対策品を自作しろって意味だな。はい了解(笑)

おっ?
WEBER 40DCOE のジェット類のデータも出してくれてるんですね。これは助かるなぁ。
これがたぶん KENT 1600 ノーマル用のデータなんでしょうね。

今現在のエンジンは必要充分(以上に)速いのでとりあえず暫くはキャブをいじる事はないでしょうけど、車全体の整備の様子からすればたぶんデフォルトまんま全く触っていないキャブであるような気がします(汗)
ってぇ事は、とりあえず WEBER 各パーツ類の何が入っているのかを分解して確かめ、エア・メイン・パイロットそれぞれやや大きいサイズを用意して「もちょっと速くする」楽しみがあると言う事ですね(喜)
そんで最後に WEBER のキモであるエマルジョンチューブを変更してみるとかね(うひひひひひひ)

うん、これは楽しみだ(喜)
#そこ、「どツボへの道」だとか言わないように(笑)

いやー、このショップ、楽しいですね。
それぞれのパーツのお値段が驚異的に高いのは日本全国共通らしいので、これに文句がある場合は
「自分で個人輸入しろ」
なんだそうです。これは某プロのお言葉。

おーいM、お前英語できたっけか?
「.........は?(汗ダラダラ)」

2011年8月 2日 (火)

ケータ君、整備中(助っ人編)

友人Mが買って来たケータ君、
そろそろカテゴリーに分けた方が良さそうな予感(゚ー゚;

さてさて、先日の"遊泳"ドライブで(汗)気になった所がいくつかあったので今日は真面目にケータ君を整備します。
ただし、
ここの筆者は基本的に「車を自分で整備する事」は大っ嫌いです。(大マジ)
その理由は、

「車と言うのは命を乗せて走るモノ」
「日常の各部の整備はプロに任せ、特に重要保安部品に関してはしろうとが触るべきものではない」

......実際問題として、自分が整備した車なんておっかなくてとてもとてもサーキットで全開なんかする気にはなれないもんねって言うのが本心なのです。
大好きな車で、わざわざ自分の不始末により命を落とすなんて事は絶対にあってはならない事ですからね。

Img_0226

そんなわけで本日の助手は未だ自分が買った車の意味をまるで理解していないオーナーさん(笑)
そしてこんな助っ人も登場してくれました。(笑)

そんな事でまずは
「5段階スイッチ式?」
になっているアクセル系統の調査と整備もしくは改善にトライします。
#要するにアクセルペダルがスムーズに動かなくて段階的にカクカクとなって非常に操作し辛いのです。

原因はすぐに判明。
アクセルペダルに直結するリンク末端のワイヤーとの接続部で、ブラケット固定ネジが緩んでてぶーらぶら(@Д@;


Img_0225

ちなみにこの車、納車整備代として10万円支払ってます。
#これはどうやらこのヒトに頼んだ方がまだ良かったのかも......(汗)

ま、こんなもんか。

ワイヤーの先はそのまま WEBER のリンケージに固定されてますので、WEBER のアイドリング回転数調整ネジとこのブラケット部分での調整しろを相互に調整して、アイドリング調整幅がある程度取れる事・その上でケーブルができるだけたるまないようにしてアクセルペダルのダイレクト感を出す事、そんな調整をして見ます。

まあWEBER は触った事ないけど、まー Solex と似たようなもんだべとサクサク作業を進めます。

......ふむ、
ブラケットはたった1本のネジで固定されているのだけれど、ここの角度が変わっただけでペダルを踏んだ時のフィールが変わるんですけど? (汗)
っつー事はここはもっとしっかり固定しないとダメでしょ?
これはまた後で対策しなくちゃね。

おっしゃ出来た。M〜エンジン掛けてみて♪
キュルルルル ブバッ ブブブ ブオォオオ〜ン
おーっしゃあ〜♪

あんだけ泳いで来た後なのにちゃんと掛かるじゃん、KENT 君えらいね〜♪

ん?

んんん??

キャブの下から僅かに発火してるんですけど?

なにぃいいいいいい〜!

「M〜〜〜 エンジン切れ〜!!!」

ひいいいい、消火消火〜(@Д@;

キャブの下にあるのはデスビ(なんでこんな所にあるの?)
そのデスビキャップ表面に火が広がった感じの燃え方でした。

「M、デスビキャップちょっと溶けた」(汗)
「まー、とりあえず問題ない程度だけど、予備品買っといて」

しっかしなんでこんな所から発火するかなとしばし眺めていたら、
何やら水滴がひとつぽたんと............

「おいっ! キャブとインマニの接合部からガソリン漏れてるじゃねーか!!!」

まさかこんな所が隙間あいてるわけねーだろって、
......ネジゆるゆるなんですけど!? (@Д@;

つか、そもそもここって普通インシュレータ入れるんじゃないの? なんで無いの?
脳内クエスチョンマークだらけのままとりあえずネジを締め付ける。
ふーむむここはやはり Solex 同様に工具が入らないトコがあるなぁ......
なんか対策考えよう......

ふむむ、

まぁこんなもんか。

「M〜 とりあえずその辺走って来て」

しばし一服タイム。
う〜ん、やはり自分がいじった車を他人に預けてその帰りを待ってる間の気分ってあんまり宜しいもんじゃあないですね。
「......まさか炎上してないだろうな」とか(汗)

暫くして無事帰還した友人M
「OKですう〜 アクセルペダルの感じは相当良くなりました(喜)」

ほうほ♪

「んでも、アクセルオフで信号停車ってあたりでマフラーがバフンッって言いますね」

あらま、
んじゃ予定外作業だけど点火時期いじりますか。
さっきの炎上デスビ(笑)をちょいと回してっと。
「M〜 エンジン掛けて〜」
「アクセルぐあっと踏んですぐ離して。それ何回か繰り返して」

ふむ、バッフンはあっさり消滅。んじゃもっとデスビ回すべ。

ふ〜む、全然ノッキングする気配無いな。まぁ今日はこの辺で勘弁してやるか(笑)

「M〜 もう一回テスト走行に行ってらっしゃい」

暫くした後......

「6,500rpm軽く回ります!! まだ回りそうです!!」

ほーほそれはそれは(喜)

まぁそもそものメータースケールが7,000なんだから今日はここまで。

そんなこんなで結構余裕な時間に無事帰宅。

あれ?
今日はネタが出なかったなぁ(^-^;

2011年7月29日 (金)

ケータ君、発進(水没編)

友人Mが買って来たケータ君、

仕事の具合やらお天気の都合やらでなかなかオーナーさんにかまってもらえてないようなんですが本日、購入以来ようやく3回目のお散歩です。

Dsc01059

せっかくだからちょいと試乗させてもらって、この「セブン」と言う車がどう言うものなのかチェックさせてもらいますかね( ̄○ ̄;)!


Dsc01057

外観的にはかなりフォーミュラチックな出で立ちのこのセブンですが、身長178cmの筆者の場合でも前後方向のスペースにはまだ余裕があります。

ただしシフターが生える位置が遠いためやや前方でポジションをとる必要があるのですがそうすると左膝がキーシリンダーに当たって苦労します。
これはシリンダーの方を移設した方が良いかもですね。

ABCペダルのそれぞれの間隔は極小なので、レーシングシューズが必須。
フットレストはありません。

Dsc01051

純正の皮シートではポジションがかなり高くてルームミラーはとにかく邪魔。
これはダッシュ側に移設する必要があります。
またバケットシートを導入すればポジションを20mm程度下げられますからこれも要検討材料。

サイドミラーはほぼ役立たず(笑)

Dsc01058

てな感じでとりあえず走り出した直後にいきなりの雨(@Д@;

まー、多少の雨ならしょうがないよねー
みたいにお気楽に走り続けていたら
雨は一気に


ドッバァ〜〜〜


「おーいM、ワイパーどれだ?」
「おー動いた動いた♪」

ドッババァ〜〜〜

「ワイパー動いてるけど前見えないぞ(汗)」

ドッバドッバドッバ〜〜〜

「もー今さら(どうせ役立たずの)幌がどうのとか言ってる場合じゃないな」

「......おーいこれってゲリラ豪雨ってやつじゃないのか?」

「どーせ周りの車の運転手どもはバカが居るって笑ってんだろうな」
「まーオレだってこんなの見たら笑うけど(^-^;」

「なんか走りながら水没してるような気分だなぁ」

「オレら生きておウチまで帰れるのかなぁ」

ここの筆者って生まれて初めて乗ってみた「セブン」で、こう言う事になる運命なわけね(@Д@;
「さっすがオーナーさん、ネタ背負ってるねぇ」
「コレを勧めたのはあなたでしょ?」
「いーやいや尽力して下さったのはUさんだし」(笑)

そんな状態なのでエンジンやら足やらの感想はまとめて一言。
「とりあえず動く」以上ってぇ事で(......ぶぇっくしょ!!)


2011年7月12日 (火)

ケータ君、発進(......即停止?)

P1030718

近頃水面下で話題のあのケータ君がいよいよ発進致しました。
チャンチャッカチャッカチャカチャッチャチャーーン♪(なぜかヤマトのテーマ)
#一応オーナーさんは目線でボカしを入れさせて頂きました。

モノは1989年製ケーターハム1700SS、ケントユニット+WEBER40DCOEx2の改造箇所が少ない比較的上物であると思われます。

写真は乗り出すにあたってのレクチャーを受けている新オーナー氏。
ここでは一般的な操作に関して社長から色々と説明をしてもらっていますが、

その横で、.......付き添いの某おやじは実際問題壊れた時にどうするか?部分に絞って別のメカ氏から根掘り葉掘り聞き出そうと頑張ってたりします。(笑)

そんな引き渡しの儀式も無事終了し嬉々として路上へとデビューした新オーナー氏、


まさか、
ほんの30分後にいきなり第一の(笑)悲劇が訪れようとは.........

えっ?
それ書いちゃダメなの?

ぷ〜〜〜 つまらん! (うずうずうず)

2011年6月25日 (土)

英車の巣へ行ってみた

Img_0199

いきなりソソりますね、エキシsr.1(喜)

ちょいと訳あって本日は高崎某所のケントスピードを訪問。
んまーなんつうか、ダメな車素敵なイギリス車がわんさか勢揃いしてます。(@Д@;

ここは予々噂は聞けども近寄る事は無かった禁断の場所。
実際はほんの30分もあれば行ける場所にあるんですけど、まぁ、ビンボな一般市民とは無縁のお店ではありますね。


Img_0200

そんなフツーのおやじが強制拉致されて付き添いで行かされたその目的がこの車。
「'89 ケーターハム・セブン 1700ss」ほぼオリジナル車両です。
#ちなみに隣のが(問題の?)500Rね。(汗)

「......へっ? これ買うの? ふ〜ん。ご愁傷様〜」
......いや、独り言ですけどね(爆)

まぁ、これからこの車に関しては様々な ネタ が降って湧いて来る事でしょう。(笑)

そんな渋々付き添いおやじの興味を引いた唯一の車両がこちら。


Img_0201

いやー、
どうせならコレにしようよぉ〜(大爆)

2011年6月16日 (木)

SEVENTH HEAVEN

タイトルはgopさんトコからのパクリです(^-^;

最近気になっているクルマ

Img_ko7_overview_06_s

Img_ko7_overview_07_s

画像はK.O.CARSから拝借しています。

かつてチャップマンが作った「Lotus 7」と言うクルマに関して、
それがあまりにもシンプルであまりにも楽しさ極まりない車であったがためにその後も世界中で同じようなアプローチが繰り返される事となり、結果として生まれたあまたの「セブンのような車」は今日では総称して「ニア・セブン」と呼ばれカテゴライズされているようです。

まぁ、
今さらホンモノのセブンを買って維持しようとしたらとんでもないゼニと苦労がセットで付いて来るのは明らかですから(笑)
と言ってこのケン・奥山さんのみたいな凄いの買えるわけも無いですし(汗)
なので、巷のごくフツーのおやじが今この世界に飛び込もうとするときの最適な解は何なんだろう?と言う事をちょっと真剣に考えてみました。

結果をご報告できるのは2週間後ぐらいですかね?

あ、ちなみにオーナーは筆者ではないです。念のため(そんなゼニ持ってないし)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

a#おやじな117coupe | a/Solex | a/カーステレオ | a/クラッチ | a/ショックアブソーバ | a/シート | a/ステアリング系 | a/タイヤサイズ | a/デフ | a/フロントコイル | a/フロントサス | a/フロントスタビ | a/ブレーキ | a/ヨソの117 | a/リアリーフ | b#おやじなJAZZ&AUDIO | b/a_McIntosh | c#おやじなロドスタ | c/a_ROMチューン | c/a_アンダーパネル | c/a_エアインテーク | c/a_エクステリア | c/a_エンジン | c/a_オイル類 | c/a_サス関連 | c/a_シート | c/a_ステアリング系 | c/a_タイヤ&ホイール | c/a_ブレーキ | c/a_ボディ補強 | c/a_マフラー | c/a_羽根 | d#サーキットで遊ぶ | d/a_ "ど〜だ"走行会 | d/b_筑波TC1000 | d/c_筑波TC2000 | d/d_本庄サーキット | d/e_ジムカーナ | d/f_「お山」方面 | e#おやじな車生活 | e/a_SACLAM | e/c_イベント | e/d_車いじり | e/e_トラクション? | e/f_雪道の走り方 | e/g_ヨソの車 | f#いろんな車 | f/a7_ISUZU JEMINI JT191S (Type Competition) | f/b1_CATERHAM 7 | f/b2_CATERHAM 7 1700SS | f/c7_LOTUS ELAN SE (M100) | f/c7_サスペンション | f/c7_ブレーキ | f/c7_ホイール | f/c7_マフラー | f/c_LOTUS | f/e1_HONDA NSX | f/f1_SUZUKI Cappuccino | f/f2_赤い耕耘機Cappuccino | g#おやじな「おいしい」 | g/a1_田沢農園の果物 | g/b1_「北の良品.com」 | g/d1_魚介類 | g/e1_食べ物 | g/f1_料理 | g/g1_日本酒 | g/h1_お米 | h#おやじなハンドメイド | t#自転車 | u#mac | v#blog | w#おやじなお知らせ | x#おやじな庭いじり | Y#猫(笑) | Z#う〜んと......(汗)

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter